壊れたら直そう日記


さくらぃ(櫻井啓一郎)の私的な日記です。なお、最近はもっぱら[ついったー] を使っています。一覧はこちら(twilog)
2004|08|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|09|12|
2012|01|02|04|06|10|11|12|
2013|01|04|08|12|
2014|01|12|
2015|01|12|
2016|01|12|
2017|01|
はやぶさ2計画絶賛応援中


2007-01-01 (Mon)

謹賀新年

本年も当日記をよろしくお願いいたします。

…って年賀画像データが手元にねぇや(汗)

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

たけ [新年あけまして、おめでとうございます。 今年もどうかよろしくお願いいたします。]

かみのとあかり [おりもほしいのだが、逆に欲しいのがこういうのだけというジレンマが (XEXEXは初移植なのに)]


2007-01-04 (Thu)

缶詰

仕事始め。出版社の人と朝から打ち合わせ。怒濤の校正作業。

…つかほんとはまだ有休取ってるんだが(汗

時間ぎりぎりでなんとか仕上げて脱出。

おでかけ

速攻で荷物を積載。24インチモニタの積み込みに激しくてこずったが、たたんだ段ボールにガムテープで「貼り付ける」ことでなんとか。つかスキーに行くんじゃないのか俺。

で、出撃。Uターンとかで混んでるかなーとか思ったら逆に超ガラ空きですいすい。かいンの旦那拾ってさくっと「松かぜ」到着。昨シーズンからADSL+WiFiが導入されてすっかりアレな宿と化している。そしてごりーさんのPS3とかNOZさんの謎HDムービーでトロステとか上映会とかでさらにアレなことに。フルHDのアニメを初めて観た。…これは確かに、もはやSDには戻れねぇ。別世界やな。

_

さらにモーターストームで爆笑したりしつつ1時頃沈没。


2007-01-07 (Sun)

帰還

スキーより帰還。詳細は後日補完するとして

・一日目は終日快晴、二日目は雨、三日目は地吹雪。たった三日でやたら多様なコンディション。

・帰りがけに事故渋滞に巻かれてげんなり。休日夕方に引き揚げるのは鬼門だ。

・モニタを抱えていった価値はあった(笑)


2007-01-08 (Mon)

墓参り

京都まで日帰りで恩師の命日イベント。名前しか知らなかった大先輩方にお会いしたりとか。

ぎりぎりまで粘って夜中過ぎにつくばに帰還。こんな芸当できるようになったのもTXのおかげやな…でももっと業界の裏話とか聞いておけば良かった。うむぅ。


2007-01-09 (Tue)

休み?

のはずなんだが何故か出勤してふにふに仕事。

ちぐはぐ

PS3の販売台数が46万台。まぁそんなもんだろう。まだソフト少ないもんな。

_

おれもパッケージではリッジぐらいしか買ってないし。あとモーターストームは買うだろうけど、それでも2本だ。

その一方、SACDやBlu-Rayのソフトは既に8本も買っている。稼働時間も8割方が音楽や映像の再生に使われている。普通にCD鳴らしてても音が良いので、家で全くmp3を聴かなくなってしまったぐらいだ。

_

ここでどこかがクラシックのSACDをシリーズでドドンとリリースしてくれたら危険極まりない、っちゅー状態なんだが、こないだタワレコに行ったら

せっかくDSD録音なのに普通のCDフォーマットなクラシックのシリーズ

が当のソニーからリリースされていて、思わずその場で暴れ出しそうになった。

…担当者さん、ちょっとここ来て座りなさい。


2007-01-10 (Wed)

第二弾

ATOKの日本語テスト。第15問がイカス。いいぞもっとやれ。

82点。むむ。


2007-01-12 (Fri)

火消し

尻ぬぐいで徹夜。まいった。

胃カメラ

初体験。うげー。

…健康診断の前に徹夜するのはやめよう。うん。

コナミ名作しゅーちんぐ

ツインビー ポータブル

沙羅曼蛇 ポータブル

パロディウス ポータブル

ラインナップが凶悪すぎる。GRADIUS (not II) とかXEXEXとか出たツイ全部とかもう。俺に悶死しろと。25日が待ち遠しいぜ。

_

しかし「曲の試聴ができます」ってのは一体。ミュージックモードついてるのかな、どうなのかな

…amazonの説明見る限りではついてるようだ。ぐぉぉ。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

ぐご [GRADIUS2(MSX版)については http://www.geocities.jp/ht_deko/gradi..]

