壊れたら直そう日記


さくらぃ(櫻井啓一郎)の私的な日記です。なお、最近はもっぱら[ついったー] を使っています。一覧はこちら(twilog)
2004|08|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|09|12|
2012|01|02|04|06|10|11|12|
2013|01|04|08|12|
2014|01|12|
2015|01|12|
2016|01|12|
2017|01|12|
2018|01|12|
2019|12|
2020|01|12|
はやぶさ2計画絶賛応援中


2006-02-25 (Sat)

展示会二日目

同僚に付き合って再び展示会へ。混んでて歩きづらいぐらい。客層も家族連れが多い。

拙い独語で説明手伝ったり。身振り手振り交えてなんとか(爆

昨日見きれなかった所を見て、適当に撤収。

_

以下印象に残った所を。

バイオマス燃焼システムがたくさんある。薪も好まれているようだ。

ペレット燃焼システム(15-25kW、最高効率94%)これもペレット用。220Lのタンク付き。薪ストーブも強化ガラスの「窓」をつけてモダン&高効率。バイオマス燃焼システム用の木質ペレット。臭いもなく取り扱い容易。

太陽熱温水システムもいっぱいあるな。しかもシステムが洗練されている。

太陽熱利用システム。この手の製品の展示が至る所に。真空集熱管式の太陽熱温水器とシステム解説。端の結合部の例。芸術的とも言える造り。

太陽光発電関係も当然たくさん。建築材料の展示コーナーにもちらほら。

太陽電池を「貼り付けた」屋根材。柔らかく、曲げられる太陽電池を耐候性のある接着剤で固定している。米国UniSolar社製の薄膜積層アモルファスモジュールを使用。薄膜単結晶Si裏面結線型太陽電池モジュール(独SunTechnics製)。10年後まで定格100%、25年後まで定格80%以上を保証しているそうな。半透過型太陽電池モジュール。停留所等の屋根としての提案例。CIS薄膜太陽電池モジュール。パネル一枚の大きさのセルをインラインで製造する。

バイオディーゼル車や電気自動車の展示。建機まであるとは…。

バイオディーゼル車は燃料コストをアピール電気自動車。中古なのか、2000ユーロで売られていた。建機だってバイオディーゼル!MTBタイプの電動自転車。

関連業界・団体の展示も。

ドイツ気象台のブース。日照量などのデータを展示。太陽光発電システム込みの建築物を手がけるデザイン事務所のブース。風力発電のメンテナンスの企業太陽光発電システム専用保険の宣伝ブース

_

こんな感じで商売ネタになります、ってことで。(ぉ

KDN vs F717

今回は久々にF717を引っ張り出して使った。まずファインダーを覗く癖が付いていた(笑)

EVFの方が解像度が高いのでこれはこれで問題なし。

しかし今回は最初から動画の需要があった。さらに目線と違う高さから取る時、マクロを使う時はやはりF717が便利で、チョイスは正解。

_

しかし帰って画像をチェックしたら、メモ用途の画像なのに、KDNの解像度や明るさが恋しくなることも。というか、5M以上の必要性を感じる日が来るとは思わなかったぞ。

やはりこのクラスの品揃えには穴がある。今はDSC-R1E-330の2つのみ、だが。


Written by "バカ殿"さくらぃ
 [利用上の注意]