壊れたら直そう日記


さくらぃ(櫻井啓一郎)の私的な日記です。なお、最近はもっぱら[ついったー] を使っています。一覧はこちら(twilog)
2004|08|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|09|12|
2012|01|02|04|06|10|11|12|
2013|01|04|08|12|
2014|01|12|
2015|01|12|
2016|01|12|
2017|01|
はやぶさ2計画絶賛応援中


2009-03-01 (Sun)

タレコミに反応

また面白い動きが。そう来なくっちゃぁ。

太陽光発電に関する新たな買取制度の創設に関する二階経産大臣の発表

_

今回の発表のポイント:

・新築だとたぶん投資回収年数が10年ぐらいになるところが多い。既築だと最初は15年とかそんな感じかと(いずれも、各自治体の助成内容とか個々の案件の設置条件に左右されますが)。これはいずれも適切。

・でも制度の継続期間は3〜5年、価格目標も半額のところまで。つまり、太陽光発電業界がこれまでに公式に表明したところまで。

_

私の見方の要約。

・「出資側」の最初の提案としては、パンチが効いていていい感じ。

・次に必要なのは「出資を受ける側」、すなわち太陽光発電業界・部材供給業界側からの意見表明。

・各利害関係者全員の利益の観点から考えると、制度が固まって走り出しちゃう前に業界側から一押し欲しいところ。

----------

私の見方の詳細:

今回の内容だけではどの関係者にとっても、継続期間も価格目標も全然足りない。でも日本の太陽光発電業界ってまだ

「我々に投資してくれれば、半額ぐらいまでは下げられますよ」

ってところぐらいまでしか公式に表明していないはず。一応シャープさんなどが学会などでその先の見通しについても言及しておられるけど、国全体に向けた声明としては出てないはず。

で、今回は「出資側」の関係者から

「ほほう。じゃあそこまでは出資しましょうか。(で、その先は?)」

と表明した状態ですよね。

_

もちろん「出資側」としても「その先」が欲しい(それがなきゃ意味がない)はずですけど、相手が「ちゃんとコストダウンに使います!」と表明しなけりゃ、投資のしようが無いんじゃないかと。特に日本の場合は太陽電池専業のメーカーが殆ど無いし、助成を他の事業に回されたりしたら困るんで。

---------------

助成ってのは厳しくも甘くもできますが、甘くするとすぐ無駄が出るので、手綱を緩めちゃいかんと思います。そうしなきゃ、国際競争なんて勝てる訳がない(厳しすぎてもダメですけど)。

_

今度は業界側から

「その先について○年の投資を保証して頂ければ、我々もさらにこれだけのコストダウンの努力をすると約束します。これによって、コストダウンがこれだけ加速することが期待できます。現時点での実現可能性はこれこれこんな感じです。投資・開発状況も定期的に報告します。」

って表明が必要じゃないでしょうか。それも「出資」するのは結局国民なわけですから、オープンに表明しないと筋が通らないでしょう。

_

欧米ですと、業界団体がちゃんと意見表明してます。

・欧州:EPIAがたくさん文書をリリースしてますが、たとえばこの報告書に各国での進捗状況や今後の見通しがまとめられてます。

・米国:SEIAが業界として意見を出してます。現在サイトのメンテナンス中(汗)のようなのであとで適宜フォローしますが、とにかくこれも日本よりずっと積極的に活動してます。

(追記)公式サイトには政策に関する内容が揃ってます。たとえば昨年のITC延長に際してはこれだけの雇用を生みます!と表明したり、マメに活動してます。

_

ドイツ環境省など監督官庁も報告書将来の見通しを出してますけど、業界側からもオープンな意見表明がないと、助成制度の効率って維持するのが難しいと思います。

日本的文化に合わない、って意見もあるのは承知してますが、それって結局「好み」じゃないですか。「好み」と「累計数十兆円の経済効果」(&相応のリスク)を天秤にかけたら…どちらを取られます?

_

またここで一つ、関係者にもまだあまり認識されてない課題があると思います。

開発を加速するための投資が要るのは、太陽電池生産企業だけじゃないです。生産設備とか原料とか、部材を供給する企業も忘れてはいけません。むしろこういう中小企業の方が、助成の計画性を必要としているはず(このへんは和田木さんの本が詳しい)。ですので部材を供給する業界からも、連名で上記のような声明があると良いんじゃないかと思います。

_

というわけで助成を受ける側も、ここらでハラくくる必要があるかと。:D

_

とりいそぎ、思いついた範囲で。

_

私も所詮傍観者の立場ですので、もしも的外れの内容が含まれてたら言って下さい。>お心当たりの方々

「何余計な仕事増やしとんじゃワレェ、忙しくてしゃーないやんけ」などの恨み言については…聞き役ぐらいは致します(^^;;;

本日のツッコミ(全13件) [ツッコミを入れる]

zonnecellen [とりあえず、良し悪しは別にして・・・ 日本の場合は、ほとんどの法案が、官僚が素案をまとめて大臣が発表した時点で、国..]

zonnecellen [連投失礼。 多分、経産省のまとめ役をやったお役人さんは、業界団体に対してこんな風に思ってることでしょう。「オマエ達..]

