壊れたら直そう日記


さくらぃ(櫻井啓一郎)の私的な日記です。なお、最近はもっぱら[ついったー] を使っています。一覧はこちら(twilog)
2004|08|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|09|12|
2012|01|02|04|06|10|11|12|
2013|01|04|08|12|
2014|01|12|
2015|01|12|
2016|01|12|
2017|01|
はやぶさ2計画絶賛応援中


2017-01-01 (Sun)

謹賀新年

今年もツイッターでよろしくお願いいたします。

画像の説明


2016-12-31 (Sat)

2016年まとめ

今年もtwitterばっかり更新しておりました。この日記もそろそろ移転を考えております。

_

仕事の面ではやりたいことを色々積み残してしまったなぁ、来年はもっとサクサク消化したいという感じです。

日本の再エネの普及がもっと計画的に進むようにならんかなと気を揉んでおります。

_

私生活の面では相変わらず育児でてんやわんやしておりますが、1年大きくなった分、少しラクになったかな?という感じです。

_

そんなこんなで、あっという間の一年でございました。


2016-01-01 (Fri)

謹賀新年

本年も当ブログを…じゃなくて、ツイッターの方をどうぞよろしくお願いいたします。

年賀状2016


2015-12-31 (Thu)

2015年まとめ

今年もまたtwitterばっかりで、ここには年末年始しか書きませんでした。

_

仕事の面では太陽光発電システムの信頼性を上げる取り組み(IEC規格の策定・改訂等)を地味にお手伝いしております。

日本の太陽光市場の過熱を早く収めて欲しいなぁ、価格も早く他国並みの安さに誘導して欲しいなぁ、と気を揉んでおります。

_

私生活の面では相変わらず育児でてんやわんや。子供が大きくなる速さに驚く毎日です。

_

ということで時間に置いておかれ気味の一年でございました。


2015-01-01 (Thu)

謹賀新年

Nenga2015-web

本年も当日記を(というよりtwitterを)よろしくお願いいたします。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

ナカジマ(京都) [どうもたらぼうです。そっちは随分大変なことになったようだけど大丈夫ですか?]

さくらぃ [うぉごめん、普段見ないから見落としてた。 自分の行動範囲は大丈夫だったけど、茨城県でも標高が低い土地がやられちゃっ..]


2014-12-31 (Wed)

2014年まとめ

ついにtwitterに全部移ってしまって、全くここに書きませんでした。

_

今年は仕事の面では政策関係や講演等のアクティビティはだいぶ減らして、実験室にだいぶ戻りました。世の動きの速さについていくのが大変です。

太陽光発電市場の過熱については、ようやく冷まそうという動きが出てきて、注視しております。

_

私生活の面では乳幼児二人の育児に振り回されております。なんでいつもあんなに元気なんや orz

_

ということでいろいろと修行不足を痛感する一年でありました。

はやぶさ2

初代打ち上げからずっと応援してきましたが、無事打ち上げられて、ほんと良かった。まだ日本も捨てたもんじゃない。


2014-01-01 (Wed)

謹賀新年

本年も当日記をよろしくお願いいたします。

Nenga2014


2013-12-31 (Tue)

2013年まとめ

さらに内容がtwitterに移ってしまいましたが、今年も一年ありがとうございました。

_

仕事面ではようやく実験室に戻り始め、九州とつくばを頻繁に往復したりしつつ勉強する日々でした。

_

FITについては特に全量買い取り制度が震災前の想定を遙かに上回る過熱ぶりに心配が絶えませんでしたが、最近ようやくクールダウンの議論が始まったようで、動きを注視しています。

_

プライベートでは二人目が生まれ、さらに引っ越し先で上の子が保育所に入れなかったりはしましたが、それでも充実した一年でありました。

_

育休延長等が議論されておりますが、昔のステレオタイプな”男は仕事、女は子育て”的な仕組みから、共働きが普通に可能な環境に変わっていくといいなぁと実感した年でありました。


Written by "バカ殿"さくらぃ
 [利用上の注意]