壊れたら直そう日記


さくらぃ(櫻井啓一郎)の私的な日記です。なお、最近はもっぱら[ついったー] を使っています。一覧はこちら(twilog)
2004|08|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|09|12|
2012|01|02|04|06|10|11|12|
2013|01|04|08|12|
2014|01|12|
2015|01|12|
2016|01|12|
2017|01|
はやぶさ2計画絶賛応援中


2009-02-05 (Thu)

アクロバット

TX→JR→モノレール→空港の保安ゲート、を全部発車/締め切り前30秒以内で通過するなんて真似をやってしまった。特にTX秋葉原駅の大深度地下ホームから全速力で山手線まで駆け上がるのは死ねる。ぜえはあ。

_

次はもうちょっと余裕を持って出よう(^_^;;


2009-02-06 (Fri)

熊本

ふにふに講演とか。人数だけなら学会でもっと多人数相手に発表することはあるし招待講演もあるけど、企業の人ばかりってのは初めてかも。どきどきどき。

_

背景や技術的なことについてしかリクエストされてなかったのだが、質問や雑談の8割方が政策絡みな罠。その話も入れとくべきだったか…つかこの日記はもうバレまくりですかそーですか(笑)

_

懇親会含めて都合5,6時間ほどぶっ続けで喋りまくり。おもしろかったー。

_

部屋でしばらく謎校正やってから、貰ったお酒少しなめて沈没。ぐー。


2009-02-07 (Sat)

デジカメ入院

昨年末から調子の悪かったDSC-U20をようやく入院させた。

「ご予算は…」

「無制限。」(きぱっ)

だって代わりねーもん。

_

いまのソニーのラインアップってヤワなやつばっかで閉口する。敢えて代わりを買うとしたらリコーかオリンパスか三洋って感じ。

F717やF828を出してた頃の男気はどこへ行った。


2009-02-08 (Sun)

はやぶさ帰途につく

来年6月帰還予定。待ってるぜ。

_

くっ…この目は花粉症だ。花粉症だってば。


2009-02-09 (Mon)

校了

やっと完了。やぱ単著って大変だわー。

ディスカッションやツッコミや情報提供で手伝って下さった方々、ほんと感謝です。指折り数えてみると100人近い (^^;;

正式決定したらまたアナウンスしますにょ。

_

本書いたおかげでちっとは整理できたかな。公開資料の方もupdateするかのう…。しました

メモ

AMAT、オバマ大統領に早急な行動を促す(REM)…うむマジで急いで下さい。このままだとまとめて置いていかれちまう。

SEMIがPVの規格標準化に乗り出す(PV-tech)

1366 TechnologiesがDOEとNRELの予算を獲得(PV-tech)…なんか妙に技術力がある、侮らない方がよさげな企業。

Evergreen Solar、アジア進出を画策中(PV-tech)

アメリカで800MWpのPV発電所計画が始動(ecool)電力会社のPG&Eが主導、国外でも事業化へ。…もー、待ってましたとばかりに。おめー。

絶対やるだろーと思ったけど、一気に800MWpまで行くか。すげー。

三洋と新日本石油、合弁で薄膜を2GWp/a生産へ(ecool)…ビジネスモデルが変わっていく。

2008年の世界の風力発電、またも記録破りの年に(REW)。28%伸張して約121GWpに、市場は約475億ドル。…全世界の電力の1.3%ぐらいになったってことかな。10年で10%行く勢いやな。

米国では過去の記録を全て塗り替えて50%増、25GWpに達して導入量世界一に。経済効果170億ドル。

欧州では65GWpに達して16万人の雇用と110億ユーロの経済効果を創出。ドイツやスペインだけでなく、フランスやイタリアやイギリスなども後に続いている。

G20はグリーン・ニューディールがテーマらしい(ecool)…実際に経済成長も環境保護も両立できることが既に分かってるので、以下略。

シャープは赤字(東京新聞)。三洋は黒字(CNET)。

試算

環境省がREの導入便益を試算(毎日)[朝日][日経][読売][提言本体]。REで1990年比8%削減。太陽光は2030年までに79GWp。…そのぐらいのペースで考えといた方が競争力保ちやすくて無難と思う。万一どうしてもコストが下がらなくなったりしたら途中で考え直すことになるだろうけど、今の開発ペース見る限りは考えにくい。

_

新規にライン起こすような技術は量産化されるまで3〜5年、それが普及するまでさらに数年かかる。だから開発状況を見張っておけば数年以上先のコスト変化もそれなりに読める。いろいろ調べないといけないのは面倒だし他国の市況の影響も受けたりするけど、原油じゃこうは行かない。んで79GWpぐらいまで行くと、だいたい火力のコストに並ぶはず。NEDO式に4%の金利をフルにかけて計算するとまだ微妙に高いが、その頃の値段で馬鹿正直に長期間ローンなんて組むわけがないので以下略。

