壊れたら直そう日記


さくらぃ(櫻井啓一郎)の私的な日記です。なお、最近はもっぱら[ついったー] を使っています。一覧はこちら(twilog)
2004|08|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|09|12|
2012|01|02|04|06|10|11|12|
2013|01|04|08|12|
2014|01|12|
2015|01|12|
2016|01|12|
2017|01|12|
2018|01|12|
2019|12|
2020|01|
はやぶさ2計画絶賛応援中


2008-06-07 (Sat)

へっぴり腰

温暖化対策として排出量取引とサマータイム制度を導入へ(読売)………。いや、確かに両方とも温暖化対策として効果は期待できるけど。とくに排出量取引は、鉄鋼などの産業に時間的余裕を与える策として必要なものだ。

でも、サマータイムって今すぐやるべきことか、と言うと、正直微妙だ。かかる手間の割には効果が小さいので、いつかは採用するのが合理的としても、優先順位としては低いと思う。

_

そしてこの2つとも、温暖化対策としてはどちらかと言えば補完的な手法だ。何度でも言うが、炭素税(環境税)やフィードインタリフは必ず必要になるはずだ。それぞれエネルギーコスト上昇に繋がるのだが、それによる産業空洞化などの悪影響を抑えるのが排出量取引。つまり排出量取引は(どちらかと言えば)「アメ」なんであって、アメだけ与えて「ムチ」は無し、という状態だ。これだけでは排出量はろくに減らせないはずだ。

_

たぶんこの案、経団連あたりから出された要求なんだろう。でもその経団連の考え方自体が古すぎる。彼らは、まだ下記のような情勢の変化を認識できていないように見える。

_

・温暖化対策のため、排出量を抑制する必要がある。そうしなければ、最終的には温暖化によって経済が破滅的影響を受ける(その可能性がとても高い)と思われるから。

・つまり、世界経済は排出量を減らすか、温暖化で破滅するかの二択を迫られている。…ここが肝心な点だ。温暖化がそれほどの危険性を持っているということを、認識して貰わないといけない。それこそIPCCの報告書でもStern報告でも何でも、納得いくまで読んで頂きたい。もちろん、100%完全な予測なんてありえない。でもその確率が高く、かつ被害が大きいとなれば、対処の必要性は明らかだ。国立環境研究所のQ&Aも、参考になるかも知れない。

_

・経済的な観点から、取るべき選択肢は前者、「排出量を減らす」、だ。では、どのように?

・CO2の回収・貯留は役立つが、基本的には時間稼ぎだ。それに対策手段としてのコストも高めの部類なので、これにばかり頼れば経済的なダメージが無用に大きくなる。

・従って、結局は化石燃料の使用量を減らさないといけない。化石燃料に代わるエネルギー源に置き換えて行くしかない。

_

ここで、

・ギリギリまで古い(化石燃料に依存した)技術に拘った場合

と、

・積極的に化石燃料を他の技術で置き換えて行った場合

を比べて考えてみて欲しい。化石燃料の利用量削減が不可避なら、どちらに将来性があるだろうか?

もちろん、前者の視点だってそれなりに必要かも知れない。でもここで問題にしているのは、10年、20年、30年といった先を見据えた話だ。そのへんで遊んでいる子供達が成人して、家庭を持つ頃の話だ。

_

まぁ僕は経済学は素人だし、書き方も下手だろうし、そこは勘弁して頂くしかない。でも、積極的に対処することで勢いを得ているドイツの産業界から学ぶことは山ほどあるんじゃないだろうか。

_

参考リンク:

低炭素社会に向けた12の方策(国立環境研究所などによる)

本日のツッコミ(全11件) [ツッコミを入れる]
unbelievable (2008-06-08 (Sun) 08:21)

サマータイム導入の根拠って、夜間の仕事時間が減るから照明にかかる電気が節約されるっていう理屈だったと思うけど、湿度の高い日本でこれやると、冷房にかかるコストが増えて却って逆効果になりませんかね?<br><br>全国一律で実施するより前に、官公庁だけ試しに出退勤時間を1時間ずらしてみてほんとに電気代が下がるのか試してみたらどうですかね?

