壊れたら直そう日記


さくらぃ(櫻井啓一郎)の私的な日記です。なお、最近はもっぱら[ついったー] を使っています。一覧はこちら(twilog)
2004|08|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|09|12|
2012|01|02|04|06|10|11|12|
2013|01|04|08|12|
2014|01|12|
2015|01|12|
2016|01|12|
2017|01|12|
2018|01|12|
2019|12|
2020|01|
はやぶさ2計画絶賛応援中


2009-01-29 (Thu)

即席回答

某方面向けに。

えーと製鉄業界との関連性というと、結晶シリコン原料製造じゃないですかね。実際製鉄企業が手がけられることもありますし。

ウエハになってからは一般的な半導体産業と共通する技術が多い。

_

薄膜太陽電池だと工程そのものが液晶とたくさん共通しますね。

ガラス基板の上に透明導電膜載せてアモルファスや微結晶のシリコンを製膜してレーザーでケガいて電極載せて電線くっつけて樹脂とガラスとアルミ枠で封止していっちょ上がり(ぉぃ

CIGSなどの化合物系だと高純度金属原料も多少使います。

_

モジュール化と耐久性の確保がかなり気を遣うところ。これからは組み込みとかカスタマイズも増えそうだし。

というわけでうちもこんなセミナーを開催するわけですが。

_

最近の太陽電池関連技術は一般向けの書籍化が全然追いついてないのです。一部で執筆が進められてはいるのだけど、この情勢でみんな却って忙しくなってたりします…とゆーことでソレが出来るまでは展示会とか学会とかをご活用下さいすみません(汗

来月はPV EXPOがあります。その次は6月にPV JAPAN


Written by "バカ殿"さくらぃ
 [利用上の注意]