壊れたら直そう日記


さくらぃ(櫻井啓一郎)の私的な日記です。なお、最近はもっぱら[ついったー] を使っています。一覧はこちら(twilog)
2004|08|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|09|12|
2012|01|02|04|06|10|11|12|
2013|01|04|08|12|
2014|01|12|
2015|01|12|
2016|01|12|
2017|01|
はやぶさ2計画絶賛応援中


2008-08-01 (Fri)

PV Japan最終日

一日中解説。CIGSは車載用にもぴったりですぜ、これを日本が造らずして何とします。

…声張り上げないと後ろまで届かない状況に。そこ、バナナの叩き売りゆーな(汗)

_

これで先週から続いたイベント地獄も滞りなく終了。荷物抱えて帰ってバタンQ。

_

そろそろ展示手法も確立してきたし、こういう時は専門の解説スタッフを雇うことを考えた方が良さげ。


2008-08-03 (Sun)

生存表明

なんか数日サボるとあちこちからpingが…

大丈夫です、生きてます。死んでましたけど。(なんじゃそりゃ

_

先週末から

7/26(土):一般公開

28(月)・29(火):成果報告会

30(水)〜8/1(金):PV Japan

という鬼スケジュールで、ロクに寝る暇も無かった次第。

おかげ様で、たくさんの方々にお越し頂きました。ありがとうございます。

_

1週間でこんなにたくさんの名刺を頂いたのは初めてかも。名刺入れに入らなくなって焦った。

その間の日記はぼちぼち補完&フォローということで。

_

げ、メールが鬼のように溜まってる…。

本日のツッコミ(全8件) [ツッコミを入れる]

お日様大好き [暑いのにご苦労さんでした。この時期の屋根の上の太陽電池なみに良く働かれたわけですね。先月は過去最高の発電量を記録した..]

さくらぃ [むぅ…。すみませんが、よろしければその倒産の情報をお教え頂けますか。微力ながら、然るべき場面で使わせて頂きたいと思い..]

さくらぃ [タレコミで教えて貰いました…って江藤産業とは。 どこまで自分達の首締めたら気が済むのやら。>一部の方々 世界が..]

ひむか2号クン [> 江藤産業:破産申し立てへ−−都城 /宮崎 > http://mainichi.jp/area/miya..]

ひむか2号クン [最近の設置業者さんの手口は電話アポで「電気代が無料になります」とか言って、訪販を掛ける。そして2Kw程度の太陽光発電..]

さくらぃ [真面目にやっておられる業者さんへの影響が一番ひどいのではないかと危惧しています。 それ以前に、温暖化対策をボランテ..]

ひむか2号クン [NEFの関係者と電話で話をしましたが、今年は90%以上が海外輸出だねと言うところで意見の一致を見ました。去年もシリコ..]

さくらぃ [というか、日本ではまだ温暖化対策について「コストがかかるもの、嫌なもの」という認識しか無いせいではないかと。 なぜ..]


2008-08-06 (Wed)

めも

ひさびさ。

日産もEVを試作(読売)…うむ。

GM、大赤字(フジサンケイ)。赤字額155億ドル…って1四半期でかよ。だが、今のところなんとも救いようがない。

ニューヨーク市、23億ドルをかけて市の建物の排出量を3割削減へ(GreenCarCongress)。

台湾に薄膜太陽電池生産工場(REW)。1.1×1.4mサイズ。…そのうち3x3mとか5x5mとか。

オレゴン州に909MWのウインドファーム(REW)。

ノース/サウスダコタ州で5GWの風力発電プロジェクトが進行中(REW)。…ちなみに昨年度の日本全体の導入量が200MW(0.2GW)弱。

米国では小規模風力も拡大中(reFOCUS)…1〜100kWp級の市場、2007年は14%成長して9.7MWpに。今後も年14-25%の成長が見込まれる。

米国の太陽光専門展示会SPC、Solar Power Internationalに名称変更(REW)。10/13〜16にサンディエゴにて開催

デュポンが凸版印刷と太陽光発電モジュールの新型背面封止シートについて技術提携(REW)。

三洋電機、2020年までに太陽光のシェア倍増を計画(bloomberg)。現在の260MWp/yrから4GWp/yrへ。

英Crystalox Solar、中国Suntechへ260MW分のウエハ供給契約(solarbuzz)。…ちなみに昨年度の日本の国内市場は200MWpちょい、総生産量で900MWpぐらい。

Q-Cells、カナダ企業から大量のソーラグレードシリコンを調達へ。2010-2013年に6000立方メートル、価格もある程度まで前もって合意。

インドMoser Baer社、独企業から130MWpの薄膜太陽電池モジュールを受注(solarbuzz)。

中国ReneSola、200MWp分以上のウエハ受注獲得(solarbuzz)

