壊れたら直そう日記


さくらぃ(櫻井啓一郎)の私的な日記です。なお、最近はもっぱら[ついったー] を使っています。一覧はこちら(twilog)
2004|08|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|09|12|
2012|01|02|04|06|10|11|12|
2013|01|04|08|12|
2014|01|12|
2015|01|12|
2016|01|12|
2017|01|12|
2018|01|12|
はやぶさ2計画絶賛応援中


2005-09-04 (Sun)

設置方法

風水害対策。ケースバイケースだけど、特に問題は無いんじゃないかなぁ。

・無茶な重さでは無い(大部分は保護用の強化ガラス+枠組み。電池そのものは軽い)ので、基本的に施工状態に依存すると思う。メーカーのFAQとか参照。

・もともと屋根の重さに不安がある場合は、ついでに瓦を軽いものに換えるとか、こういう建材一体型にすれば、全体では軽くできる場合も多いだろう。あとは改築のメリットや費用との相談になるね。

・一番安心なのは、建てる段階で組み込んでしまうこと。[例]

・3kW以上なら住宅金融公庫の融資制度もある。

・むしろ台風の時の風圧がハンパでないので、信頼できる業者にきっちり固定してもらうべし。素人細工では丸ごと吹き飛ばされるおそれがある。

・リフォーム同様、悪質な施工業者が居るかも知れないので、それなりに注意(汗

あと蛇足:

・普通は屋根の寿命を延ばし、夏期の暑さも和らげる方向に働く。

・凝ったものだと、いう いう 採光を兼ねたタイプもあり。ビル壁面とか使えまくり。

_

太陽光発電のコストについては、この際きっちりまとめたいので時間をくれ。日本には化石みたいに古いデータで判断してる所が多いようだ。

とりあえず、3年以上古いデータしか無かったら、そのページはマユツバで読め。

(本来なら日本でも毎年公的に調べてまとめないと、まともなエネルギー戦略など立てられんはずなのだ。例えば 某国 みたいに。)

バイオマス

バイオマス自動車燃料、実証実験へ。おお、ようやくか。

そもそもバイオマスって日本向きのはずなんよね。間伐材などをペレット燃料にする方法(木質バイオマス)の他、ガスや液体燃料のバイオマスも海外で大規模に使われてる。木を使うというと古くさいイメージかも知れんが、技術改良で効率もコストも使い勝手も良くなってたり。

日本では岩手の取り組みとかが有名ですな。

_

参考データ(@2003年):

・一次エネルギー(要するに熱や電力や動力全部、TPES)の供給に占める再生可能エネルギーの割合:

EU(旧15ヵ国):6.0%、 EU(19ヵ国):5.8%、日本:3.4%、米国:4.2%

・そのうち、再生可能バイオマスの占める割合:

EU-15:62.0%、EU-19:64.3%、日本:33.6%、米国:63.3%

(↑2005.9.5 0225JST 間違い訂正(大汗))

出典:IEA Renewables Information (2005 Edition)、いずれも産廃や「再生可能」でない廃棄物によるものは除く。

コストはドイツの火力利用(Biomass Combustion)の場合で

・熱源:1〜10セント/kWh

・発電:5〜30セント/kWh

(1セント=0.01ユーロ)

出典:ドイツ環境省 Renewable Energies (2004)

コストは規模や燃料形態、供給体制に影響されるので大規模化がカギ。しかし林業の助けになるし森林の活性化(保水力etc)にも役立つし、頑張って欲しいところです。:D

_

そもそも再生可能エネルギーって、わりと都市より田舎(^^; が有利な産業なのよね。土地も資源もあるのに、勿体ない…。

日曜

洗濯しつつ、集めた資料を部屋中にぶちまけてお勉強。どこぞの漫画で見たような状況だ(w

あまりやりすぎるとまた再発しかねんのだが、とりあえず今は面白い。

_

かみちゅ!(8)を鑑賞。大和ネタ。

えーと…スタッフの年齢の幅を感じました(汗

上が40前後で主戦力は20代、みたいな。このへんにもそういうことがちょっと書いてあるが。

ぐるっ

首都圏浸水。なんかIRCみてたらリアルタイムで床上浸水したヒトが。うひー。とにかくご無事で何より。

自転車de地下鉄。おおっ。すばらしい!ぜひTXでも…都心付近だと時間帯限らないとムリか (^^;

ちなみにドイツでも、シュツットガルトなど混むところでは時間帯に制限があるにょ。

ソニー、敵に塩。うむえらい。

日本の累進課税は甘め。うむ。逆にドイツは封建時代の名残とやらで非常に高く、最近は減らしているそうな。暫く前にここの人に税金の話題を振ったら、今までのドイツの税制が如何に酷かったかについて、とうとうと10分ぐらい聞かされる羽目になった。(汗

もっとも日本は海外と比較して電気とか電話とかガソリンとかが高かったりして、他の所で金がかかっている気がする。

RAWの威力…ううぅううううぅ。うぐぅ。

…ま、まだガマンするもんっ!(←半泣き

本日のツッコミ(全6件) [ツッコミを入れる]
jaja (2005-09-04 (Sun) 21:59)

地球温暖化対策としては屋上緑化という手もあると思うんですが、そのあたりどうなんでしょうか。太陽光発電の方が技術の発展の余地が大きそう、とか、屋上緑化は日照量が少なくてもそこそこの効果があるだろう、とか予想がつきますが、どっちがいいのかにゃ〜。

さくらぃ (2005-09-04 (Sun) 22:54)

えーっそこまでカバーしなきゃいけないッスか(爆<br>効果があるのは確かだろうけど、どのぐらい効果があるのかが俺には分からんです。だれか実際の都市を想定した大規模シミュレーションとかやってないかしらん (^^;<br>それよりむしろ雨水貯留とか見た目とか発電とかで選べば良いのではないかと。

(2005-09-05 (Mon) 07:35)

机上の空論に基づくやつ http://www.env.t.u-tokyo.ac.jp/j/komaba/training/B0_02/urbanplanting.pdf<br><br>屋上緑化は地球温暖化という巨視的な視点より、ヒートアイランド対策という局所的視点で語られることがほとんどですな、僕の知る限りでは。

にらたま (2005-09-05 (Mon) 07:43)

地下鉄じゃないけど、今は亡き日立電鉄でも自転車持ち込み可の駅がいくつかありました。<br>都心じゃ通勤通学になんて絶対無理ぽ。

ustar (2005-09-05 (Mon) 21:09)

遠くの地球温暖化より近くのヒートアイランドということで屋上緑化はいいんですが生態系に与える影響というのはどうなのか気にならないこともないです<br>都会に楠がたくさん植樹されたせいで近年やたらとアオスジアゲハが増えてるとか

さくらぃ (2005-09-06 (Tue) 02:53)

うむー、やっぱ都心はなぁ…>自転車<br>_<br>アゲハならいいですがイネ科の草が増えると俺は花粉症が。いや屋上緑化は好きだから別にいいけど(笑)<br>それぞれ固有の特長があるんでそれ重視ということで。パネルにわざと隙間空けといて併設、も良さげ。>屋上緑化&太陽電池


Written by "バカ殿"さくらぃ
 [利用上の注意]