壊れたら直そう日記


さくらぃ(櫻井啓一郎)の私的な日記です。なお、最近はもっぱら[ついったー] を使っています。一覧はこちら(twilog)
2004|08|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|09|12|
2012|01|02|04|06|10|11|12|
2013|01|04|08|12|
2014|01|12|
2015|01|12|
2016|01|12|
2017|01|12|
2018|01|12|
2019|12|
2020|01|
はやぶさ2計画絶賛応援中


2008-06-04 (Wed)

ダビング10の件

に関連して下記のような意見を見つけたのでメモ。

敵を間違えるな!ダビ10延期は最大のチャンス権利者団体記者会見の揚げ足を取ろう (krmmk3 さん)

理路整然として読みやすい。

_

権利者団体の方々へ。あなた方のお給料を稼ぎ出す、若い人達の邪魔をしないで頂けませんか?

本日のツッコミ(全11件) [ツッコミを入れる]
まま (2008-06-05 (Thu) 07:29)

リンク先は話が冗長すぎて10行目くらいまでしか読んでないけど、、、<br><br>この件についてIRCで散々話してたときに、「複数の複製が可能→同一ライセンスの同一コンテンツを同時刻に異なる場所で再生できる→補償金の対象になる」という説を聞いた。例えば同じCDの楽曲を兄弟がそれぞれのiPodに入れる、友人にダビングしてもらったビデオを見る、など。<br>前者は従来ならCD-R等補償金が含まれるメディアへのダビングなどだったので問題なかった。これがiPodだと補償金が含まれないので、本来なら兄弟がそれぞれ同じCDを購入すべきところだが、iPodを使うとCDを1枚しか購入しなくても済み、補償金も支払われないので、その分損失が生じている。<br>後者は現行法でも権利者の許可がいるけど、アナログソースだと劣化が生じるし、コピーコントロールも難しかったので手がつけられていない部分だった。これが映像ソースも記録もコピーもデジタル化されると画質劣化が理論上発生しないので問題が大きくなる一方、デジタル化でコピーコントロールが可能になるので、本来あるべき姿に戻した。<br>これが権利者の主張である、という説。理屈は通ってると思う。<br><br>確かにJASRACやAVEXの取締役の発言は馬鹿丸出しなのだが、JEITAの言い分もかなり一方的なので、もうちょい冷静になった方がいいと思う、双方。

まま (2008-06-05 (Thu) 07:30)

どーでもいいかもしれないが、さくらぃは↓は読んだかな?<br>http://d.hatena.ne.jp/shibata616/20080528/1211935401

sei. (2008-06-05 (Thu) 15:27)

それ、5/29付け日記で言及されてますがな>まま<br>まあそのネタもJEITA側の身勝手さはいまいち表現されてない感じなんですけどね。

さくらぃ (2008-06-05 (Thu) 19:26)

いや紹介したリンク先にも書かれてるけど、複数のコピー作成した場合なら、録画補償金がちゃんとメディアにかけられてるわけだから、録画補償金もその分自動的に増えるので、そのうえさらに増やす論拠としてはおかしい。<br>_<br>それ以前に、お金を取るならば、「消費者が納得して払えるような」サービスを提供するべき。でもコピワンにしてもダビ10にしても、独占的な権益を利用して強制徴収してるだけで、「徴収方法としての魅力や競争力」は考慮していない(ように見える)。そこがすごく気に入らないのですよ。

さくらぃ (2008-06-05 (Thu) 20:34)

さらに言えば、(TVをあまり見ない)俺にとっては「気に入らない」程度だけれど、国際競争力の無いビジネスモデルにコストかけさせられるメーカーはたまったもんじゃないだろう。<br>「政策の国際競争力」が問われる場面なのに、何をやっとるんだ、と思う。

まま (2008-06-05 (Thu) 23:22)

>そのうえさらに増やす論拠としてはおかしい。 <br>法的には「放送波をHDDや光学ディスクやテープなどに記録する行為」が第1段階目のコピーと見なされる&デジタル放送だと、そのコピーが(理論上)無劣化で行われる。ので、そこに対する補償金が必要だとも考えられるよね。それが正しく見えるか見えないかは、立場や視点の違いに過ぎないと思う。<br><br>>そこがすごく気に入らないのですよ。 <br>そこは同意。<br>ただJEITA側もクリエータがより良い創造的活動ができるように…などとは考えていない(ように見える)し、JASRACやAVEXの一部の発言が著しくアホなのが目立ってるだけで、現状はどっちもどっちじゃないかな。<br><br>>国際競争力の無いビジネスモデルにコストかけさせられるメーカーはたまったもんじゃないだろう。 <br>多分、そうね。ダビング10なんて明らかに筋の悪い泥縄みたいなもんだし。でも既にコスト掛けちゃった後だし、そのうちメーカー側が折れちゃいそうな、嫌な予感がする。で、結局製品売れちゃって、権利者側が「なーんだ、ダビング10を消費者も受け入れたやん、次は地デジチューナ積んでるPCだぜー」と更に調子にのる、と…

さくらぃ (2008-06-06 (Fri) 01:50)

>調子に乗る<br><br>それで全体のパイをどんどん縮めながら、縮小再生産かいな。ガラパゴス気取りで鎖国してても、結局は国際競争力を失うだけだ。メーカーは携帯電話で懲りたんだと思うけど、権利者団体はまだ旧い考え方にこだわって足を引っ張ってる訳でしょ。…それって、老害だよ。

naoya (2008-06-07 (Sat) 11:45)

あー。個人的な意見としては<br>> コストかけさせられるメーカー<br>ダビング10にかかるコストって実は携帯電話のいくつかの機能に比べてあまりにも大したことない感じなのでそこまで気にしなくていいのではないかと思う。<br>たとえば「いついかなるときでもカメラ機能を使ったらシャッター音をスピーカーから鳴らさなければいけない」という日本特有の問題に起因する携帯電話の実装に比べてダビング10の実装はあまりにも容易なんじゃないかな。

まま (2008-06-07 (Sat) 21:52)

>ダビング10の実装はあまりにも容易なんじゃないかな。<br>現行のシステムを「タイトル毎(メーカーによってはチャプター毎)にダビング回数を全部管理する」ってシステムに変更するのは、コスト無視できるほど容易なこっちゃないですよ。

naoya (2008-06-08 (Sun) 03:24)

> 「タイトル毎(メーカーによってはチャプター毎)にダビング回数を全部管理する」<br>あー。そうなのか。<br>でも国内向け携帯電話の国際競争力がないのはそんな感じでいろんな理由があるし、レコーダーはアメリカではそもそも市場がないという話なので国際競争力もなにもあったもんじゃなく、そういう方向に結び付けられると、「それは違うんじゃないか」という感じです。<br>コピーワンスやダビング10はむしろそれ単体のコストよりも家電ネットワークとかポータブル機器との連携とかそういう方向の中期的な家電の進化への影響が大きすぎてイヤだな。

さくらぃ (2008-06-08 (Sun) 15:03)

ああなるほど。<br>確かにコストそのものよりも、商品価値を高めて競争力をつける可能性を奪われること自体のダメージがでかそうだな。


Written by "バカ殿"さくらぃ
 [利用上の注意]