壊れたら直そう日記


さくらぃ(櫻井啓一郎)の私的な日記です。なお、最近はもっぱら[ついったー] を使っています。一覧はこちら(twilog)
2004|08|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|09|12|
2012|01|02|04|06|10|11|12|
2013|01|04|08|12|
2014|01|12|
2015|01|12|
2016|01|12|
2017|01|12|
2018|01|12|
2019|12|
2020|01|12|
はやぶさ2計画絶賛応援中


2008-07-07 (Mon)

整理中

他の人にディスカッションふっかけに行ってみたり。やっぱ人と話すと整理される。ありがたい。

_

しかしその間に凄いお客さんと会い損ねたらしい。あう。

体が3つぐらい欲しいぞ。

その方面の方向けの要約

補助金:

・国庫が傷む

・FITより柔軟性に欠ける分、無駄が多い

・「借金だから後で払えばいいや」という心理が働く分、どこかで無駄が増えるはず

FIT:

・国庫は傷まないけど電気代は上がる

・制度的に柔軟で、無駄を減らし易い

・懐具合に直結するので無駄にはみんな敏感になるはず

_

という感じですね。

_

今のドイツは年8〜10%の勢いでタリフ減らそうとしてるけど、これは5〜8年で半額のペース。それに見合う勢いで拡販しないと、生き残れない。

しかも制度は透明で、誰かがサボっていると即刻バレる。FITって、実はめちゃめちゃ厳しい制度と言えるかも知れない。

正式に

トヨタ、プリウスに太陽電池パネル搭載を検討。アメリカなどで一部の人が既に 積んで いたり、果ては大まじめな論文まで出ていたりするわけですが、ついに御大登場。どんなデザインになるかな。

………

……

…なにげに書いたけど、そうか、デザインか…だから京セラなのか?黒くて見栄えがいいんだよな。効率高いし。

_

でも将来、デザイン上の要請で薄膜太陽電池も使いたかったら、

・積層アモルファスシリコン…すぐ使えるけど、効率はちょっと低め

・CIGS…まだそんなに量産されてないけど、民生用の薄膜じゃ一番効率が高い&たぶん多結晶シリコンと同等まで上がる(研究室レベルではもう同等)

_

ということで薄膜なら、CIGSが最有力候補のはずだ。

多結晶シリコンに近い効率で、任意の大きさや形で造れる。

_

それですぐ使えるCIGSというと、ホンダさんか、先日取り上げた昭和シェルさん。…工場をどこの国に建設するか、検討中の。というか、ホンダさんもそろそろ決めないといけない時期ちゃうか。

本日のツッコミ(全15件) [ツッコミを入れる]
しばた (2008-07-09 (Wed) 00:17)

> FIT:<br>さっき報捨て見てたらやってた。いよいよ利権の臭いが近づいてきたところでせんせの資料で勉強させてもらいました。<br><br>思ったんだけど利回りの設定がすべてのような。<br>投資した人が利益を得られるレベルなのは当然としても、初期コストをパネルのメーカー等が制度開始時点で利益を得られる価格で計算するなら違和感がある。見込み通りの(例えば1年後の)コスト削減を織り込んだ価格で始めるのが筋だと思うんだけど、その辺さくらいせんせはどう思う?<br><br>Q&Aでバブルの例えがあったけど、日本は負け癖がついてるから乗っかったら崩壊して負債だけ背負いそうなイメージ。<br><br># 余談ですが制御されたバブルのページはエビの養殖話に聞こえました…

さくらぃ (2008-07-09 (Wed) 02:54)

ども。<br>>利回りの設定が全て<br>正解。実績を見る限り、市場規模を無理矢理決めるよりも価格競争力を直接操作する方が効率が良いようです。<br><br>>どう思う<br>FiTは初期段階ではまとまった利益を与えて設備投資させて、勢いに乗ったら今度は利益を見張ってどんどこタリフを削る、という運用が良さそうです。ドイツやスペインは実際それでかなり競争力を得ていると思います。<br><br>日本ではどのぐらいがいいかっていうのはちょっと分からないけど、感覚的には一度減速しちゃったものを”再加速”するぐらいの利益は必要じゃないかと思います。<br><br>>エビ<br>あのな (^^;

しばた (2008-07-09 (Wed) 21:26)