米国での太陽光発電システムの導入計画量、1GWpを突破(solarbuzz)。…ちなみに日本の今までの累計導入量が2GWp弱(JPEAのデータから計算可能)だ。

大して盛り上がってないうちからこれだ。

英国で最大456MWpのウインドファーム計画がGo(reFOCUS)。最大152基、2011年までに全部稼働開始予定。

米国で最もたくさん太陽エネルギーを導入している電力会社トップ10(reFOCUS)。昔から研究してきたSCEやPG&Eなどが名を連ねる。

英国とスペインの研究所、smart-grid技術に関して提携(reFOCUS)。様々な電力源をよりうまく取り扱える、信頼できて柔軟な電力網の構築が目的。

建材一体型太陽光発電(BIPV)システム市場、2013年には40億ドル規模へ(reFOCUS)。…将来的にはもっと拡大が見込まれる市場。

EUの研究プロジェクト、太陽光発電の大量追加に関する報告をまとめる(reFOCUS)。元ネタ

抜粋:雲の通過による出力低下は複数のシステムで平均化され、実際には系統に何の害も及ぼさない。系統全体が過負荷になって電圧低下が起こったときにインバータの安全装置が敏感に反応しないほうが良いケースがみつかり、改良された。欧州全域での規格の統一が望ましい項目が幾つか。インバータは将来的に100ms程度までの時間なら定格の3倍程度の過負荷を許容したりすれば、系統の安定(系統での地絡事故の際の影響抑制)に貢献できる。等々。

結論:PVは系統電力の品質とサービスの向上に貢献できる。

本日のツッコミ(全4件) [ツッコミを入れる]

ひむか2号クン [結論には賛意。日経の今日8日の記事で、太陽光発電インフラ強化本格導入に向け 蓄電池や送電設備 電力安定めざす との記..]

さくらぃ [温暖化対策で火力発電を減らしていくと需給ギャップを埋めるのがだんだん難しくなるので、将来も安定供給を保証するには、系..]

ひむか2号クン [何にしろ、分散型でそれぞれが責任を持てる仕組みにするほうがコスト面から見ても有利なように思えますね。如何にそれが公開..]

さくらぃ [うーん。最終的に蓄電を使う段階になったら、各家庭ごとよりも地域単位で入れた方が、利用方法のオプションが増え、コスト的..]


2008-08-08 (Fri)

ツッコミ

ソーラーグッズの例(日経)。実用品からオモチャまでいろいろ…ってそれはいいのだけど、定番のソーラー庭園灯とかカーバッテリー充電器は外せませんな。

_

僕の場合、2Wのソーラー充電器をバッテリー上がり防止のために車につけている。このところ周囲で何回か話題になったので、メモっておく:

・日本の通常の環境では1年当たりの発電量は2kWhほどだから、一日平均で5.5Whぐらい(天気の影響含む)。

・うちの車のでかいバッテリの容量が56Ah×13.8V=773Wh。

よって 5.5/773 = 0.7%/日 ほどの容量を補ってくれる。1週間なら約5%、1ヶ月なら約2割。

以前これを付けてなかった時は半年でバッテリーが上がってダメになってしまったが、今は暫く乗らなくても安心だ。

_

…む、庭園灯は最近は殺虫器を兼ねるものもあるのか。ほぇ。

本日のツッコミ(全3件) [ツッコミを入れる]

zonnecellen [EPIAの報告書 http://www.epia.org/fileadmin/EPIA_docs/publicati..]

zonnecellen [ゴメン、コメントする場所を間違えました。]

さくらぃ [買い取り価格のプレミア分の話ですね。 これは「現時点での発電コスト」×(1+導入のインセンティブの比率)で決めれば良..]


2008-08-09 (Sat)

6兆円?

蓄電池に6兆円(フジサンケイ)…僕はシステムは専門じゃないけど、現状の10倍(20GWp?)程度では、全世帯に蓄電池を導入するような必要性は無いはずだ。技術開発をしておく意味はあるし電力会社的には話が簡単かも知れないが、系統強化などもっと安上がりな対策をしないうちから安易に頼れば、社会的に見て費用対効果は悪くなるだろう。

_

系統強化にせよ蓄電にせよ、変動の吸収だけじゃなくて瞬低対策とか他の種類の電源の活用とか、その効果はいろんなところに及ぶ。あと蓄電技術は電気自動車からノートPCまで波及効果が広範に期待できるので、その点では系統強化よりも色々と嬉しいかも知れない。

_

が、6兆円分の蓄電池というと、現在の値段でも1kWhあたり10万円ぐらいだから…60GWh!?そんだけ大量生産したら値段も下がるだろうし、100GWh超えるんじゃないのか。これは多すぎる。

100GWhがどのぐらいの量かというと、日本の真夏の最大電力消費量の6割を1時間にわたって出力できるほどの量だ。それをわずか20GWpの太陽電池のためにつける必然性は無いはずだ。10倍(2020年目標)どころか、40倍(2030年目標)でもそんなに要らんだろう。どこかケタが間違っている。