_

すげーお金もかかるしいろいろ面倒でもある。だがお金がかかるのは全世界共通で、ここで押さえとけばトータルで経済的にプラスの効果が期待できる。それこそ蓄電池足しても元が取れるぐらい。だからこそ各国が力を入れている。

_

ついでに、REは大急ぎでの排出量削減が可能だ。太陽光79GWp分というと年間発電量ベースでも原発8〜10基分ぐらいの電源&排出量の追加削減になる。79GWpで事業用電力を15〜18%ぐらい低排出化できるはず。しかも導入した端から稼働する。

_

あと環境とか経済とか生活とか、どれか一面でしか見れない人には考え方の転換をお勧めしたい。ドイツなどの例を引くまでもなく、これらは全部並立する。しかも「後になって安くなってから」よりも「今からカネかけて始めた」方が経済的にも得になる可能性が高い。逆に、並立させないとたぶん共倒れ。面倒な時代だが、チャンスでもある。

_

…というあたりを俺もデータ付きで本に書いたのだが、環境省の方がもっとしっかりやってるので惜しかった。タイミング次第ではそっちのデータが使えたのだが、まぁ俺のはExcelですぐ確かめられるからそれはそれでよかろ。

_

ともあれ、議論・検討してみて下さい。

とりあえず経済成長と環境保護が両立することは示されてる。でも大金を計画的に動かす覚悟が要る、という話ですわな。形なんかぶっちゃけ幾つでもやり方がある(現状の余剰電力買い取りだって既にFITの一種だ。助成内容が比較的弱いだけで)。課題は計画性・対話・度胸。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

ヤマグチガク [upate&本、楽しみにしてます!早くでないかなー。]

さくらぃ [ども。…なんかもう重刷検討してるらしいっす (^^;;;]


2009-02-11 (Wed)

カオス

久々に家で過ごす。

はー、締め切りのない生活って…なんか逆に落ち着かんのう(ぉぃ)

_

とりあえず、部屋の掃除だな。

議論進行中

アメリカでRE普及促進&景気刺激の法案2つが上下院をそれぞれ通過、すり合わせ作業へ(REW)…これ調整が大変そうだな。こういうのは関係者同士の議論が大切だしもう少し時間をかけたい所だろうが、もう尻に火が点いてるしな。

_

もともと数年前からREに対する態度が急に変わって、ブッシュ大統領が太陽電池工場を次々訪問したりNRELの予算急に増やしたり税控除制度が拡充されたり、準備は進んでた。が、この金融危機まではプランに入って無かったんじゃないか。

_

できるところまで詰めてからあとはエイヤで走り出して、なんか問題が出てきたら修正って感じになるんじゃないかな。

そういうことができるのもREの利点やし。

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

dai [> そういうことができるのもREの利点やし。 エイモリー=ロビンス『ソフトエネルギーパス』の言いたかったことは、ある..]


2009-02-12 (Thu)

ツッコミ

2020年時点の排出量の目標、1990年比で+7%〜-25%まで6案(読売)[毎日]…なんというか。他国より大幅に少ない削減努力のままで

・国内製造業が10年以上も国際競争力を保てるのか

・炭素プライシング(排出権、税制上の差別等)による出費を賄えるのか

・エネルギー源の確保や価格変動のリスクが高くならないのか

とか考えたら、環境重視どころか経済重視なのに。実際、ドイツ環境省の報告書なんかもエネルギーや経済がメイン…環境保護効果についての記述はむしろ少ない。極端な話をすれば環境保護を考えなくても、純粋にエネルギー安全保障や経済効果だけで考えてもどのみちこうした対策は必要で、環境保護の観点はその必要性を強めているだけと捉えることも出来る。

_

失礼を承知で書くとこの数値を見たときの俺の第一印象は「うわ、日本の経済界って本当に大丈夫なのかな」だった。もちろんまだ今後詰めていくわけだし、俺は経済や政治については素人だし、取り越し苦労なのかもしれないが…。

_

(あと、環境保護の観点だけから見てもどのみち対策は必須だ(信じられない人はまだ居るかもしれないが)。要するに世界は複数の問題を同時に抱え込んでて、もう対策するしか逃げ道の無い状態…それもREから原発から省エネから全部必要。)

_

あと読売の記事書かれた方、「環境重視派」とレッテルを貼って済まそうとしてる時点で考え方が古いと思います。だって実際、環境保護と経済成長は対立させずに済むから(対立させようとしてる人はいるかも知れないが、この期に及んでそれは勘弁してほしいな)。

文句があったら、まず取材に来て下さい。私でわかることなら、何でも率直にお答えしますよ。

捉え方

↑上のエントリ受けた某所での会話概要。

_

> 推進派と反対派 … 積極派と慎重派 …しっくりこないな

> 未来重視派 vs 既得権益派 …うーん

> 若者 vs じじばば

> それだ!

