壊れたら直そう日記


さくらぃ(櫻井啓一郎)の私的な日記です。なお、最近はもっぱら[ついったー] を使っています。一覧はこちら(twilog)
2004|08|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|09|12|
2012|01|02|04|06|10|11|12|
2013|01|04|08|12|
2014|01|12|
2015|01|12|
2016|01|12|
2017|01|12|
2018|01|12|
はやぶさ2計画絶賛応援中


2007-10-24 (Wed)

用途の違い

日本と英国とドイツの家庭でのエネルギー需要の違い。暖房を除くとむしろ日本の方が消費が多い。

_

で、英国やドイツの方が全般に寒い。特に冬は暖房を切らしたら最後、家中の水道管が凍ってえらいことになる(なんせ−20℃とかになるし)。どんなに断熱性能を上げても、常時暖房は必須だ。そのような場合、温水の形で蓄熱しておき、必要な時だけボイラーを炊くセントラルヒーティングは合理的である(人がいない時の放熱を絞るなどの省エネ努力は別途必要になるが)。

ついでにいうと、住居の断熱性能ではこれらの国の方が上だ。二重窓や分厚い断熱材など、日本の北海道クラスの装備が当たり前である。

_

しかし何故かこの人は気候の差に言及せず、文化の違いじゃないかなどと言っている。それは結果であって、違いの原因ではないだろう。文化の違いだというのならば、同様の気候条件で比較するべきである。

厳冬地域の生活を知らずに暖房を論じているのか。それとも、気候の違いをわざと無視しているのか。いずれにせよ、気味が悪い書き方だ。

つか

ドイツにいる間に実感したんだけど、日本人って贅沢よ?すんごく贅沢。俺含む。(-_-;;


Written by "バカ殿"さくらぃ
 [利用上の注意]