_

そもそもそんなことやってる国があるか、と考えれば、これが異常なことがわかるだろう。もっと変動の激しい風力で、国の電力を何割も賄ってる実例すらある。

_

そして系統強化や蓄電などの需給ギャップ対策に他国よりも余計に費用がかかると言うなら、それは原発の出力にも火力ほどの柔軟性が無いから、ということになる。たとえ本当に必要だとしてもそれは太陽光に限った話ではない。太陽光だけの追加出費のように扱うのは非合理的だ。

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

さくらぃ [中傷を含む表現がありましたので、ここのコメントをひとまず全削除。有益と思われる分についてはあとでフォローします。]


2008-08-12 (Tue)

めも

Masdar PV、ドイツとアブダビに薄膜の工場を建設へ(Photon International)。それぞれ50MW,100MWからスタート、2010〜2011年頃には微結晶とのタンデムに切り替え予定。請け負ったのもドイツ企業との噂。

クリントン財団、インドで5GWのソーラーパーク(大規模太陽光発電所)を計画中(GreenTechMedia)。単に発電するだけでなく、関連産業の集積も計画。…GW単位の話も出てくるようになったか。


2008-08-13 (Wed)

有機走る

内田先生のとこの不定期日記に先日のソーラーカーレースの模様が。色素増感も出走(&完走)(日経BP)っつーのが凄い。おめでとうございます。

_

そもそも、有機ELが出来て有機太陽電池が出来ない訳は無い。現時点ではまだ耐久性や効率が課題になってはいるけれど、リソースをより効率的に投入して、よりたくさんの化合物や構造を調べ上げた国・企業が勝つんじゃないかな。

_

それにしても多接合セルを用いて時速150km以上を出すという芦屋大も凄い。つか宇宙用の超高級品を使っても予算1億円で済むようになったんか、という気が。多接合の技術自体、普通に使われるようになってきたしな。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

ひむか2号クン [最新のNEDO海外レポート(1027号)電子・情報通信技術特集 の <個別特 集 で 14. 太陽光発電・バロ..]

さくらぃ [えーと、内容はそれなりにおもしろいですが…ずばり、こういう内容はご自分のブログに書いて下さい。]


2008-08-14 (Thu)

塗る太陽電池

塗るだけで太陽電池(gizmodo)…「太陽電池へ分解」ってすごい誤訳。どこのSFやねん(ビシッ)。原文を見ますと、原意はこんな感じです:

------

タイル状の太陽電池は忘れよう:イギリス・スワンジー大のチームは、ペンキ状の材料による太陽電池”パネル”の製法を開発した。ペンキの劣化機構の研究の副産物たるこの発明は、金属表面にかぶせた複数の保護層から成り、かつ入射する太陽エネルギーの5%だけを電力に変換することができる。この値はよくみかける太陽電池に比べて多くはない…が、そのかわりに建物の表面を全て使うことができる。

...(中略)...

もしどれか1つのメーカーが、生産する金属の被覆を全部この発電する被覆に変えたならば、それは風力発電所50個分に相当する発電能力を持つことになるだろう。

-------

New Scientistの記事がもっと詳しい。やはり有機太陽電池ですな。

_

ペンキのように塗るだけで太陽電池になる仕掛けは実現可能と考えられていて、このチーム以外にもたくさんの研究が進められています。その鍵になるのが有機太陽電池です。

その理由は、塗布に真空や大がかりなプラズマ装置などが必要なく、かつ常温で形成できるから。実際、色素増感太陽電池なら家庭で作って遊べるほどです。

ちなみに、塗布+一時的な加熱で太陽電池を形成するプロセスなら、nanosolarという企業がCIGS太陽電池で実用化を始めています。

_

一口に有機太陽電池と言っても種類はたくさんあって、これには色素増感太陽電池や有機薄膜太陽電池と呼ばれるものなどが含まれます。研究の進捗状況としては多くがまだ研究室レベルで、効率や耐久性の向上が課題になっています。でも一部は既にもうすぐ実用化が始まるだろう、という所まで来ています。内田先生のサイトのほか、うちの有機チームのページなども参考になるかも知れません。

_

太陽電池の種類としては、現在は結晶シリコンが中心ですけど、今後は薄膜太陽電池(薄膜シリコン、CdTe、CIGS)も増えます。そしてさらに10年ほど遅れて、この有機太陽電池を含む、新しい型の太陽電池も徐々に加わってくるだろうと見込まれています。これのFigure 16 (38ページ)が参考になるでしょう。

_

ただ効率と実績で勝る結晶系も、シェアは減るものの、それ以上に市場が伸びると予測されているので、当分は増え続けるでしょう。だからこの記事のように「旧いタイル状のは忘れて…」と本当に言えるようになるのは、そのへんの子供達が家庭を持つ頃かな?

