壊れたら直そう日記


さくらぃ(櫻井啓一郎)の私的な日記です。なお、最近はもっぱら[ついったー] を使っています。一覧はこちら(twilog)
2004|08|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|09|12|
2012|01|02|04|06|10|11|12|
2013|01|04|08|12|
2014|01|12|
2015|01|12|
2016|01|12|
2017|01|12|
2018|01|12|
2019|12|
2020|01|
はやぶさ2計画絶賛応援中


2005-02-01 (Tue)

おしごと

休暇とって、またちょこっと回復した感じ。しかしほんとに少しづつしか回復せんな〜。んでも今日は(気が重くて)1ヶ月ぐらい放ったらかしだった案件進めることが出来たぞ。

業者の人達と設計の厄介な実験機器に関してミーティング。CAD図面動かしながらあーでもないこーでもない…うーむ、やっとイメージが固まってきたな。あとはtry&errorでいいかな。しかしノートPC持ってきてAutoCADで見せてくれると、話が早くてええわい。

ヒアリング

昨年の暮れになんか若手職員に対するアンケートがあったんで、記名してコメント欄にどっさり書いて返したのだが。そしたら「直接話を聞きたいから来てくれ」と言われた。ほぇ。

言いたいことは全部頭の中にあるので、ほぼ手ぶらでのこのこと。なんかうちの5つの部門から1人づつサンプリングしたらしい。つーことは所属部門でおれのが一番青臭くて目立ってたってことか(笑

呼んだ側も呼ばれた側もやる気満々の若い人間主体で、かなり活発な意見交換になった。1時間の予定が、終わってみれば3時間半経過。いやー、面白かった。

すげーたくさん意見が出たが、特に記憶に残ったものは

・組織としての戦略がまだまだ足らん。戦略が示せていれば、枝葉末節の細かい問題による消耗を減らせる。

・人材を育てる機関になるべき。もっとラジカルに流動させるようにして、外部に引き抜かれたら「売れた!」と喜ぶべき。本当にうちがその人材の成長に寄与できたなら、他機関に移った後でも、その後の交流によるフィードバックでペイすることが多い。

・海外での特許取得のサポート体制の強化。

・プロジェクトのマネジメント能力を持つ人を育てる戦略が決定的に足りない。(だから大学に引き抜かれる人はいても、企業に引き抜かれる人は限られる。)

・縦割り行政の弊害で予算が使いにくい(=時間と金の無駄の原因になる)場合がまだまだ多い。NEDO等のチェックは厳しくてむしろ気持ちよいのだが、産総研に裁量が任されている部分の運用には改善の余地あり。

・研究には挑戦的なことをガンガンやる人と、地味な仕事をこつこつ進める人の両方が必要。どのタイプにも対応できるような制度運用を。

・世間に対する広報を積極的に。一方で、研究者のホラを見抜いて、好き勝手するのを抑えられるようなマネジメントの専門職を備えよ。

・官舎は殆どいらねぇ。家賃補助出したり、留学生などのためにまとめて借り上げるなどすれば、民間に競争してもらえてむしろ安上がりだし、周辺地域にも研究環境にも好影響。(注:主に研究者側からの意見)

こうやって言葉にしてしまうと厳しい内容だが、雰囲気は終始和やかで楽しいものだった。

まぁ匿名可のアンケートにわざわざ記名するような人達ばかりだったので意見は偏っているだろうが、俺と同じようなこと考えて居る人達がいて、(ダイレクトにうちの上の方に伝わるかどうかはわからないが)率直な意見を聞いてくれる人が居るってのは頼もしいね。


Written by "バカ殿"さくらぃ
 [利用上の注意]