さくらぃ [うぉ。まさか攻略サイトがあるとは!]


2007-01-13 (Sat)

休日

昼まで寝て寝不足解消。

いろいろ溜まった用事を片付け…ありゃ?水道料金の請求書どっかやっちゃったよ。つか早いとこ自動引き落としの手続きしたいんだが…。

_

アキバへ買い出し。専門書とか実験で使う部品とか。最近は通販が整ってきたので必要性は減ったが、やはりアキバがあると無いとでは大違いだ。

_

DSC-U20のネジを1個どこかにやってしまったので、ソニーのサービスセンターで貰う。長年使っているが、サポートの世話になったのは初めてだ。落っことしたりぶつけたりで相当手荒に扱ってるんだが…。

_

ヨドのタワレコにSACD試聴コーナーを発見。前からあったのか、最近できたのか?10枚も試聴機に入っている。

う、俺好みの演奏のマーラーが幾つか…5枚も一気に買ってしまった。十数年ぶりにクラシック熱再燃?やばい。しかもなんかキャンペーンやってるらしくてポイントが2倍ついてしまった。やばいやばいやばい。

_

晩飯食って帰還。

ライブハウス気分

試聴コーナーで見つけたジャズのSACDとか聴く。Tsuyoshi Yamamoto "autumn in seattle"。うーんいいなぁこれ。

_

こと生楽器の音に関してはSACDの威力は強烈だ。録音さえ良ければ、手頃な値段のシステムでもその差は明確に出る。これを聴いたあとで普通のCDを聴くと、頭の上に毛布をかぶって聴いているような気分になる。

_

20kHz超の高音のことまで書いた本がないかと音響工学の本を幾つか漁ってみたが、どれも20kHz以下の話しか書いてない。しかし20kHzまでの年齢別の聴覚の特性などを見ると、30代ぐらいまではそれ以上の周波数にも感度がありそうに見える。一部、無理に20kHzで感度ナシにしようとしているグラフも見られたが、どう考えても不自然な折れ線で、しかも破線(つまり予測)になっている。このへんの帯域の聴覚に関してはデータが不足しているんだろうか。


2007-01-14 (Sun)

高音域の文献:メモその1

とりあえず軽くググったら1つ出てきた。

K.Ashihara et al., Hearing threshold for pure tones above 20 kHz, Acoust.Sci.Tech.27(2006)1.

無響室でスピーカーからの音を聞かせた実験で、18−33才の被験者15人のうち6人が22kHz、4人が24kHzを確実に認識できたとのこと。

サンプル数が少なすぎるが、とりあえず20kHz超の単音を認識できる人は居る、ということだ。

認識機構としては内耳への直接到達や耳の中でのsubharmonics生成などが考えられている模様。

_

しかし昔のPC9801シリーズ専用モニタの作動音がそのまま認識できる人なら24kHzは聞こえてるわけで、4/15人ってのは妙に少なく思えるな。それともあのモニタの音って意外に大きいんだろうか(上記の実験では音圧を100dB以下に制限している)。

_

ちなみにモニタから音が出る原因だが、中のコイルやコンデンサが振動していた実例を俺は知っている。手持ちの安物モニタがあまりにうるさくなって、振動してる部品を突き止めてホットボンドで固定したことがある。

そのモニタ、その後1年もしないうちに煙を噴いてご臨終。


2007-01-16 (Tue)

共同作業

ここ2ヶ月ほど時間を食いまくっていた某プロジェクトが一段落。

それまでろくに交流も無かったような面子と一緒に仕事したので色々勉強になったし面白かった。

_

しかしあれだ。

こういう時に一番困るのは、「不備や間違いを指摘されても直さない人」だと分かった。マジで足を引っ張られる。

これが単にやる気の足りない人ならば、「やる気の出る分」だけ貢献して貰えば、その分はきっちりプラスになる。

_

自分も気を付けたい。


2007-01-17 (Wed)