> うひw

_

まぁもちろん冗談で済んで欲しいと願うわけですが。

_

あと問題はアメリカかー。なんとかもうちょっと速くならんもんか。彼ら自身もすごく焦ってるのは色んな方面から漏れ聞こえて来るのだが…。

日本がもっと諫めておいた方が良かった、というのは少なくとも結果論としては言えるよな。人を責める訳ではない。だがせめて覚えておきたいところ。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

dai [本当に重要なポイントだと思います。少なくとも日本経団連という団体は「既得権益派」の「じじ」の集合体で、日本経済の未来..]

さくらぃ [うーん。既得権益を「潰す」のでなく、ちょいと「裏返す」だけで済むように思えるんですけど…。]


2009-02-13 (Fri)

ぼそ

性急な反応はよろしくないです。

個人的には半年〜1年ぐらいかけて議論して貰えればいいなと思ってます。

イメージ

20年間の累積で国のGDPに匹敵する経済効果、ってことは年平均5%。ボランティアじゃ絶対に無理。でも化石燃料に代わる経済活動の一部、ならば可能。

_

やっぱそのぐらいの覚悟が無いと。…うーん、こりゃ大変やな(ぉぃ)。

謎フォロー

詳しいことは関係者で相談して決めるべき事でしょうけど、

最初は住宅メーカーが大口で購入してるような比較的安価な新築向けとか大規模設備をメインターゲットにして、コストが下がってきたら既築も増やしていくのがいいかと。

_

これで助成がその分安く済むと思いますが、それがどの程度になるのかは直接関係者に訊いて調べてみないとわかんないかと。

# 数割の単位で安くなる可能性がある一方、開発加速資金も供給しないといけないのでバランス重要。

引っ越し

前に居た部屋がアスベスト対策工事やるってんで、残してた古い書類などをまとめて搬出&整理。…徹夜になってしまった(汗)

やっぱ紙って敵だよな。

決定

25日以降に書店に並ぶそうです

構成としては

・再生可能エネルギーの役割

・太陽光発電の力

・ドイツの成功と各国の状況(ドイツ・スペイン・アメリカ・日本)

・フィードインタリフの効果と導入

・日本を動かす太陽光発電(状況整理と提案)

1−4章は極力客観的&関連データずらり、な感じで。最後の5章で日本の状況整理と、太陽光導入でのFIT利用や、現行制度を改良する方策などを提案してます。

_

私自身としては「FIT入れて〜」じゃなくて、その考え方そのものを知って貰うことを主目的にしてます。要はお金を有効活用するための方策ですから、知っておいて損はされないだろうということで。もちろん採用されれば嬉しいですが、一番肝心なのはそれでなるべく多くの人がハッピーになることです。

青臭い本ですが、某かのお役に立てば幸いです。

本日のツッコミ(全4件) [ツッコミを入れる]

dai [NHKニュース「太陽光発電の電気買い取りを」<a href=http://www3.nhk.or.jp/news/k..]

さくらぃ [なんだろう。どきどき。]

 [自民党すらが言いだしたからです。]

さくらぃ [どうやら、与野党共に後押しして下さったようですね。ほぇー…。なんか最近くだらないニュースが目に付きましたけど、これは..]


2009-02-16 (Mon)

週末+有休一日取って蔵王行ってきた。年明けからろくに週末も無かったけど、骨休め。

_

一日目は気温が10℃もあって雨、とかあり得ない天候だったのでひたすら温泉。二日目もスキーはそこそこに温泉。蔵王だから良かったものの、温泉もないスキー場は潰れていくだろうなこれでは…。

_

しかしあれだ、スキーよりも温泉が有り難く思えるようになってきたな(苦笑

燃料電池考

家庭用の燃料電池が最近賑やかになってきた。熱と電力の需要バランスから言うと、一般的な家庭では燃料電池1kWと太陽光2kWpぐらいを組み合わせるのが丁度良いらしいのだが、一軒の家で両方を揃えるのは負担が大きい。

各家庭に太陽光少々+数軒の家で燃料電池とかいう構成が良さそうに思えるのだが、どうなのだろう。法的な問題が面倒そう?


2009-02-17 (Tue)

ここに謎記事を一旦載せたけど、数日待った方がいいみたいなのでいったんお預けに。

義理の問題ですが。お待ち下さい _(_._)_

うう

飲酒より、経済の一刻も早い回復の方が大切だと思うのは私だけじゃないですよね。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

ヤマグチガク [激しく同意です。民主党もせせこましくあげ足取り反対ばっかしてないで、一緒になって最善案を出せー!と思います。その点、..]