_

…殆ど一記事分書いてもーたがな。原稿料ください>gizmodoのひと (ぉ

_

(8/15追記):修正されたようです。どういたしまして〜。

資料

後半の”風力発電50基相当”の誤訳に関しては、おそらく”太陽電池がエネルギー源にならない”というデマをご覧になったことがあるせいではないかと想像します。手前味噌ながらこのへん(公式解説)とかこのへん(デマへのツッコミ、長文注意)を適宜ご参照いただければ幸いです。

脱線

最終的に「現場で直接塗る」のが本当に便利かどうかは、また別問題かと。なんせ、感電のおそれがあるので。

個人的には、この記事のネタのように建材表面をまとめて太陽電池に加工しといてから現場で組み付けたり、 キシ ブル な製品をペタっと貼り付けるのが一般的になるんじゃないかと思います。

_

…ご参考まで。

めも

米国Poet社、セルロース系エタノールを今年中に生産開始へ(GreenTechMedia)。最初は年2万ガロン。2011年には年間2500万ガロンへ、既に資金も調達。他にも同様の動き多数。

BP/Clipper、南北ダコタ州での風力発電プロジェクトを5GWにスケールアップ(REW)…OMG。

_

あとは業績報告祭り。

Q-Cells、2008年前半を報告(solarbuzz) [プレスリリース]

→生産・販売量ともに+65%で263.5MWp…これだけで昨年の日本国内の年間導入量を超える量。年間では585MWpの予測。来年はさらに70%の成長を見込む。

→昨年同期に対してEBITは+47%。EBIT marginは今のところ約20%。年間の総収入は約2億ユーロを見込む。

→輸出シェアは昨年の57.6%から70.3%に増加。

→加えて、傘下のSolibroが来年からCIGS太陽電池の生産を開始。2つ目の工場も来年稼働予定。

→さらに完全子会社のSontorが薄膜シリコンの生産を今年末に開始。

→2009年末にはcore businessで1.3GWp以上の生産能力。2010年にはグループ全体で2.5GWp、うち子会社が400MWp以上。

→SunEdisonと組んで北米市場へ進出、既に2008-2013年にかけて800MWp以上の供給に合意。

…OMG。

_

・その他、REC@ノルウェーApplied Materials@米国SunPower@米国FirstSolar@米国Yingli Green Energy@中国、、キリが無いな。今の日本ではあまり見ないような数値がずらずら。

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

さくらぃ [業務連絡:この件、「ひむか2号クン」を名乗る方によるコメントを禁止します。]


2008-08-15 (Fri)

あしもふ

・otnさん情報でFoundationシリーズが映画化へ。ってマジか。あれSFというよりミステリーなんだが、ううむ、あの面白さをスクリーンで再現…?!どうするつもりなんだ。

_

ちなみにnon-nativeなせいか人道主義者なせいか、彼の英語は読者に優しいので、鍛えたい向きには原文も良。ハヤカワの日本語訳も出来がよい。

ファウンデーション ―銀河帝国興亡史〈1〉 (ハヤカワ文庫SF)(アイザック・アシモフ/岡部 宏之)

英語版@amazon.com。僕はたしか神田の三省堂で買った。


2008-08-17 (Sun)

ツッコミ

家庭での太陽光発電にグリーン電力証書(読売)…ふむ。

−買い控えが問題化してる中で、日本のお役所にしてはわりと速く動いてること

−設置時だけの補助金ではなく、継続的な運転と日常的なチェックを促す仕組みになっていること(トラブルに気付きやすく、費用対効果向上に繋がる)

−具体的内容次第では、それなりの効果が期待できること

これらについては、プラスに評価できるでしょう。

_

その上で、気になる点を列挙します。

−証書の買い取りは保証されるのか(超重要)。

−財源は何か(同)。

少なくとも、上記2点は決定的に重要でしょう。これがボランティアに頼ることになるなら、この制度は国際競争上、フィードインタリフに比べて劣ることになります。

ボランティアベースでは温暖化対策が不十分なことが既に国際的な報告書に明記されていますので、それでは政治的・経済的に不利になることが懸念されます(後述)。

_

そのほか、下記のような点も気になるところです。

−既に導入している人や企業にも公平に適用されるのか(当然だとは思うけど、念のため)。

−証書の額はどうやって決めるのか。定期的に見直すしくみはあるのか。今後どのように推移させるつもりか。

−証書の発行対象になる家庭の数に制限はあるのか。その数はどうやって決めるのか。

−対象になるのは余剰電力だけなのか、発電分全部なのか。

−現行の余剰電力買い取り制度との関係は。

−技術の発展段階の違いや発電する時間帯の違い、個々の設備の規模や設置条件の違いはどのようにして考慮されるのか(理論的には細かく設定するほうが費用対効果が上がる。一方、細かくすると制度的な管理費用が大きくなり、また手続きに時間がかかったりしやすい)。