メモ

・温暖化に対する欧州の最新の動き(EU公式のプレスキット、英語ほか)。うは、すげーたくさんあるな…。

とりあえず要約をざっと読んだメモ。なんか間違ってたら指摘よろ。

・気候変動は既に現実になり始めており、温暖化の影響の予測の不確実性は小さくなった。予測結果より、EUは、平均気温の上昇を産業革命以前に比較して2℃までに抑える必要があると結論づけた。

・気温上昇を2℃以下に抑えるには、最終的に大気中のCO2濃度を450ppmv以下に抑えねばならない。現状で既に430ppmvに達しており、毎年約2ppmv増加している。一時的に450mmpvを超えるにしても、2015-2020年には減らし始めないと、気温上昇を2℃以下に抑えられる確率は50%を切る。

・EU−15(EUのうち15番目までの加盟国)全体では現状では2010年に基準年に対して0.6%の削減にしかならない(目標は2008-2012の間に8%削減)。しかし追加対策を取ることで、目標値との差は半分以下にまで減らせる。

・温暖化対策を取ることにより、下記のような付随効果が期待できる:大気汚染の抑制とそれに伴う健康被害の軽減、エネルギー自給率の向上、雇用の増加、炭素固定策による土壌の肥沃化。

・世界全体では、現状のまま対策を取らなければ2050年までに1990年に比して温暖化ガスの排出量は86%も増える。世界規模で対策を取れば、2030年に1990年比+10%に抑えることができる。

・対策ケースでは、水力以外の再生可能エネルギーは2050年には2005年の24倍に増える。

・CO2排出権の価格は2020年に37EUR/t、2030年に64EUR/tに上昇する(POLES 予測による)。

・対策を取ることによるGDPの減少幅は、対策なしの場合に比べて、2030年のEU域では0.24%、ブラジル・中国・インドなど大きな発展途上国では0.06〜0.1%に収まる。

_

…待ったナシ、って感じやな。つか最近の温暖化の進行っぷりみてるとマジで心配。気温の観測値上昇はもちろん、氷河は消えるわ海面上がるわ永久凍土は融けるわ…。

_

日本の電力はいまのところ原子力で3〜4割、水力で1割ぐらい。

あと風力で2〜3割プラス、太陽光で1〜2割ぐらいプラス可能とされる。それでもぎりぎりやで、ホンマに。さらに変動対策とか石油代替全般を考えたらバイオマスもあった方がラクなんだけど、全く普及率が足らんし…つか山林放置されまくりーの、休耕田ありまくりーの。これおかしいよ。

_

発電所の寿命(20〜40年)から考えたら、今すぐアクション起こさないと置いて行かれるよん。

# 生産量世界一の太陽光ですら、太陽光専門の学会のpolicyセッションで日本はボロカスに言われますよ?「普及策が手ぬるい」って。このまま行くと、G7や国連でネタにされるのも時間の問題だと思うです。

_

というわけで、せめて温暖化のコストの試算ぐらいはしといて欲しい、と思うのです。>うちらの政府


2007-01-19 (Fri)

信用

入札で入ってきた業者の納入後の対応っぷりが酷くて辟易。

こっちが初心者だと思ってナメてるんだろうだけど、そんな生き馬の目を抜くようなやり方が長続きするとも思えん。早めに手を切るのが正解か。


2007-01-21 (Sun)

鯖メンテ

ごそごそとサーバのメンテナンス中。

もう数日ぐらいはいろいろ動作がおかしくなったりするかも。

_

ログインはできるようになってます>心当たり


2007-01-23 (Tue)

spam社会の恐怖

自前フィルタの設定をミスってたのに気付く。

ぎゃー、重要メール見落としてる。えらいこっちゃ。

慌ててお詫びのメール書いたり。

_

もうなんかパターン認識だけじゃ限界って感じだなぁ。知識データベース搭載のフィルタとか欲しいわ、ほんと。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

中原 [ル・サーフボードの復活は当分先かぁ... ということで、ここに。 http://imagemission.com/i..]

take [まったく怖いですね。 うちも9割がspamですが,その中にもたまにじうようなメールが流れこんでます..orz よっ..]