さくらぃ [政治的駆け引きはよくわかりませんけれど、自分の印象では、政策で勝負された方が良いのではないかと思えます。]


2009-02-19 (Thu)

タレコミに反応

まーだこいつらやってんのか。打ち返しとくか。

太陽光発電のFAQ(材料用スライド集;エネルギー収支編)

リンクはご自由にどうぞ。転載は応相談で。

_

デマまで使って人の足引っ張らないと、存在意義を主張できないのかよ。甘えてんじゃねぇや、まったく。

異分野

同僚にMPPT(最大電力点追従回路)って何だと訊かれてずっこけた。

一口に太陽光発電と言っても関連する分野は広い。素子そのものに特化してると、確かにそんなもんかも知れん。

_

さらに他の材料系や再生可能エネルギーや原子力や温暖化まで押さえるとなると、膨大な量の知識が必要になる。これ、たぶん年食った人にはつらい。そこを狙ってデマを流す輩も居る。

_

とりあえず、原子力の教科書まで読んでる太陽光発電関係者なんてそんなに居ないだろう。どう役に立つのか知らんが。

本日のツッコミ(全6件) [ツッコミを入れる]

FIRST [せんせー、全部読むのが大変なので、最初のスライドにまとめを書いてくれるとうれしいです! あとFAQならぜひ一問一答形..]

dai [以前、薄膜結晶シリコンを想定して簡単にコスト計算したら、製造原価の大部分はアルミとガラスなんですね。△マークを付けま..]

dai [補足。上記「製造原価」は素材の原価のことです。]

さくらぃ [ツッコミありがとうございます(わーい)。 FAQはこれから一問一答形式に落とし込みますわ。 経済効果関連のまとめも加..]

しな研 [太陽光発電のFAQ(材料用スライド集;エネルギー収支編)  素晴らしい! 参考になります。  またきます。]

さくらぃ [ここにあった、匿名には過ぎた要求をする書き込みは消去いたしました。]


2009-02-20 (Fri)

相談方法

某所でふにふに講演。なんかだいぶ広まってきた印象。へぇ、Iさんも反対しなくなったんだ。ドイツやスペインの生情報仕入れたり。ドイツは合宿方式かぁ、すげぇなぁ。一方のスペインはすげー行き当たりばったりやな(苦笑

_

日本も各関係者がだんだんオープンに意見表明するようになって、見てて嬉しい

…んだが。次はJPEAさんじゃないのかな。

_

要するに他の産業は一種の”出資者”になるわけで。「開発資金が必要というのは、あなた方?」とメガネを上げながら問われたら、それに返答する番じゃないでしょうか。

_

部外者なのは重々承知なんですが。

どこに要るか

僕が危機感を持ったきっかけは、研究所に持ち込まれる研究〜パイロットラインレベルの機器に海外製がすごく増えてきたから。しかも薄膜とかプラズマとかウェットプロセスとか、わりと汎用性のある技術なのに、適した製品は海外製しかない、というケースも出てきている。僕が把握している限り、この傾向はこの数年で特に顕著だ。

_

生産企業がどう認識しているかは僕には漠然としかわからないし、業界内でも見方が分かれるかも知れない。

でも最終的にはそういう生産機器や原料などの部材を供給するところに開発資金が行かないと、結局はジリ貧のはず。

本日のツッコミ(全6件) [ツッコミを入れる]

dai [(有)イーズ(枝廣淳子さんが代表)が固定買取価格制に対するアンケートを実施。http://daily-ondanka..]

さくらぃ [情報ありがとうございます。勉強になります。 金銭的負担の影響などもわかるのがいいですね。]

FIRST [http://www3.nhk.or.jp/news/t10014367821000.html これってさくらぃさ..]

さくらぃ [これまで聞いた内容を見る限りではそう思えます。すげー(いろいろ感動中)。]

dai [ヤエスでワゴン売りですか。スゲー。これからはさくらぃ先生とよばなくちゃ(^^)。ご指摘にもありますが、スマートグリッ..]

さくらぃ [PVEXPO行ってきましたが、自分の本が平積みで売られてるのを見るのはなんか不思議な感覚であります (^^;;;]


2009-02-22 (Sun)

スキー

学生さんと同僚連れていつもの尾瀬岩鞍。

コンディションは悪くないが、今年は雪が少ないせいで妙に混んでいる。

_

人混みを避けて西山の比較的空いているところで滑っていたのだが、

追いついてきた人が目の前に飛び出してきて衝突。向こうは無傷ですんだが、こっちは左肩をしたたか打ってしまった。骨まではいってないようだが、こりゃ暫く右手しか使えんぞ。

_

というか俺を追い越すほどのスピードを出すのは、トラバースする前に横や後ろを確認できるようになってからにしなさい。もっと叱っておくべきであった。

_

ええいそこ、「壊れたようだからバラしましょう」とかゆーな (><)


2009-02-24 (Tue)

速報

皆様の進言が通じたようです。

太陽光発電、家庭からの購入価格2倍に 経産省が新制度(日経)[毎日] [産経] [朝日]。電事連も協力の意向とのこと。

_

まだ確認がとれませんが、これが本当でしたら、英断に心よりの敬意を表します。微力ながら、私もサポートさせて頂きます。(_._) 確認とれました!