−「認証費用」とは幾らぐらいになるのか(世間の監視が必要かな)。

−手続きに時間がかからない仕組みか。

_

具体的内容によっては、それなりの費用対効果が期待できます…理論的には。でも上記のような懸念点をクリアして頂かないといけないと思います。関係者の頑張り次第になりそう。

今後どうなるのかまだわからないですけど、いずれにせよフィードインタリフの宣伝は続けます。その考え方や、無駄を減らすために気をつけるべき点で参考になる点が多いです。また世界で最も費用対効果が高いと評価されている制度ですので、その採用を避けると言うならば、それ以上の成果を示して頂かないと合理的ではありません。少なくとも、IEAがどうこうという言い訳では、非合理的ですので。

もし今回表明された制度でも、効果が足りなかったりしたら…。

_

結局は助成をする側(行政、電力会社、電力消費者)とされる側(メーカー、電力会社)、双方がお互いに必要な(しかし合理的な)要求を出して折衝していくことが大事だと思います。ビジネスなのですから。

そういう点では、これまでJPEAなどの活動が弱すぎたとも言えるでしょう。

その一方、デマを流して他人の足を引っ張る一部関係者の行為は、国益上最も忌むべきものと思います。それは戦争行為で、国全体では時間的・経済的・人的リソースの浪費に繋がります。

リスク対策をボランティアで?

たとえば、排出量削減を進めていない貿易相手にペナルティを課すしくみ(相殺関税)が米国や欧州で検討されています

_

これは検討されている対策の一例にすぎません。しかし「環境への配慮が不足した国で生産された製品」が今後どのような扱いを受けるかを考えれば、リスク対策の設備投資をボランティアなどに頼っている場合では無いだろうと思います。

_

…だから、ビジネスライクな仕組みにしろ、と主張してるんですけどね。

めも

EV走行車にはエンジン音を出す装置を付けよ?…たしかに、視覚が弱い方にとっては笑い事じゃないな。静かなのも長所なんだが、なんとかならんかのう。横断歩道に接近すると自動的に音が出るとか(汗)

本日のツッコミ(全13件) [ツッコミを入れる]

しばた [>−財源は何か(同)。 ここだけ。 リンク先記事の「実験」に関してだけいえば新規財源はないように読める。グリーン電..]

しばた [理屈で言うと端数が証書になってなかった分ってのは証書の価格上昇(供給が減るから)に寄与してたんだろうけど、現状十分な..]

さくらぃ [>新規財源無 だったら制度的に費用対効果が劣ることは確定的です。それとわかっていながら対策を施さないのは、国益に反..]

しばた [役人と書いてハッと気付いた。役人に対するつもりでツッコミ入れるからズレまくりだったんだな。すまんかった。 パブコメ..]

さくらぃ [逆に制度設計と運用をうまくやればpremium型のFIT制度に近い費用対効果を得ることは可能だと思うので、まぁそこは..]

さくらぃ [>選挙に出るか、政策を共有できると思う議員にブレーンとして売り込むか ……勘弁してくれ(泣)]

しばた [>>新規財源無 >だったら制度的に費用対効果が劣る 新規財源が伴うことを官僚が単独ではやれんだろうに。 さくら..]

さくらぃ [うー、それはなんかちがうような…(しくしくしく) まぁとりあえず電気料金への影響の計算済ませてから続きの話、かのう..]

しばた [>逆に制度設計と運用をうまくやれば グリーン電力証書を固定価格で買い取ればいいんだろ:p 元記事の「実験」を立案し..]

さくらぃ [>役人として正しい仕事だなと俺は思った …なんとなくわかった (^^;;]

しばた [>さらにその「認証機関」が天下り先だったりしたら 大当たり(賞品は出ません) http://eneken.ieej..]

しばた [↑リンク先も色々と興味深いね 身内の方々がこれまで助成を食い物にしてきた構図がよくわかった。 まさに「端数をせしめて..]

さくらぃ [>大当たり …やれやれだな (-_-;; まぁ、それで国際競争でFITに負けない助成制度にしてくれたなら、その部..]