2007-01-25 (Thu)

*ポータブル到着

ツインビー ポータブル 沙羅曼蛇 ポータブル パロディウス ポータブル 3つ到着。

早速BGMモード。ツイポと沙羅ポはBGM2周。しかもそれぞれ出たツイX68k版(MIDI)とXEXEX、サラマンダのMIDI版を全曲収録(MIDI Power シリーズに入ってた奴か?)。グラディウス2は原曲そのままでエフェクトなどもなし。もうこれだけで至福。

あとリピートモードにするとその曲だけエンドレスで聴ける。激しく洗脳的だ。

_

その一方でパロポはBGMが1周で終わる(リピート可能なのに…)し、おまけで入ってる全曲REMIXも微妙。某所からの情報ではこいつだけ気合いが抜けてるという話だったが…。


2007-01-28 (Sun)

本出ます

たぶん、1〜3日のうちに店頭に並ぶと思われます。

トコトンやさしい太陽電池の本 (B&Tブックス―今日からモノ知りシリーズ)(産業技術総合研究所太陽光発電研究センター) アマゾンにも入った模様。

私を含めた研究バカども(ぉぃ)が頭絞って書いてみました。

・歴史

・原理解説

・種類の紹介

・どう使うか、どう役立つか

あたりを中心に。

_

項目毎に拾い読みできる構成なんだけど、項目によって出来不出来あります(汗)。でも、余所では載ってないような最新データも載ってたりします。ぶっちゃけ、興味ある項目だけ読んで頂ければ吉です。 予備知識のある人なら、後ろから読むと面白いかも。

_

微力ながら、読者の助けになれば幸いです。

休出

学生君の指導とか。英語がんばれ。


2007-01-29 (Mon)

仕上げ

春に卒業する学生君が学会に投稿する面倒見たり。あとは論文まとめさせんとな。

全く、3年なんてすぐ過ぎるな…。

動向調査

ボスの代理で都内某所の会議に出席。勉強になった。

_

ところで最近、海の向こうで量子効果を用いた太陽電池の開発に力が入っている。理論的には現在の太陽電池の倍以上の効率を目指せる(そこまでいかなくても現在の限界を超える性能向上が見込める)というもので、俺も数年前に初めて論文を読んで、なんだかマユツバだなぁ、とか思っていた。この技術、コンセプトは理解できるが、実現は大変そうだ。現在の日本の研究レベルで実現しているよりも、さらに1ケタ小さい微細加工技術の確立を目指しているから。

_

しかし最近の研究発表などを聞いているうちに、考えが変わった。この研究にまとまった資金を振り向けると、半導体の微細加工技術全般に波及効果が出てくることが予想される。しかも、たかが1ケタだ。時間をかけて本気で開発すれば、やってやれないことは無いだろう。

_

今はまだ太陽電池市場で日本がリードしているので、「単に太陽電池技術でキャッチアップするためだけだろう」と油断する向きもあるかもしれない。でも俺には、これは太陽電池よりも、むしろ半導体光デバイス全般など、関連分野への波及効果を見据えた動きのように思える。

_

俺は微細加工には全然タッチしてないし踏み込む気も無いけれど、関連分野の人ならば或いは気になる事柄かも知れない。


2007-01-30 (Tue)

風物詩

間を一分とおかずに業者の人やらお客さんやら配達の人やら。はひ。

リフレッシュ

VAIO TR3のバッテリの減りが速くなってきたので交換。3年間酷使したので、妥当な寿命だろう。古いのはリサイクルへ。

ハードもこの間オーバーホールしたし、まだ当面は使えそう。

_

問題はWindowsだ。そろそろ再インストールせんと…。起動が遅くなりすぎてどうしようもねぇ。この悪癖、どうにかならんのかな。


2007-01-31 (Wed)

来客

瀬木とがくそーが来襲したのでピアノさぼって迎撃。えれー久しぶり。いろいろ情報交換とか積もる話とか。締め切り破りな話とか。つかそっちも本書いてたのかよ(爆)

_

トンカツ屋とファミレスはしごして終電ぎりぎりまで粘って解散。

まぁなんだ、TX出来て良かったよ。


Written by "バカ殿"さくらぃ
 [利用上の注意]