壊れたら直そう日記


さくらぃ(櫻井啓一郎)の私的な日記です。なお、最近はもっぱら[ついったー] を使っています。一覧はこちら(twilog)
2004|08|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|09|12|
2012|01|02|04|06|10|11|12|
2013|01|04|08|12|
2014|01|12|
2015|01|12|
2016|01|12|
2017|01|12|
2018|01|12|
2019|12|
2020|01|12|
はやぶさ2計画絶賛応援中


2005-11-22 (Tue)

プチ宇宙?

先週交換した部品が早速ぶっ壊れる。コノヤロー。安いのはいいけど、こう頻繁に壊れるのも困るのう。高真空チャンバーの中だと、冷えるまで手出しできないし…。

もっとも、何億キロも離れてる「はやぶさ」に比べれば、ものの数にも入らないが。

_

こういう真空チャンバーは研究や生産の現場で良く使われるけど、真空中では輻射(と直接伝導)だけで熱が伝わるので、内部の温度管理が難物。過熱して曲がったり冷えすぎて割れたり、メーカーやユーザーのノウハウがシビアに問われる部分のひとつ。

そんな手元のチャンバーですら苦労するのに、宇宙機の熱設計となるともう、すげー、の一言。

各部の材料と熱の放射率、日光の当たり方の変化、機器の動作温度範囲、温度変化による疲労、ヒーターに使える電力、近隣天体からの反射の変化、、、(汗

流行りもの

経県値。150点。鳥取・沖縄が白いのはなんとかしたい。


Written by "バカ殿"さくらぃ
 [利用上の注意]