2008-08-21 (Thu)

導入効果検討

先日来作ってる謎資料がだいぶ形になってきたので載せときます。興味ある向きは どうぞ

・8/26 update: 概算額の表示がおかしくなってたのを修正、火力のコスト変化を分ける、補足やFAQ追記などを行いました。排出権などの火力のコスト要因はドロップダウンにしたので、適当にいじってみて下さい。

・9/1 update: パラメータ整理、FAQ追記など

_

シミュレーション例開始時点の原油価格が90$/bbl、排出権価格無視、火力コスト+0.5%/年の場合の試算例。無断での引用や転載はご遠慮下さい。

_

各方面からのご指摘に従って、

・なるべくわかりやすく&グラフ化

・2031年以降の設備費に絡んで、利益を過小評価してたのを修正

・導入利益や輸出益など、視点別に分けて記述

・その他の導入利益についても追記

・簡単なFAQ追加

などの改良を加えてみました。

# 経営の知識をもっと仕入れないといけないですな…。

_

たとえば、下記のようになります。

_

設定条件(数値はExcelファイルの中で変更可能):

・2020年までに20GWp、2030年までに80GWpを導入

・価格低減のペースは80%@生産量2倍

・競争力を保ち、生産量の6割を輸出

・火力発電コストの上昇ペース:0.5%/年

・現在の貨幣価値で計算

_

必要な費用など:

・太陽光発電の普及促進に必要な助成費用は、最大で年間2000〜3000億円ぐらいになります。単年度で黒字になるまでの20年間の累計で、約4兆円になります。

・一般的な一戸建ての場合、負担する額は最大で月額70〜150円ぐらいになり(条件にもよる)、約20年で終了すると思われます。

・単年度で助成費用を含めて黒字になるのは2030年頃になります。火力発電のコスト(燃料費とか排出権とか)が値上がりすると早まり、値下がりすると遅くなります(2020〜2030年頃の値動きでだいたい決まります)。

・累計で「元が取れる」までには、さらに10〜20年ぐらい(現在から30〜40年)かかると思われます。(ただし、輸出利益や波及効果などは含んでいません。)

・火力発電所の運転量を減らすので、系統をあちこち改良する必要性も生じます。(これはどのみち(原子力や風力でも)避けられない出費です。この予測では考慮していません)。

_

得られる利益:

・生産コストや流通コストが下がることで、太陽光発電が火力発電(現時点でだいたい10-20円/kWh)よりも安くなると期待できます。

・国全体でみた発電コストが、その分安くなります。その利益は2020年頃の導入分から発生しはじめ、2050年頃には全体的な節約額が年間数千億円単位(火力のコスト推移次第では1兆円以上?)に達する可能性があります。

・基準年を1990年とするなら事業用電力由来の排出量の17%、国全体の排出量の3.9%を削減できます。

・80GWpの設備で日本の年間電力需要の9%、晴天時のお昼頃なら電力の3〜5割ぐらいを供給できます。

・多少の蓄電池も付けてさらに増やせば、倍以上の200GWpぐらいを導入できると思われます(蓄電池についてはファイルの「FAQ」シートを参照ください)。また、その頃には蓄電池をつけても実用的なコストになると期待できます。

・事故や災害に強いなどの特長によって、電力供給全体の安定性や信頼性を高めることができます。

・輸出競争力が保たれれば、輸出額は年間数兆円の単位になると思われます。

・応用製品(自動車・船・建築・各種独立電源など)や関連産業(半導体全般・ガラス・樹脂・電力制御・蓄電・産業ロボット・微細加工・情報通信・保守・保険・投資等々)への波及効果が期待できます。

・温暖化対策が進むことで、温暖化による直接的なリスクも低減されることが期待できます。

_

このように、かかる費用は大きいのですが、30〜40年間で回収され、波及効果や環境保護などの利益も得られることが期待できます。

---------------

これに対して、

(海外で安くなるであろう)2030年まで全く導入せず、国内生産の競争力も失った場合は:

・純粋に発電コストと助成費用だけで比較しても、助成した場合に比べ、兆円単位で損になると思われます。

・国内で必要な設備を輸入に頼ることになり、輸入額の累計が数十兆円に達する可能性があります。これは国外への資金流出を招き、国の貿易収支や国内経済の悪化要因になると思われます(参考:現在の日本の貿易黒字は年10兆円ぐらい)。

・輸入コストの分、コストが高くなります。1割高くなっただけで、数兆円単位の損害になると思われます。

・国内ニーズに合った製品が得られにくくなり、保守や修理にかかる時間や費用も増えると考えられます。自動車などの応用製品にとっても、不利になると思われます。

・導入が遅れる分、排出権購入などでの国外への資金流出が増大します。化石燃料が値上がりした場合の影響も、その分大きくなります。

・温暖化対策が遅れ、政治的・経済的に不利になると思われます。

・期待できたはずの輸出利益を失います。

・関連産業への波及効果が失われ、国際競争上も不利になると思われます。

などの損失が予想されます。

_

…如何でしょうか。

10/10: ファイルの内容を抜粋していろいろと追記。

本日のツッコミ(全9件) [ツッコミを入れる]

tamuyou [基本的に間違ってないと思うんですが、大きなロジックとして「太陽光発電できる時間(昼間かつ天気が良い時間)の電気代を減..]

さくらぃ [ああ、それは私も困ったのですが。 そのへんは電力システム全体の将来のシナリオと絡むのですが、そのシナリオ自体がかな..]