_

記事内容にある50円弱という額や10年という期間も適正水準と思います。

・ドイツの額は50数円/kWhですが、日照量(発電量に直結します)が日本の方が多いので、日本での適正額は2〜3割安くなるはずです。真面目に計算すると日本も50円を超える額になってドイツと合わないのですが、おそらく両国とも通常のコスト計算で考慮されていない各種便益も普及を後押ししていると思われます。(2/25 04:30) 慌てて「日本より」と打ち間違えたのを修正。

・年度ごとに下げるのは必須です。市場価格は助成金の分だけ上がる(これが各企業の開発加速資金になる)ので、実際の生産コストがどれだけ下がったか、助成金が有効に使われているかを定期的にチェックして、それに応じて調整する必要があります。

・最初の10年でだいたい元が取れる(+その後の稼働で長期預金程度の利回りが期待できる)ようにすれば、助成制度による促進効果も同程度にできるはずです。(ドイツは比較対象となる長期金利が日本より高いので、その分割り引く必要があるはずです。)

・既存の設備への助成については、今年度の買い控えや既存設備の無用な買い換えを防ぎ、故障した際にも継続して使って貰うために必要となります(これを同時にアナウンスされた点は個人的に感動)。これまでの他の助成制度との重複に配慮する作業が少々面倒かと思いますが、これまでのせっかくの資産を無駄にせず、関係者の信用を得るために価値ある判断と思います。

_____

太陽光発電は凄い費用がかかりますし、導入に際していろいろと手間もかかります。でもこれまでの実績やいまの開発状況を見る限り、導入の努力は短期・中長期のいずれも、また経済・エネルギー・環境のいずれの面でも国益に貢献できる可能性が高い技術です。

先日の環境省の見積もり経産省による検討でも、費用は年数千億円〜数兆円単位に及ぶと試算されています。しかし費用がかかるということは同時に雇用や経済成長にも貢献できるということも意味します。結果、その便益は日本においても費用を遙かに上回ると見られます。

_

今の日本は(世界も)、エネルギー・経済・環境でそれぞれ大きなリスクに直面しています。太陽光発電(や再生可能エネルギー)は万能ではありませんが、これらの問題の解決に欠かせない貢献ができるはずです。

今後いろいろとお手数もかけると思いますが、リスクだらけの状況からチャンスをつかみ取る手段としてご活用頂ければ幸いです。

技術に携わる者のはしくれとして、よろしくお願いいたします。_(_._)_

_

制度的には現行の余剰電力買い取りの法制化とか欧州スタイルのFIT(固定価格買い取り制度)そのものにしちゃうとか色々考えられますけど、そのへんは関係者のお好みで決めて頂ければええかと。

利害関係者同士で今後の計画を相談するのは助成制度としての計画性や費用対効果を上げる上で重要と思いますので、腹を割ってじっくり相談して頂ければ良いのではないかと思います。

_

私も相談頂ければ、できる限り客観的な意見をお返しします。

なお全体的にはなるべくシンプルな制度にされた方が、結局は利益が大きくなるだろうと思います。

_

地道にご活動されてきた皆様、まずは一歩前進に心よりのお祝いと謝意を。大変なのはこれからの調整作業ですので、関係各位の議論のサポートをお願いいたします。

_

いやしかし、鳩が豆鉄砲食ったような気分ですわ。参りました(笑)

質問へのフォロー

税金と電気料金は一長一短ですね。

_

・税金(補助金など)

長所:電気料金での負担が減るので短期的な悪影響を押さえやすい、導入者の初期負担が減る

短所:毎年の予算に左右されるので計画性を失いやすく、タイムリーで細かい調整がしにくい。国債で負担が後世に残りやすい

_

・電気料金(FITなど)

短所:電気料金が上がる(即時の負担になる)

長所:計画性を保ちやすい、タイムリーで細かい調整がしやすい

大口需要家とか低所得者層の負担への対策も必須です。すごい打ち間違いしてました、すみません(汗

_

電気料金主体で、税金財源を補助的に使うような感じにするとうまく行く例が多いようです。

質問へのフォロー2

(1)…この発表だけではイコールかどうか確証は無いです。ただ余剰電力分だけが対象と言っても

・補助金や税制上の優遇措置もある

・日本は新築時の取り付けが多い(既築よりも安い)

ので、50円弱でドイツと同等の効果が期待できるのではないでしょうか。既築の場合は最初は元が取りにくいと思いますが、数年して流通コストが下がってくると既築もターゲットに入ってくるはずです。

_

まだ漠然とした情報だけですが、制度形態的にはFIT・FIP・補助金などのハイブリッドを検討しておられるのではないかと。FITの考え方も入ってますが、「日本式買取制度」って感じですね(笑)。

_

一点フォローが必要なのは、企業などでの設置ですね。家庭と違って平日昼間は基本的に余剰電力が出ないので、恩恵が少ない。企業については別枠でフォローされることになるかも知れませんね(最初から全部やるのはマンパワー的に大変そうなので、制度が走り出してから後ほど改めてフォローすることになるかと)。

_

(2)…まだ検討はこれからと思いますが、みんなで参加できる型式の発電所(市民発電所)はドイツなどで成果を上げてますし、日本でも有効でしょう。ちょっと大きな屋根のある建物にみなが何口かづつ出資して設置するタイプで、自宅の条件が悪くても参加できますし、まとまった量を購入するので全体的なコストも減らせます。ただし、詐欺や粗悪品には注意が必要!