さくらぃ [政治的なことは私は興味ないです。ただ言えるのは、ほんとに数十兆円規模の経済的影響がかかってると気付いたら、そんなもん..]

さくらぃ [(ここにもう一言書いたけど、やめ。俺が言うことじゃないや)]

まま [えー。「太陽の党」って新しい党作って政界に殴り込みするんちゃうのんー?キャッチフレーズは「永田町を直そう。直らなかっ..]

さくらぃ [おれはそんな器量ねえっつーの (><)]

zonnecellen [>政治的なことは私は興味ないです 業界団体とて政治で動いてるからしょうがないですよ。 >ほんとに数十兆円規模の経..]

さくらぃ [私がこれまで色んな人に訊いたところでも、日本では業界の中でも意見が分かれてますね。まずそこからかなぁ。 もー、面倒..]

さくらぃ [内外の情勢変化を踏まえて補助金を復活させたり助成強化の方針を打ち出すとか、素直にすごいと思います。なんせ動くお金の単..]

zonnecellen [粘着してるわけではありませんが、本文に少し気になる表現があったもので。 >特に日本の場合は太陽電池専業のメーカーが..]

さくらぃ [ああそれ。助成をするからには当然費用対効果を考えなきゃいけないんですけど、これが人様と話してると、「助成=採算度外視..]

zonnecellen [助成の個々の案件の提案書や報告書を見れば、かなり緻密に数値目標が書き込んでありますよね。個々の案件の助成額が実際いく..]

さくらぃ [ああなるほど、実際のやりとりはされてるけど表には出てきて無い、ということですか。 まぁまず関係者同士で話し合いが出来..]


2009-03-02 (Mon)

キャンペーン

NGOの方々(GEINさん)のキャンペーンページ

これはわりと客観的にデータを紹介してて、先頃の環境省の分析経産省の発表の背景解説としても好適な内容になっている。俺の固苦しい本よりよっぽどいい(笑)

_

個人的にも俺は再生可能エネルギーが普及するなら月数百円ぐらい喜んで払ってしまうので、趣旨にも賛同

…なんだけどその宣言どうしても言わなくちゃダメっすか。はぅん。やるぞ!日本!Yes100円!

_

つか俺も贅沢好きな日本人なので、温暖化ガスなぞ気にせずにエネルギーを使える世の中にしたいわけですよ。俺の知ってる限りだと、できると思うんだな。


2009-03-03 (Tue)

これから要ること

助成制度自体はとにかく走り出してからでも関係者間で調整できるようにしておけばいいはず。

_

見落とされがちだが重要なのが系統安定化だ。必要な技術は既に太田などの実験で出来てるし費用の概算も済んでるんだけど、どこにどの技術をどれだけ使ったらいいか、ということはわりと「やってみないとわかんない」部分がある。インフラ整備の一環として、費用をきっちり手当てしていかないといけない。

_

系統安定化はなにしろ面倒くさい (x_x) し電力会社にとっても負担のはずだ。でも 火力発電所を 火力発電の運転量を減らす以上、どのみち避けられないことでもある。

_

まだ「スマートグリッド」と名の付くほど大げさな話じゃないけど、電柱の上のトランスをSVCと呼ばれるタイプに交換するとか、単独運転に関する取り決めを作って系統連系協議の手間を省くとか、そのあたりから取り組みが始まるんじゃないかな。

早めに始めれば景気対策にもなるし、ノウハウを今から溜めておくことで電力会社や関連産業において今後息の長い商機を生む可能性が高い。手間を掛けた分だけチャンスも拡がる。

引き下げ間隔

結晶シリコンモジュールの値段みてて思ったんだが、今年からドイツでのタリフ引き下げ速度が上がったせいか、昨年末にずいぶん駆け込み需要があったように見える。これから結構な速度で下がるんじゃないかって言われてるし、ギリシャみたいに引き下げ間隔を半年ごとにしてもいいかもね。