さくらぃ [ちなみに、たとえ系統を全く強化せずに蓄電だけで対策をした場合でも、せいぜい2時間分ぐらいの蓄電で用が足りるみたいです..]

zonnecellen [ごぶさたです。晴海ではお互い忙しく、話もできませんでしたね。 ところで、横道にそれて恐縮ですが、8月22日の読売の社..]

さくらぃ [ども。いや、3日で千人ぐらいお相手したかも…。 んで約3EUR(500円)ってのはドイツのFITへの出費の最大値です..]

さくらぃ [ドイツFITのコストの報告書です。12ページのFigure3に、各対策への割り振りがまとめられてます。 http:/..]

tamuyou [今朝の朝日新聞に家庭用太陽光発電に補助復活!と記事ありましたね。これで導入が増えるのかどうか・・・今後が楽しみです。]

さくらぃ [とにもかくにも、気に掛けていただけるのは嬉しいですし、これで1年は猶予ができるかもしれません。 でも長期的な投資環..]

さくらぃ [ちなみにこれ、もしも旧来の「設置時の直接補助金」主体だったら、その時点で効果不十分なのは確定だろうと思います。10円..]


2008-08-26 (Tue)

ぐるっ

「沈黙のフライバイ」が星雲賞を受賞した模様。おめでとうございます。

読者を寄る辺なき宇宙に放り出す、ハードSFここにあり。夏向きの一編。

沈黙のフライバイ (ハヤカワ文庫JA)(野尻 抱介)

めも

十市氏による日米独の現状の簡単な整理と比較(日経BP)…わりと客観的な内容で端的にまとまっている。簡単に状況を把握したい方におすすめ。

エネルギー高騰でソーラーシステムにも脚光(フジサンケイ)。…うむ。今のエネルギー価格だと、まともな製品をきっちり施工さえすれば、値段的にはかなり元が取りやすいと聞いている。

でも水回りなので、信頼できる業者に頼むこと。ちゃんと情報集めて損得勘定もして、複数の業者を検討すべし。飛び込み販売で即決したりしないよーに!

太陽電池を使って83時間滞空(WV)。UAV用途らしい。

米国で地熱も急増中(REW)。103個、合計4GWのプロジェクトが進行中。ちなみに現在は約3GWなので、今進んでる分だけで7GWになる計算。

Googleも地熱に投資(日経BP)。

中国LDK Solar、ウエハ生産規模が1GW越え(REW)、来年の売り上げは約30億ドルと予測(greentechmedia)。これもアプライド。

DOE、家庭設置用の太陽光設備開発を開始(REW)。各企業と組んだプロジェクトで、最大2400万ドル。…金額的には全然大したことはない。だが、政府が直接…?注視。

米国各州でRE普及策導入の動きが加速(REW)。

欧州は2030年に風力で電力の28%を賄えると風力業界が報告(REW)。2030年に300GWp。

2013年までにシリコン価格は67%、ウエハ価格は41%安くなると英調査会社(greentechmedia)…つかこの数年で2倍ぐらいになったんで、元に戻るだけとも言う。ようやく増産が追いついてきたようで。

各地に現れる温暖化の兆候(日経BP/National Geographic)。

スバルのEV開発の現場(日経BP)。…熱い。

IBMが予測する自動車の将来(WV)

NY市、RE導入と省エネ計画中(日経BP)。

炭素に価格を付ける意味(日経BP)

リチウムバッテリー増産に動く各社(日経BP)…これが安くなるほど、温暖化対策はラクになる。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

tamuyou [「十市氏による日米独の現状の簡単な整理と比較」読みました。再生可能発電普及を目指すには、温暖化対策をいうより「脱石油..]

さくらぃ [そこ、私も同感です。 というか21日に公開した謎Excelで遊んでみると、太陽光発電の価格低下が多少遅れるリスクより..]


2008-08-27 (Wed)

めも

三菱、生産規模を2011年までに約3倍の600MWへ(solarbuzz)。プレスリリース。2012年に500MWの計画を前倒し、長野県・中津川に第二工場を建設。…よっしゃ。

日本郵船と新日石、船舶への太陽光発電大量積載実験へ(MSN産経)。プレスリリース。今回は船内電源のみが対象、耐久性などを検証。将来の推進動力への応用を視野に入れる。…太陽電池って元々、灯台 とか標識ブイ用途(あともちろん宇宙とか砂漠とか)で使うために製品化が進んだので、そういう過酷環境はむしろ、むしりとった衣笠…もとい、昔取った杵柄。

むしろ、どこまで耐久性をサボってコストを下げられるか、市販品ベースでどこまで持つか、とかそのあたりがテストの要点になるのかも。


2008-08-28 (Thu)