>まとまった利益<br>これの原資は全部税金(電力料金含む)で国民負担って流れなんすかね?<br>半分は将来の利益を見越してメーカーが負担、平たく言うと最初は持ち出しの価格で売るのが筋じゃないかな。研究開発が予定通りに進まないリスクまで丸抱えしてくださいってのは違うと思う。<br><br># 個人的にはこの制度にベットするのは賛成、でも自分は賭けずにチップだけ持っていこうってやつがいると萎える

さくらぃ (2008-07-10 (Thu) 00:01)

うえ、追記したつもりだけどまだ素で勘違いしてしまうのか…<br>_<br>税金は使わないんですよ。電気料金に明示的に上乗せ(いまでも上乗せされてるけど明示されてない)。<br>国は助成金の収受をしません。額を決めるだけ。<br><br>>予定通りに進まないリスク<br>そこはなるべく公平に(生産企業も含めて)分担。<br>ちなみに今の生産企業にとって何が一番リスクかって、研究開発じゃない。技術はあるのよ。つい最近まで「世界一」を軒並み持ってたんだから。<br>_<br>政策のリスクがでかいから、日本は負けてるんですよ。急に「補助金」って言い出して買い控え招いたりとかね…。

しばた (2008-07-10 (Thu) 02:42)

>税金は使わないんですよ。<br>そこはわかってたけど文が悪かったね。今の生活だと電気料金値上げって消費税上げと変わらんねと言いたかっただけ。<br><br>それはさておき、<br>>そこはなるべく公平に(生産企業も含めて)分担。<br>導入されるときはここの透明性を確保してほしいものだ。<br><br>NEDOの普及シナリオの図とか見ると、大量生産、新技術(パネル)、新技術(系統制御)の三段構えのようだけど、あくまで一段目をブーストするための制度なんじゃないかと思えてきた。<br><br>ちと乱暴だが、二段目三段目も同じ方式でブーストしようとすると、せんせとかパネルメーカーに転職しないと(予算の差で)満足な研究できないてな話にならんか?

さくらぃ (2008-07-10 (Thu) 09:04)

ああなるほど、了解。<br>そこはもうどれだけ必要性が理解されてるかにかかってるね。温暖化&ビジネスの両面で。<br><br>>研究<br>欧米だと有力な人はどんどこ企業行って、研究所がマジで人手不足になったりしてるんですけどねぇ(汗)

tamuyou (2008-07-10 (Thu) 11:40)

>そこはもうどれだけ必要性が理解されてるかにかかってるね。温暖化&ビジネスの両面で。<br><br>ここがポイントだとわかっているのだとしたら、今やってる啓蒙策ってほとんど的外れだと、太陽電池を普及させたいと思ってる人は考え変えないとまずいのでは。<br><br>どう考えてもFITによる「電気料金値上げ」と「温暖化対策によるメリットの享受」が繋がるような情報は出てきてないし、ビジネス面で言えば「電気料金値上げ」して、誰が得するのか・・・なんとなくですが「パネルメーカー関連事業」だけが得するんじゃないのか???という風にしか見えてないと思うんですが。たぶん、私の資料の見方が甘いんだと思うんですがどうなんでしょう。

さくらぃ (2008-07-10 (Thu) 18:47)

そこはわりとみんな見落としてると思います。<br>というか太陽電池に限らず、日本中が温暖化対策は「コストばかりかかってどうしようもない」というマイナス思考でしか捉えてない気がしますねぇ。<br><br>ほんとは温暖化対策によるマイナス面とプラス面の両方を見積もって、どういう対策をどれだけ組み合わせたら温暖化対策と経済活動の維持が両立するのか、「パッケージ」として考えないといけないと思うんですよ。

さくらぃ (2008-07-10 (Thu) 18:54)

んで経済効果の試算も俺がやらんといかんのかなー、日本ってそういうプロっておられないんかなーおっかしーなー<br>と思いつついま情報を集めてる訳ですが。<br><br>輸出額の半分ぐらいが貿易収支に貢献してるんじゃないかという情報を得てるんですが、どなたかそういう見当がつけられる方はおられませんかね (^^;

しばた (2008-07-10 (Thu) 22:50)

