壊れたら直そう日記


さくらぃ(櫻井啓一郎)の私的な日記です。なお、最近はもっぱら[ついったー] を使っています。一覧はこちら(twilog)
2004|08|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|09|12|
2012|01|02|04|06|10|11|12|
2013|01|04|08|12|
2014|01|12|
2015|01|12|
2016|01|12|
2017|01|12|
2018|01|12|
はやぶさ2計画絶賛応援中


2007-10-26 (Fri)

PS3苦境

まぁそんな感じだろう。俺も、現状でやりたいゲームは少ないし。

BD/DVD/SACD/CDプレーヤ+トロ+GT5pだけでもそこそこ満足してるけど、なんかこう、ピンとくるソフトが出てこない。

_

今のラインアップみてると、「考えすぎ」と感じる。

ケイブなシューティングとかスカイガンナー2とか出さんのかな。アトリエシリーズみたいなロープレとか。そういう「王道」なソフトが足りてない。

「尖った」タイトルで冒険するのはそれからでもええと思う。

あんまりユーザーがやいやい言うのもまずい、とは思うけど。

_

持ってる中では、MotorStormは掛け値なしに面白いソフトやったな。何がどう良いのかと言われると説明に困るんだが。作り手の魂、というか。

山火事と温暖化

某所で議論になった件。

今回のロスの山火事が「過去に例が無いほど」大規模になった原因について。俺の知識の範囲での判断だが、

・これが温暖化のせいであると直ちに断定するのは難しいはず。現時点で「温暖化のせいだ」と断言するのは学術的に正しくない。

・でも、温暖化のせいである可能性は否定できない。それが主因の可能性すら否定できない。現時点での世界の平均気温の上昇幅は0.7℃強だが、今回のカリフォルニアでは局地的にその影響が強まった可能性が否定できない。

ということで、「今回の被害が酷くなってるのは温暖化が主因かも知れない」「今後起きる山火事被害も温暖化のせいで全体に酷くなるかも知れない」ならば、学術的にも正しい表現のはず。

(追記)ただし定量的な評価をするには、風や気温、土壌や空気中の水分、枯れた木々の割合など、火災の拡がり方に関係する要素の経年変化を示す統計データが必要になるだろう。これに失火や放火もあったようだから、温暖化の影響だけを定量的に抽出して「これが温暖化による影響だ!」と断定するのはさらに難しくなる。だから少なくとも現時点では「温暖化が被害を酷くした可能性」と共に、「今回は人為的な拡大要因がたまたま多かっただけ」という可能性も残っている。だが、それでも温暖化の影響は心配した方がいいだろう。温暖化の影響は、たくさんの山火事について統計を取ってはじめて「あ、やべ、増えてる」とわかるようなものなのだ。

_

参考資料をメモ。

地球温暖化の影響で激しい暴風雨が増加する可能性(米国)(NEDO 海外レポート No.1008)…旱魃に加えて、雷の発生率の増加が影響する可能性が指摘されている。元の論文はGEOPHYSICAL RESEARCH LETTERS, VOL. 34, L16703, doi:10.1029/2007GL030525, 2007のようだ。

米国西部の山火事は増えている。それもおそらく気候の変化によって。

温暖化によって森林がうける具体的影響の一例。わずかな気温の変化と侮れない。平均気温の変化は、そこに住む生物の体温や体力に直結する。人間の体温が1℃上がった場合を考えてみればいい。(それに降雨の変化や他の生物への影響などが加わる。)

IPCCの最新の報告書の一部の日本語訳。「旱魃」で検索すれば色々と怖い予測結果が出てくる。念のため断っとくけど、これが「現時点で世界で最も学術的に正しく、かつ広く認められた」予測結果だ。

_

海外の人と話してると、日本人の認識ってあきれるぐらい甘い、と痛感する。某超大国の真似してりゃいいや、長いものに巻かれてればいいや、なんて考えはヤバすぎる。あの国は(いや、どの国も)結局は自国が最優先だし、温暖化対策は「しまった」と気付いた時にはもう遅いだろうから。

_

脅かしてすまない。でも対策に必要な技術は我々の手の中にある、とだけは言っておく。問題は技術よりも、人々の認識レベルと、政治だ。知りたい人はどういう対策が効果があるかについてのIPCCの最新報告書(環境省によるスライド)を読まれると、参考になるかも知れない。


Written by "バカ殿"さくらぃ
 [利用上の注意]