さくらぃ (2008-06-08 (Sun) 14:39)

うーん…エアコンの件は確かにそういう要素もあるかも知れないけど、涼しい朝のうちに活動を済ませるし、夕方以降の職場の照明点灯時間が減る分はやっぱり省エネになるんじゃないですかね。<br>とりあえず、イタリアとかでも効果挙がってるんで、緯度とか湿度とかは批判の論拠としては足りないです。残業が増えるとか言う意見も見るけど、人間が一日にできる仕事量が増えるわけじゃないんで、それもサマータイムとは別問題ですね。<br><br>ただサマータイムって排出量抑制よりも、「時間の使い方に対する意識」を変える効果が強いと思うんですよね。下記なんか参考になると思いますけど。<br>http://premium.nikkeibp.co.jp/em/column/nakagami/28/<br>そういう面では、施策として魅力的だと思うです。<br>ただ導入する時は、「この機会を活用して私ら自身の考え方を変えていくぞ」っつー心構えが大事だと思うんですよ。だから僕としては導入はまだ先かなと思っていたのだけど、まぁ始めると決めたんなら、今からでもコンセンサス形成を図っていけばいいんではないかなぁ、と思います。

まま (2008-06-08 (Sun) 17:59)

>官公庁だけ試しに出退勤時間を1時間ずらしてみて<br>とりあえず財務省だけ実施で是非。夜はタクらなくても余裕で帰れまっせー。<br>ま、時計が1時間早くなったとしてもボクの生活ペースは変わんないと思うのだけど、部屋中の機器の時計を変更するのが大変だなぁ…。

sei. (2008-06-08 (Sun) 18:59)

日本で現在いろんなシステムに要求されているサービスレベルを考えると、このまま「来年から導入」なんてことになったら切り替えをきっちりやろうとしすぎて(無停止稼動を維持したまま一斉切り替えとか)いらんコストをかけることになると思うのです。2000年問題の再来と言われたりね。現在のサマータイム導入の動きにはそういう意味で僕は反対。ただ逆に言えば、日本では何事につけ「絶対に止まらない」「絶対に壊れない」システムを作ってそれがエネルギーコストを必要以上に押し上げている気がするので、リスク管理意識が変わるのを期待したいかもしれません。<br>もっとも、現在のサマータイム導入への抵抗感には、まさに経団連主導で行われていることそれ自体への不信感が大きい気がしています。経団連で活動する企業で横行する労働基準法無視または骨抜きの手口を見ていると、「人間が一日にできる仕事量」を超えて「一日あたりの仕事をやらせる」ためのサマータイム推進に見えてしまうのが正直なところです。

sei. (2008-06-08 (Sun) 19:14)

あと、日本は非常に東西に長い国だというのも事態を複雑にしてると思います。北海道でサマータイムを切望されるのはすごくよくわかるんだけど、長崎でサマータイム導入されたらラジオ体操は日の出前です(笑)<br>タイムゾーンを導入するのが根本対策なのかもしれません。

naoya (2008-06-08 (Sun) 19:29)

個人的には日本のタイムゾーンをいじるのはデメリットがありすぎると思うので絶対反対です。夏の間だけ勤務時刻を1時間早める、というのは効果があるなら賛成ですが。

さくらぃ (2008-06-08 (Sun) 22:38)

私もタイムゾーン制は反対。<br>というか欧州も省エネのためにサマータイムの期間を拡大してて、始まったばかりの時は朝はまだ結構暗かったりしましたよ。でも別にどうってことありませんでしたがな、、。

さくらぃ (2008-06-09 (Mon) 00:40)

つかsei.さん、2ch読み過ぎちゃいますかね(びしっ

unbelievable (2008-06-09 (Mon) 00:58)

イタリアのサマータイムは空調が普及する以前からやってるから効果が上がったことを証明するデータとしては弱いのでは?<br><br>2年くらい前にインディアナ州でサマータイム導入でむしろ増エネになったという話もありますよね?<br><br>今朝の毎日新聞で坂村健が「省エネ効果が不明な意図的Y2Kには反対」とかいってた記事よんで、サマータイム問題についてなんとなく感じていた胡散臭さの正体がわかったような気がした。<br><br>経団連の目的は省エネよりもむしろ、意図的Y2Kによる特需なんじゃなかろうか?<br><br>↑元ソースどっかに落ちてないかなと探してたら、全文転載してる香具師がいた。いいのかなぁと思いつつもURL載せますわ。<br>http://ratio.sakura.ne.jp/archives/2008/06/08121147/<br><br>手打ちによる誤変換がたくさんあるのが気になりますが。<br>(照明と証明とか)

sei. (2008-06-09 (Mon) 00:59)

あーラジオ体操ネタでばれたんだと思うけど、2chは読んでないけど /.-Jは読んでますですよ。

さくらぃ (2008-06-09 (Mon) 03:56)

うん、特需については僕も正直疑問。それだけをアテにしてるんだとしたら、非生産的なのでむしろマイナスですな。<br>_<br>省エネ効果や意識改善などの付随効果があって初めて意味があるんだと思うけど、やり方次第でそういう利益はたぶん大きく変わってしまうと思う。「これでこういう利益を得るんだ」っていうコンセンサスが無いと効果が損なわれると思うし、それを踏まえて書いたつもりなんですが<br>…あー確かに、上みたいなコメント内容だと誤解されますな(汗<br><br>一言で言うなら「やってみてもいいけど、コンセンサスは取ってからにしてね」って感じですね。


Written by "バカ殿"さくらぃ
 [利用上の注意]