_

なお、大規模な設備を一カ所に置くのかそれとも個人宅に分散しておくのかについては、当面は量が小さいので適当に半々ぐらいに決めといて、様子を見て調整していけばいいかと。

_

(3)…価格を半額にできる時期ですが、「市場価格」ですと助成金そのものが影響したり国外市場の影響を受けるのでやや不確実ですが、「生産コスト」ならば5年ぐらいでマジで半分にできるんじゃないかと言われています。それができそうな程度の技術はあるんで、あとは流通量拡大などがどれだけスムーズに行われるかだけが問題と見られてます。

というかFirstSolarなどの海外メーカーでは(比較的低性能ではあるけれど)既にかなり生産コストを引き下げてるんで、これ以上モタモタしてたら置いて行かれてしまいそうです(汗)

_

とりいそぎー。

質問へのフォロー3

海外からの製品の流入については、

・流通コストを下げる効果があるので、特に最初のうちはある程度はあって良い。特に、質の高い製品は競争を刺激するので良。

・ただし過剰な流入はだめ。また粗悪品はどんな場合でもダメで、見つけたら速攻で叩き出す必要あり。

という感じではないかと。

_

関連法整備とか、稼働状況の統計調査とか、これは行政の出番かと。

民間レベルですと、たとえば日本にも製品のテストや評価をやる専門誌が出てくるといいかも知れません。

質問へのフォロー4

解説書ですが、英語でしたら下記の2冊がバイブルと呼べます。

Feed-in Tariffs: Accelerating the Deployment of Renewable Energy(Miguel Mendonca)

Feed-in Tariff Designs(Arne Klein)

私も参考にしました。

_

日本語ですと、期せずして拙著が現状唯一の解説書かと(大汗)

いまのところ下記での取り扱いを確認してます。

セブンアンドワイ

Yahoo!ブックス

アマゾンはまだみたいです。

_

八重洲ブックセンターではワゴン売りして頂けるそうです。

また明日からのPV EXPOで日刊工業新聞さんが即売して下さるそうです。

_

印税につきましては、半分は職場に入れて、若い人たちがいい研究をしたときの賞金などに使わせて頂きたいと思います。残り半分は資料代や本の配布資金にあてさせて頂きます。_(_._)_

# 私費でかなり賄ってるので、まぁたぶん赤字っす(笑)

質問へのフォロー5

情報通信産業への波及効果

思いっ切りあるはずです (^^;;

太陽光発電に限った話じゃないんですけど、火力発電による調整機能が今後減っていくので、それを補うために電力会社の送電網を強化する必要があるはずなんですわ。要するに電力インフラそのものの改造ですね。

スマートグリッドとか系統の安定化って呼んでますけど、よく言われる蓄電池だけじゃなくて、需要側の電力機器との連携とかスマートメーター化とか色々な対策が必要じゃないかと見られてます。先日の経産省や環境省の見積もりで概算だけ検討されてますが、費用が20年間で3.5〜5兆円ぐらい(もっとかけるかも?)で、情報通信機能の強化が中核的な役割を果たすと見られてます。

具体的な検討はこれからなんで、これから食い込む余地も大きいかと。

_

これ、電力制御とか蓄電などの技術は潰しがきくし、送電網の効率や機能性も向上するんで、手間と金はかかりますが色々と美味しそうです。

また今の検針の人手は他に振り向けることになるかもしれないですけど、全体的には雇用が増えるんで、むしろそうしないと人手が足りなくなって困るんじゃないかと思います(汗)。

降参

もう今日はこのへんでご勘弁を(ひ〜)

本日のツッコミ(全6件) [ツッコミを入れる]

ヤマグチガク [僕が気になったのは以下数点なんですが、どうなんでしょ? 1.「電力会社が約10年の間、当初は従来の2倍程度の1キロワ..]

さくらぃ [ども。とりあえず集まった情報の範囲でフォローしました。]

dai [書き込み場所を間違えた。ここに書くつもりで02-20に書いてます。]

さくらぃ [そっちにフォローしました。 んで保留してた3番への回答ですが、これは「市場価格」じゃなくて「生産コスト」で論じる..]

ヤマグチガク [2)の市民発電所については、発電専門の場合は買取対象にはしないというコメントが日経産業にありました。あくまでも余剰電..]

さくらぃ [公共の建物がたくさんありますので、当面はそれで十分じゃないでしょうか。 ”発電専門”については今後の系統の設計とも絡..]


