壊れたら直そう日記


さくらぃ(櫻井啓一郎)の私的な日記です。なお、最近はもっぱら[ついったー] を使っています。一覧はこちら(twilog)
2004|08|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|09|12|
2012|01|02|04|06|10|11|12|
2013|01|04|08|12|
2014|01|12|
2015|01|12|
2016|01|12|
2017|01|12|
2018|01|12|
2019|12|
2020|01|12|
はやぶさ2計画絶賛応援中


2007-01-14 (Sun)

高音域の文献:メモその1

とりあえず軽くググったら1つ出てきた。

K.Ashihara et al., Hearing threshold for pure tones above 20 kHz, Acoust.Sci.Tech.27(2006)1.

無響室でスピーカーからの音を聞かせた実験で、18−33才の被験者15人のうち6人が22kHz、4人が24kHzを確実に認識できたとのこと。

サンプル数が少なすぎるが、とりあえず20kHz超の単音を認識できる人は居る、ということだ。

認識機構としては内耳への直接到達や耳の中でのsubharmonics生成などが考えられている模様。

_

しかし昔のPC9801シリーズ専用モニタの作動音がそのまま認識できる人なら24kHzは聞こえてるわけで、4/15人ってのは妙に少なく思えるな。それともあのモニタの音って意外に大きいんだろうか(上記の実験では音圧を100dB以下に制限している)。

_

ちなみにモニタから音が出る原因だが、中のコイルやコンデンサが振動していた実例を俺は知っている。手持ちの安物モニタがあまりにうるさくなって、振動してる部品を突き止めてホットボンドで固定したことがある。

そのモニタ、その後1年もしないうちに煙を噴いてご臨終。


Written by "バカ殿"さくらぃ
 [利用上の注意]