蓄電池考

トヨタもEV参入へ。やれやれ、やっとか。なかなか動きがないからちょっと心配していたのだが、取り越し苦労だったようで。

ともあれ、これでEVが増えるのは確定的か。蓄電池の価格低下も、従来予測より速くなるかな。

_

ここでどうも、太陽光でも蓄電池を大量に…と行きたい方々がおられるみたいなんですが、少なくとも今の段階では大容量の物は基本的に不要です。本格的に頼るのはまだ先、と認識して下さい。現段階では開発・実証や停電対策などに留めるべきだと思います。

その一方、小容量のものやキャパシタについては、比較的早期から導入のメリットがありそうです。

_

まず、早い段階からの蓄電池の採用にもメリットはあります。

・EVやPHVの開発・普及と連携し、コストダウンや技術開発面での相乗効果を狙える。

・停電・瞬低対策になる。特に数秒〜数分間分など小容量のものを個別の設備で使うことが検討されていて、これは比較的コストも小さく、早い段階でも色々とメリットがあるらしい。

・電力会社にとっては話が簡単かも知れない。

_

その一方、純粋に電力供給からみればまだ必要性は低いです。

・技術的には、現段階では大容量の蓄電池は必須ではない。

・上述の小容量のものはともかく、数時間分もの蓄電池を最初からつけても、助成制度や送電網全体のコストから言って無駄が多くなるはず。

また太陽光の場合、(車と違って)量産効果だけでも大きくコストを下げられそうな状況です。蓄電池のコスト低減速度と無理に連動させるよりも、先に肝心のモジュールの値段を下げて国産品の競争力を確保しといた方が、(屋根に載せる需要がある)EV・PHV等にとってもリスクが少なくなるだろうと思います。

_

単純な比較が難しい面もありますが、少なくとも現段階では、大量の蓄電池をセット扱いしない方が、リスクが分散できて無駄も少ない、と考えます。当面、蓄電の利用は開発・実証目的や小容量のものに留めておき、太陽光のモジュール価格を先に下げることに注力すべきでしょう。

そして蓄電がある程度安くなってきたら、系統に直接組み込むなり、街角や各企業などに置いたりすれば良いと思います。これはそんなに遠い将来ではないかもしれません。15年後ぐらいにはもう、好きな電源を使って(揚水みたいに"空運転(?)"できないので原発にはつらいが つらいかも知れないが)火力発電をばんばん減らすようになっているかも知れません。9/1表現修正

またその場合でも、一般家庭に個別にでかい蓄電池を入れる意味は薄いと思います。地域や変電所の単位で入れた方が、制御・管理がやりやすく、コストも安く済むはずです。

_

ただ、個人的には蓄電池装備の家って欲しいかも。情報機器だけコンセント分けといて停電対策とか(笑)

つか

今日の天気はどうなってるんだ。ものすごい雷雨が半日続いてる。なんか怖ぇ。

本日のツッコミ(全3件) [ツッコミを入れる]

dai [揚水の「空運転」て、どんな運転ですか? 教えてください。]

さくらぃ [すみません、そこはどう表現したら良いのか困ったのですが。(原発を極端に増やしたケースで)余った電力を一時的に捨てるた..]

さくらぃ [電気回路で言うなら、蓄電池は満タンになると負荷(ダミーロード)の役割が出来ない点が異なる、と表現したかったのですが。..]


2008-08-31 (Sun)

ぐらぐら

茨城の海底深くには沈み込む海山が。これが地震を引き起こす、と。へぇ。

まぁ比較的小さい地震ばっかりなんだけど。以前、共同研究で滞在してたドイツ人はそこそこ大きな奴に遭遇して「いやー、一度体験してみたかったんだ」って大層喜んでた。…変わったやっちゃ。

めも

東京都、太陽光に10万円/kWp、太陽熱に3-20万円/件の助成を開始へ(日経)。このぐらいの額になるとけっこう効果ありそう。しばらくの繋ぎにはなる。でも補助できる数に限界がある。

そろそろ、これからの温暖化時代にどう対処していくの、っていうところを議論せなあかんやろな。

_

わかっている範囲だと、温暖化で想定される被害よりも、ビジネス面で想定される影響の方が既に大きそうだし。先日、太陽光について検討した結果だけで、2030年に年数兆円単位の影響がありそうだったけど、影響がある分野って太陽光だけじゃないし。

_

腹くくって対処しないと食いはぐれると思う。

めも

米にまた巨大台風接近(朝日)

香川、また早明浦ダムの貯水率が0に(朝日)

ゲリラ豪雨の予測手法強化へ(毎日)

_

nanosolar、さらに$500M増資(solarbuzz)。

中国Suntech、第二四半期の報告(solarbuzz)。前年比売り上げ51%増。

_

三井化学、CO2と水素からメタノールを合成する手法を開発(DNJ)。各種原料に使えるらしい。

オムロン、単独運転防止機能を開発(DNJ)。太田市のソーラータウンで実証。次はキャパシタで瞬低の緩和機能でも付けますか。


Written by "バカ殿"さくらぃ
 [利用上の注意]