2009-02-25 (Wed)

反応あつめ

PV EXPOうろつき中。去年より広くなった。人も多い。特に午後。

政策の話はまだあまり行き渡ってない。というか会った方々との話や各方面からの問い合わせなどから判断するかぎり、今回の発表内容は少々「わかりづらい」ようです。…「日本版フィードインタリフ(FIT)」と呼んでしまった方がインパクトがあるようです。それだとすぐ通じやすいです。(「何ソレ?」「ドイツなどが使ってる方法です」「あーなるほど」という感じで(汗))

_

経産省案について質問を多く受けたので、私の見方を記します。

・助成水準は見た限り適切で、使い方次第で現状の大幅改善が期待できる。特に投資回収年数を10年にする、コスト低下に合わせて減らしていく、というところが決定的に重要。

・形態的には、スパッと欧州風のFITに切り替えない点は制度効率の面からみて不安要因になり得る。でも既存の枠組みに馴染むという点からは利点。どちらも一長一短。

・発表内容を見る限り、買い控え防止などの要点も押さえている。

・残る検討事項については関係者同士で相談、もしくは走り出した後で逐次フォローすればなんとかなりそう。

・まずはこの案について各関係者が検討して、意見を交換することが大切じゃないでしょうか。

という感じです。

内容的には欧州などのFITに日本風のアレンジを加えたもの、と理解できます。助成額の比率から言ってアレンジしたFITが全体の3/4ぐらい、補助金などが1/4ぐらいのようです。

---------

以下は質問された内容に基づいた補足です。

_

ドイツ式との相違点まとめ:

・補助金や税制優遇も組み合わせてる(これは他国でも例あり)

・主体は2種類のFITの組み合わせになっている

_(1)余剰分は定額で買い上げるので、この部分はドイツなど多くの国で採用されている一般的な(固定価格の)FITと同等。

_(2)自家消費分は電力料金と相殺するので、たとえば20数円で買い上げるのと同等。電力料金と共に変動するので、この部分はスペインの風力などで用いられている「プレミアム型のFIT」(feed-in premium, FIP)とみなせる。

日本の家庭だと余剰分と自家消費分は大体半々なので、2種類のFITの折衷案になります。これは独自色が強いです。

この形態の場合、将来化石燃料の価格が変わって電力料金が上下した時、そのリスクを電力会社(ひいては電力消費者)と設備の設置者で分け合う形になります。(一般的な固定型やプレミアム型ではどちらか一方が価格変動のリスクを負う。)

_

これで将来の電力料金が変化した時はこんな感じになります:

・化石燃料がまた値上がりするなどして電力料金が上がった場合、設置者にとっては自家消費分は相殺されているので嬉しい。電力会社にとっては余剰分は固定価格で手に入るので、これも嬉しい。

・逆にもしも化石燃料がもっと安くなったら、両方ともそれなりに悲しい。

_

一般的なFIT形態との比較:

経産省案利点

・日本人は既に余剰電力買い取り制度に馴染んでる

・自家消費分は相殺するほうが理解されやすそう

・電力価格変動リスクを折半できる

一般的FIT利点

・シンプル

・設置者の需要パターンに影響されない

・投資リスクが減る

なお、2択じゃありません。この他にも「全量買い上げだけど、買い上げ価格をある程度だけ電力料金と連動させる」などの選択肢が考えられます。

肝心なのは「どんな制度にしたいか」なので、いろいろ検討してみて、必要な仕組みだけ組み合わせるのが宜しいかと。

_

留意事項のまとめ。クリティカルではない(とりあえず出来る範囲で走り出してからでも順次フォロー可能)ですが、検討には値するでしょう。

・制度が複雑になると余計なコストがかかる/効果が薄れるリスクあり

・余剰電力のみの場合、企業など余剰電力の少ない設置者には恩恵が少ない(これは現状でも助成が別枠扱い)

・他の再生可能エネルギーも今後ある程度加えた方が得ではないか(統計とかコストなどの基礎的データがまず足りなくてみんな困ってるみたいですが)

_

いずれにせよ大きな前進ですし、制度設計や運用次第でドイツ並みの制度的効率も期待できると思います。

というかですね

・アマゾンにも載ったんで、ぜひご一読下さい(笑)

波に乗れ にっぽんの太陽電池

本日のツッコミ(全9件) [ツッコミを入れる]

zonnecellen [ご無沙汰しています。日本も状況が大きく前進したようですね。おめでとうございます。1〜2年前は、「電力会社(一社を除く..]

さくらぃ [結局はその方が商売になりそうだ、っていう話ですから :) 系統安定化の費用も、今のところ便益の方が桁違いに大きそうな..]

dai [太陽光発電を突破口に、他の自然エネルギーにも固定価格性の適用を広げる、という戦略を考えていました。で、ふと気付いたの..]

さくらぃ [いやいや、制度なんてどうにでもなりますから。たとえ一般的形態のFITがそのまま導入されても、使う気になって貰わなきゃ..]

さくらぃ [というか、エネルギーや経済の観点からもっとアピールしないといかんです。ある程度の技術的要件さえ満たしてれば、環境保護..]

やあ3 [おお、やってますねえ。 金曜日はPV EXPO現地にこられますか? 僕は水、木と歩き疲れましたが(3万歩) 明日も午..]

zonnecellen [なるほど。電力会社も宗旨替えをした人が多そうですね。 >系統安定化の費用も、今のところ便益の方が桁違いに大きそうな見..]

さくらぃ [> PV EXPO 水曜は最低限の用事だけでつくばに戻る羽目になりました。明日は行きますよー。 >情報ソース ht..]

