壊れたら直そう日記


さくらぃ(櫻井啓一郎)の私的な日記です。なお、最近はもっぱら[ついったー] を使っています。一覧はこちら(twilog)
2004|08|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|09|12|
2012|01|02|04|06|10|11|12|
2013|01|04|08|12|
2014|01|12|
2015|01|12|
2016|01|12|
2017|01|12|
2018|01|12|
2019|12|
2020|01|12|
はやぶさ2計画絶賛応援中


2005-10-08 (Sat)

サイクリング

有名なサイクリングコースがあると言うので出掛けてみる。快速で2時間弱、ゼンフテンベルク近辺へ。

自転車でいっぱいサイクリングマップ

褐炭採鉱で栄えてきたが、需要が減ったので方針転換、今は観光に力を入れている模様。街や風景はとても綺麗。快調に飛ばす。

走りながら肩越しに。ちょっと髪の毛入ってしもた。

_

お、風車発見。最近の機種を間近で見るのは初めてだ。

ウインドファーム発見思ったより静か。 [むーびー](2MB)

思ったより静かで、100mぐらいで初めて「しゅわん、しゅわん」という音が聞こえた。低音成分は無い。地上でも結構風があったんだが。

技術の進歩ってのは大したもんだ。

_

んでもってかつて褐炭の露天掘りやってた場所へ。当時使われてたベルトコンベアが保存されて居るのだ。でかい…。

褐炭露天掘りの表土移送機(の一部)高さもある。この高さから土を投げ落とすことで押し固める手間を省いたそうな。

人当たりの良いおっちゃんの引率で登る。絶景かな。

ガイド付ツアーに出発先端からの景色。掘った後は湖にするそうな。遠くには風車。熱弁を振るってくれたガイドさん。楽しいツアーでした。

全長450mっつーことで、自走式車両では世界最大らしい。同型がまだ数機稼働しているそうな。ほぇ。

_

他の採鉱跡とかも巡りつつサイクリング。EuroSpeedWayの爆音が響いてた。ヘリも出てたな。

ユーロスピードウェイ入り口。レースの爆音が派手に響いていた。

道に迷ってたら、褐炭採鉱機とかヤード跡とか発見。

でかい…。昔の採鉱現場付近にて。かつては広大なヤードだったと思われる。

掘り返した跡は超巨大。埋め戻しても地面が柔らかくて使えないので、湖にしてリゾート地として開発しているそうな。

掘り返した跡。ここも湖にする予定で、地滑りを防ぐための工事が行われていた。Grossrachenの眺望ポイントより

日が暮れるまで楽しんで帰投。車中で爆睡。

_

通り過ぎた街や村に悲壮な雰囲気は無かった。むしろwebページに見られるように、ノリノリで楽しい所であった。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]
熱風次郎 (2005-10-14 (Fri) 00:02)

下から二番目の左のメカ。<br>なんですか?<br><br>かっこいい。<br>回転のこぎりでしょうか?<br><br>うう。<br>僕のメカスピリッツをがっちりキャッチ。

さくらぃ (2005-10-14 (Fri) 06:27)

バケットホイールエクスカベータと言うそうな。表土を50mほど削り取ってベルトコンベアで運び去ったあと、この車で薄い褐炭層を掘る。<br>地層の断面図はこれ。車は載ってないけど。<br>http://www.f60.de/seiten_e/technik_wirkprinz2_e.htm


Written by "バカ殿"さくらぃ
 [利用上の注意]