壊れたら直そう日記


さくらぃ(櫻井啓一郎)の私的な日記です。なお、最近はもっぱら[ついったー] を使っています。一覧はこちら(twilog)
2004|08|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|09|12|
2012|01|02|04|06|10|11|12|
2013|01|04|08|12|
2014|01|12|
2015|01|12|
2016|01|12|
2017|01|12|
2018|01|12|
2019|12|
2020|01|
はやぶさ2計画絶賛応援中


2008-06-25 (Wed)

落としどころ?

某所でも議論になったけど、こんな感じにまとめられるかな。

_

フィードインタリフ制度

長所:制度的な無駄が少なく、計画性が高い。効果が強く、透明性に富む、既に導入した人にも恩恵がある

短所:特に特有のものは無い

財源:電気料金(国庫は傷まない)

_

補助金:

長所:官僚的には使いやすい?

短所:無駄が多くなりやすい、計画性を保証する工夫が必要、途中で調整を加えるのがやや大変、そのままだと先に導入した人に恩恵が無いので買い控えを招く、

財源:税金(電気料金は上がらない)

_

あと共通の問題としては、そもそも日本では温暖化の危険性や対策の必要性がまだあまり理解されていない(導入までに時間がかかる可能性がある)というのは言えるが、まぁこれはどの温暖化対策にも言えることだ。

_

モタモタしてると国益を損なう危険性が高いのも確かだ。補助金でとりあえず体勢を立て直しておいて、その間に改めてFITなどの制度導入を検討する、という主張も一応の合理性はある。

でも補助金を使う利点は「すぐに導入できる」ということぐらいしかないので、それが来年度からとなるとメリットが薄い。最初はすぐ導入できそうで良いかナーと思ったのだが、FITだってその気になればすぐに導入できる。

しかも補助金は今年度の買い控えも招くので、その弊害の方がむしろ大きそうだ。どうしても補助金の形態に拘るなら、買い控えを防ぐ施策が早急に必要。

_

というわけで色々考えてみたが、やっぱり補助金はメリットが薄い。同じ金をかけるなら、フィードインタリフを入れるのが正解だと思う。最も重要なのは普及や価格低減の計画が守られることなんだけど、それを一番確実にできる助成形態だから。

メモ

ひさびさ。

フランス、残りの電力は全部再生可能エネルギーへ(日経)…使えるものは使わなきゃ損。

関電とシャープ、堺に大規模発電所(日経)…いやこれ自体はええニュースなんやけど、関電さんてほんまに分散型嫌いなんやなぁ、という気が。…1カ所に集中させてしもたら、変動激しくなりますがな。先入観だけで判断したはると、ちと損しまっせ。

nanosolar、1GWの生産ラインを構築(REW)…ビデオが面白い。でも「効率14%」ってのは小面積で、モジュール効率じゃないな。

Evergreen Solar、6億ドル分受注(REW)ストリングリボン法を用いてシリコンウエハを溶液から直接作ってる企業。

2012年にはPVのコストも5〜8ユーロセントを目指すとREC社(Photon International)。高日照量(1800kWh/m2)の地域での予測だが9〜14円/kWhぐらいの計算。

EU、京都議定書の目標をほぼクリア(Technobahn)…彼らは努力して目標の達成と経済の活性化を掴み取ったと言える。

…殻に閉じ籠もっていれば嵐が過ぎると甘く考えていた方々、いい加減に若人の足を引っ張るのはやめて頂けませんか。

本日のツッコミ(全4件) [ツッコミを入れる]
ひむか2号クン (2008-06-25 (Wed) 22:49)

補助金は即効性があると言われますが、残念ながら、今年の国内市場は無くなりましたね。来年はあるかもしれないが・・・。FITなら何時導入しようが、むしろ早いほうが、リターンは大きいといえるでしょう。国益は既に数年前から損なわれています。(苦笑)変な補助金を復活させて不公平と不公正を拡大し、さらには成果評価も出来ないというのでは公金の使い方としては最悪でしょう。ただ、補助金でやる限りは経産のお役人の意のままに動かせるという彼らにとっての利点はありますが・・・。

さくらぃ (2008-06-26 (Thu) 00:03)

ええ、私も補助金に何か長所はあるかなーと色々考えてみたんですが、やっぱりFITに戻ってしまいました。さすがドイツ人がブラッシュアップしただけはあります、隙がありません。

ひむか2号クン (2008-06-26 (Thu) 08:48)

補助金では見えなくなり価値がありますねぇ〜。太陽光発電やってみて分るのは農業とそっくりだということ。つまり、太陽の光のエネルギーを人間が使える形態に変換することなのですが、その道具が工業製品であることが農業とは違っていまして、まあ、有機無農薬の野菜みたいなものだと思います。で、補助金はその価値を見損なわせてしまうように思えますねぇ〜。何でも安ければ良いと言うものではないのですけど、どうも賢い消費者という枠組みに考え方を固定化されてしまっている私達は太陽光発電を設置することが生産者になることだとはまだ十分に分ってないみたいです。資源問題は基本的には世代間の不公平と不公正の問題なのですけど、既得権益層はそれを見えなくしてしまい問題を先送りさせようとしていると見えます。若者達が怒らないのが不思議です。はい。

さくらぃ (2008-06-27 (Fri) 12:52)

>先送り<br>まったくです。<br><br>--------<br>補助金とFITの違いについて興味深い考察を見つけましたのでリンク。<br>http://energy-decentral.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/post_892e.html<br>補助金でも制度設計をきっちりやれば、理論上は悪くない効果が挙げられるはずなんですよね。<br>しかし制度設計が難しいことや、今年度買い控えが発生してしまうことが、やはりデメリットとして残ってしまいます。


Written by "バカ殿"さくらぃ
 [利用上の注意]