>経済効果<br>役人が板についてきましたねp<br>冗談はともかく、同じ金の計算でも求められてるのは投資の回収プランじゃないかな。<br><br>FiTというスキームの自体は大抵の人は理解できてる(多分)<br>電気料金値上げ分を、関連企業の研究開発に投資して、(ほぼ確実と思われる)将来のエネルギー問題解決という利益を得ようという構図なのもすぐわかった。<br># パネル設置が投資として見合うってのが強調されてるがためにまぎらわしい分もあるけどね。こっちの投資はギミックにすぎないのに。<br><br>(官僚が馬鹿な国民に効果を説明するではなく)投資家に金を出してもらうためのプレゼンをするつもりで回収プランを説明したほうがいいんじゃないかと。<br><br>預金でいうと利息が○○%ですってレベルまで言ってくれたらとてもすっきりする。できるのかはわからんが。<br>話に乗ってもらうというのだと、10円/kWhから始めます→5円/kWhに達する確度が高いから言えるんです→だから話に乗ってくださいって論法もあるよねってのが上で何度も書いたメーカー自身もベットしろってやつね。

しばた (2008-07-10 (Thu) 23:06)

なんかコメント長くなってしまったね。すまん。<br>官製エビ養殖な仕組みが見えてしまったのでつい反応してしまったp<br><br>コージェネやってたときの記憶で、系統連系の装置とか工事ってパネルのようには安くならんよなとか、一気に分散電源が増えて系統って大丈夫なんだっけとかが聞きたかっただけなんだよほんとは^^;

さくらぃ (2008-07-10 (Thu) 23:40)

>役人が板についてきましたねp <br><br>うわーん!ぐれてやるっ!! =(T-T)/ <br><br>というのはさておきホンマ参考になります。なんとかそっちも資料作ってみます。 <br><br>>パネルのようには安くならんよな <br><br>一件当たりの人件費とか販促費が圧縮できるから、流通量さえ増えれば、今よりは安くなると思うよ。 <br><br>パネルについては、これまでの実績では導入価格が「累積導入量が2倍になると15〜20%低減」っつーペースで下がってるので、ざっくり言って国内普及量を現在の8〜16倍にすりゃ半額になりそうなんですが…。 <br>んでそのぐらいの量までなら、まぁ系統の方も特に大事にはならなさそう。 <br><br>ただ原子力・太陽光・風力どれも火力ほどの柔軟性は無いので、温暖化対策を進めていくと、いずれにせよどこかで系統に手を入れる必要性が生じるだろうね。 <br><br>あと蓄電池もやっぱり量と共にコストダウンする性質がある(まぁ最近は原材料の投機で上がってるかもしれんが)、将来はそれも使われるやろね。ただこれは最終兵器みたいなものなので、先に系統から手を付けた方がたぶん安い。

Ima (2008-07-11 (Fri) 00:58)

ものすごく感覚的な意見だけど、エネルギー構造の変換で本当にCO2は減るのかな。パネルを作るのにもCO2は出るだろうし、ハイブリッドカーも劣化した電池を再利用/廃棄するのにCO2が出るだろう、などと考えて行くとCO2を半減なんてホントにできるの?<br>もちろん定量的な議論は必要であることも努力することを止めてはいけないのも理解している。<br>ふと思いついたのは「CO2は人間生活のエントロピー」なんて言葉。根拠も何もないけど。

さくらぃ (2008-07-11 (Fri) 01:08)

なんか「エントロピー」という言葉と意味のない数式を並べただけで”太陽光発電はCO2削減にならない”と嘘を言っている人がいますよね。<br>こちらを参照。<br>http://ks.nwr.jp/d/?date=20070325#p01

さくらぃ (2008-07-11 (Fri) 01:37)

パネルを作るのにもCO2は出る…と言っても、エネルギー供給自体が低排出になると、製造時のCO2排出も減るんですよ。 <br>すごく極端な場合を考えてみればわかるけど、例えば太陽光/太陽熱発電だけで全世界のエネルギーを供給(電力&水素などの形で利用)したとすると、製造や廃棄のCO2排出は殆どゼロにできる。つまりエネルギー起源の排出量は理論上ゼロにできる(太陽エネルギーだけでも十分そのポテンシャルがあるので)。んでエネルギー起源のものをかなり減らせば半減は可能。ただ、比較的減らし易い(!)発電なんかは、それこそ1割とかその程度の排出量にしないといけない。だからこそREも使わんといかんと言われてる訳で。


Written by "バカ殿"さくらぃ
 [利用上の注意]