個人的印象

最近の環境省や経産省の動きに触発されて僕のところにもいろいろ情報が集まってくるので、感じたことをそのまま流します。主観的情報なんで、参考程度ですが。

_

・とにかく経済的に影響力がでかくて放っとけない、という認識は広まってきてる。

・放っておくとどの程度ヤバイのか、どこに力を入れたらいいのか、ってあたりはわりとまだ認識がバラバラ。

・生産設備とか原料などの部材を供給する産業の方が政策の影響が切実で、しかも液晶とか半導体とかそういう他の産業への影響も大きい。

・ところが、当の太陽電池メーカーでも部材供給産業の重要性を認識してない所があるようです(汗)

_

部材も国内で調達できなかったら経済効果が減っちゃうし、為替変動などのリスクもしょいこんでしまうのでロクなことがないはず。

_

とりいそぎ。


2009-03-05 (Thu)

わらわら

今日はなんかEUから視察団が。抜かりないのう…。


2009-03-06 (Fri)

帰省

久々に帰省。正月以来か。

わーい

・拙著を色素増感太陽電池の内田"くろっぺ"先生に取り上げていただきました。ありがとうございますー。(^^)

_

色素増感は先日のPV EXPOでも各社さんのモジュールが展示してあって、今後が楽しみなのです。内田先生のサイトは最新情報が豊富なので、初めての方は是非一度チェックを。


2009-03-07 (Sat)

めも

シャープの堺工場、建設だけで経済効果2400億円(産経)[[ビジネスアイ]。一日平均7000人の雇用、経済効果の額は府の公共工事予算に匹敵。…ってすげぇな。

東北電力、八戸にメガソーラー建設へ(毎日)…うん。まずは使ってみて下さいな。

OKIがパワコン事業に参入(環境ビジネス)

韓国が2008年は274MWpを導入して世界4位の市場に(GTM)

Veecoが韓国メーカーにCIGS太陽電池製造機器を納入へ(PV-tech)

オバマ大統領、ドイツや日本に続けと演説(reFOCUS)…いやもう太陽光の市場では既に日本越えてるでしょうな :D

米PG&E、今度は250〜500MWp分の太陽光発電プラントを建設へ(REW)。1〜20MWpぐらいの"中規模"プロジェクトを中心に5年計画で。…このぐらいの規模の設備も、案外手頃でいいな。ちょっと大きめの企業とかショッピングセンターなら設置できるところが多そうだ。

米国でスマートグリッド化を促進する法案のドラフトがリリース(GTM)

米国でセルロースの商業生産工場が建設へ(REW)

トウモロコシバイオ燃料を批判する研究報告が米国で発表(REW)。トウモロコシは土壌に蓄えられた炭素をむしろ失わせる。セルロースなら蓄積させる。

富士経済、燃料電池市場が2020年に1.3兆円になると予測(Tech-on!)

めも

なんかどんどん慌ただしく。

三菱商事がスペインのアクシオナ社と提携、ポルトガルの46MWp太陽光発電所事業に参画(47News)

三菱化学、太陽電池事業化へ新組織(ビジネスアイ)。有機薄膜太陽電池を手がけてる。ほかにも素材メーカー系の動きが活発。…こないだのPV EXPOでも試作モジュールを展示してて、見ててワクワクするものが。

クラボウが新型EVA樹脂を開発、キュア工程を短縮(日刊工業)…時は金なり。

[山口県、メガソーラ誘致の意向](中国新聞)…あ、そうか。そりゃ誘致したくなるわな(ぉぃ)。それを考えるとメガソーラも急ぎたい理由があるか…。最初から制度に全部詰め込めるんやろか、3〜5年で市場を8倍(=生産コストがだいたい半減する規模)まで大きくできるやろか。技術的にはできるやろけど、純粋にマンパワーだけが心配(だからこそ雇用対策になるんやけど)。

愛知県、補助制度を拡充へ(日経)…自動車不況で苦しんでる地域の助けになれば。

自動車ってのは凄く裾野の広い産業だから、製造の方でも相乗効果狙えないだろうか。それもありきたりな奴じゃなくて、オンリーワン技術になりそうなやつを。たとえばホンダは塗装技術を太陽電池の製造プロセスに応用してこちらの業界の人間を仰天させた(^^;んだが、どこかでそういう”思わぬ応用”ができないだろうか。

_

シャープがいろんな形状の屋根に対応しやすい新システムを発売開始(プレスリリース)

これに絡んで規格化の話だけど、取り付ける建造物がまず非常に多彩なので、寸法などは建造物の方から規格化しないと無理。なんで、寸法を規格化することでコストダウンするのは、たぶん十年単位の気の長い話になってしまう。