やあ3 [お、それではあす現地であえますかね? 久々ですね!よろすく!]


2009-02-26 (Thu)

べっぷし

うう、今日は妙に花粉が多い。薬の服用間隔を縮めて対処。

_

今年の漢方薬は葛根湯+桔梗石膏のみ。去年の後半に使って成績が良かったのだが、シーズン当初からでも効くようだ。副作用も殆どない。だいぶ処方を最適化できたな。

_

なお、上記は俺の症状や体質に特化した処方なので注意。

漢方薬を試してみたい人には、そのへんのマツキヨとかで売ってる「小青竜湯」が定番。

本格的に使いたい場合は、漢方医にもっと合った処方を見立てて貰うべし。処方箋出して貰った方が安いし。


2009-02-27 (Fri)

milestone

First Solar、2008Q4で生産コスト1$/Wp未満に一番乗り(PV-Tech)…2012年と予想されてたのをあっさり4年前倒し。

1$/Wpはgrid parityの目安ね。

_

このFirstSolarの社長さん、昨年12月のPhotonのカンファレンスでこんなことを言っていた。「ドイツがFITを始める前は、砂漠で冷蔵庫を使うためとか、ニッチ市場しか考えてなかった。FITがあったからこそ、欧州に大きな工場を建てて一気に量産をはじめることができた。」

冷蔵庫と組み合わせたカワイイ規模のシステムの構想図を見せて、会場の笑いを誘っていた。

ぼそっ

日本みたいな狭いとこで足の引っ張り合いしてる場合じゃないっつーに。組み合わせてナンボやがな。

あら

amazon在庫切れとる。

PV EXPO会場はまだあるはず。八重洲もあるんちゃうかな。

PV EXPO

人に会うためにお出かけ。随分久しぶりの人も。やあ3も会えた。そうかもうそんなにご無沙汰でしたかー。

_

会場は混雑してて、去年より拡げたけれど既に手狭な印象。そのうち一棟丸ごとになるのかな。二次電池・燃料電池と合わせて「電池」で会場全部借り切りとか楽しそう。

_

本はそれなりに売れてるみたいで良かった。つかえらくプッシュして貰って面映ゆい。(汗

でもEXPOは現場の人が多いんで、「トコトン」の方がやっぱり良く出るな。つか去年よりだいぶ多めに持ってきたのにさっくり売り切れたそうで、出版社の人も驚いていた。興味を持ってくれる人が増えたんだなー。

_

会場での商談風景もあちこちで見かけたし、ようやく火が点いてきたかな。

本日のツッコミ(全4件) [ツッコミを入れる]

dai [さくらぃさんは、下記「緑」の話について、どういうご見解をもっておられますか?(mixiの、ピークオイルコミュ内のペー..]

さくらぃ [このへんが元ネタかな? http://www.csiro.au/news/Trials-for-printable-..]

ほりほり [出版おめでとうございます。いつも勉強になる情報ありがとうございます。さっそく本屋さんで手に入れてまいりました。静岡の..]

さくらぃ [いやまさか私のようなヒラ研究員など(笑) でもちょうど解説書として役に立てそうで良かったです。ありがとうございます..]


2009-02-28 (Sat)

めも

代替エネルギー導入によって半導体市場には高い伸び率が予測される(EETimes)…そうなんだよなぁ。

これで仰天したヤツぁまず俺の本和田木さんの本でも読め。話はそれからだ :D

_

ナショセミCEO、今後の半導体市場を語る(EETimes)…バイパスダイオード使わずにセルストリング毎にアクティブ制御する話かな。もう実用化されるのか。

三菱、150角多結晶セルの効率で18.9%をマーク(PV-tech)。…やるゥ。

東京エレクトロンがエリコンと提携(PV-tech)…なんだろう。

Wacker Chemie, テネシーに220ヘクタールの土地を確保して10億ドルのシリコン原料プラントを建設へ(PV-tech)…やっぱりか。

中国Suntechが日本市場へ(REW)…ぬぅ。

太陽光+熱利用(GTM)…この手の製品は昔から出ては消えてるんだが、今度はどうだろう。

太陽電池に蓄電機能も一体化(EETimes)…面白いな。

三洋など各社が薄膜太陽電池市場へ(EETimes)…三洋は結晶も薄膜もノウハウ持ってるから強いな。しかし薄膜は体力勝負な要素も強いので、気が抜けないぞ。

欧州委、気候変動対策費用を試算(ecool)…費用つーか、市場な :D

フラウンホーファー、今度は風力の研究所を設立(ecool)…もう欧州版のNRELやな。

オンタリオ州、FIT導入へ(REW)。…カリフォルニアに続け。

英でもグリーンニューディール案が提案(reFOCUS)…Electrification of all ground transportとか入っとるな。

カリフォルニアで今度は太陽熱で1.3GW規模の発電所がGo(reFOCUS)…続々と。


Written by "バカ殿"さくらぃ
 [利用上の注意]