壊れたら直そう日記


さくらぃ(櫻井啓一郎)の私的な日記です。なお、最近はもっぱら[ついったー] を使っています。一覧はこちら(twilog)
2004|08|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|09|12|
2012|01|02|04|06|10|11|12|
2013|01|04|08|12|
2014|01|12|
2015|01|12|
2016|01|12|
2017|01|12|
2018|01|12|
2019|12|
2020|01|12|
はやぶさ2計画絶賛応援中


2008-07-21 (Mon)

補償?

シャトル退役後の物資輸送、日本のHTV輸送機に?(読売)…今までの経緯を考えると手放しで喜べるようなニュースではないな。それでもこれが採用されれば、日本が自前の宇宙船開発を続けてきて良かった、とは言える。

_

というかシャトル退役と同時にISSも運用終了、という事態になってたら、1兆円も使って何が得られたの、という話になるところだった。自前の宇宙船が無いと、話にならない。

ただ他国に頼るだけでは、結局はお互いに損だ。イエスマンはお荷物にしかならない。

_

続報:結局片思いだったようだ(Technobahn)。

海外旅行の意味

「鎖国」状態を論じた日経のコラム…話の本筋ではないが、ここで取り上げられている「目的を持った瞬間に旅はその個性と自由さを失い,単なる仕事になり下がってしまう。 (中略) 出発前に明確な日程や目的を作って自らの旅を規制することは得策とは思えない。」という言葉には激しく納得できるものがある。この筆者のようにヤバイ地域を放浪したことまではないけれど。

_

僕はどこかへ旅行に出掛けるとき、極力スケジュールや立ち回り先を決めないようにしている。見て面白いものは自ずから見つかるものだし、予想外の状況が起きても、同じ人間が生活しているのだから何かしら対処方法はあるものだ。むしろそういう状況にこそ、その地域の人々の文化が凝縮されていたりする。

そういう状況を含めて見て回っていると、数日はあっという間に過ぎる。華やかな観光名所を観るだけが旅行ではない。そのへんの路地裏に凝縮された陰影まで見ることで、その都市に対するイメージに厚みが出る。同じ都市の同じホテルに泊まっていても、1週間やそこらで飽きたりはしない。

_

初めての海外なら、ガイド付きのツアーも良いかも知れない。でもガイドが勧める場所ばかり行くよりも、もう少し自分で判断しながら行動する喜びを味わってみてはどうか、と思うことはある。もし万一飽きてしまったら、列車にでも乗って近隣の都市へ行くぐらいの心づもりで行動することを勧めたい。

_

人が決めた所に行くだけでは、新しいもの、知らなかったものに対する接し方を学びにくい。自分で新しい情報を取り込み、判断や価値観の幅を拡げながら動くことを、日本は軽く見過ぎてはいないだろうか。

そんな偉そうなことを言うと歯が浮きそうだが。

新版Opera

Opera9.5なんだが、一度投稿した内容を修正しようとして「戻る」と、フォーム内容が編集前の状態になっていてどうも混乱する。何か他のブラウザを使うか。

「ひまわり」、ピンチ

次期「ひまわり」の予算調達の目処つかず(読売)。このままでは観測に再び空白も。…一部お年寄りの先入観やメンツのための事業には桁違いの予算を投入しておいて、国民の安全と生活にすぐに直結する事業に金が出ないとは。


Written by "バカ殿"さくらぃ
 [利用上の注意]