しかしコネクタとか取り付け金具などのパーツや工法、パワコン周り、施工担当者の教育などでは工夫の余地がありそう。


2009-03-09 (Mon)

コメント

新エネ部会を傍聴したり。

方向性さえ見失わなければ、あとはなんとかなりそうですね。

_

「余剰電力」についてはたとえば

・一軒当たりの設備量

もしくは

・一軒当たりの年間余剰電力買い取り量

に応じて買い上げ額を変えられたらええかと。

stepped tariffの考え方です。

_

導入/価格低減ペースについては関係者のマンパワーだけが心配です。系統連系とか工事とか流通とか。

5年で12GW追加の場合で平均年間2.4GWpの導入量。2005年頃(約0.3GWp/年)の平均8倍(最終的には10倍超えますね)。ハラくくってかからないとダメだし、始めてみてどこかでボトルネックが生じたらこうしましょう、という相談もある程度しておかれるのがお勧め。

_

あとは系統安定化の備えを早く始めたいところでしょうか。

電力会社さんの負担軽減もあるけど、それ自体をネタにした事業展開とか他産業への波及とか、こちらも国際競争力上の要請が強そうな気が。見当付いたところから五月雨式、でも良いかと。

_

発電ビジネスを一部取っちゃう分、代わりになる商機も提供しないとアカンですわな。安定化だけじゃなくて、海外の例みたく太陽電池産業そのものに資本参加して頂くのも選択肢に入るかと。要するにエネルギー源の確保なんで。

_

既存設備を対象に含めるのは、

・制度開始前の買い控え防止、制度のよりスムーズな立ち上げ

・無用な買い換えの防止、より長く使ってもらうための動機付け

のために必要な措置ですね。緊急提言の時の失敗の経験が活かされてると思います。

_

産業用とか公共用は、間に合わなければたとえば制度開始後1年後からの追加でもいいかと思います。理由は下記の2点です。

・現状は家庭用が9割で、それだけで関係者のマンパワーが足りなくなる可能性がある。

・制度の詳細を詰めるのにもう少し時間が要りそう。

重刷

決まりました。

_

これ理工学書の分類になってるんですが、内容的にはビジネス書です(そのつもりで書いてます)。書店の方々にはそちらのコーナーに置いて頂ければ幸いです。

_

お恥ずかしながら初刷に数点、誤脱が見つかっております。正誤表はこちら

本日のツッコミ(全11件) [ツッコミを入れる]

まま [おめ。 ただいま怪社で潰乱中。]

dai [電気料金転嫁による「負担増」について、以下のような検討をしてみました。とくに、末尾の「付言」に書いた、余剰買い取り方..]

やあ3 [重版キタコレ! おれもクチコミでかなり売りましたよ。 30冊は売ったと思うよ。 とりあえずamazonの在庫復活を待..]

さくらぃ [おもしろい感想あったら賛否両論教えてくれ :D >回覧]

さくらぃ [現在の日本は家庭用が9割方で、それ以外の産業用・公共用などは受け入れ体制からして足りないように思えます。 今回ものす..]

さくらぃ [すげ。参りました_(_._;_ >クチコミで30冊 自分もがんばります。]

やあ3 [amazonにレビューを書いたよ! 社内でもコツコツ売り歩いています。 amazon、はやく入荷して〜]

さくらぃ [うは(赤面)。ありがとうございます。 _ amazonの在庫は全然回復しないなぁ。bk1とかYahoo!ブックスはあ..]

さくらぃ [訊いてみました。版元在庫は切れてないので、amazon側の在庫管理がおかしいみたいです。]

さくらぃ [書店だとヨドアキ7Fの有隣堂とか梅田の紀伊国屋で積んで売られてるとのタレコミが。あと丸の内オアゾ?]

さくらぃ [amazonも復活です。何かの手違いで、入荷待ち状態になってた模様。問い合わせ感謝〜。]


2009-03-12 (Thu)

てれてれ

朝イチで電話でお褒めの言葉を頂いたり。イカンすんげぇ嬉しい XD

めも

2050年までに自動車からの排出量も半減しようぜ by FIA/UNEP/IEA/UNCF他(ecool)。[このへんが元締めかな?] …運輸部門での削減はエネルギー部門以上に大変とは言うけれど、これだって始めちまえば案外サクサク進むんじゃねぇか?と思う今日この頃。

_

ヨルダン、米社と組んで年産1GWの工場を計画(Photon)。そろそろ備えておかないと。

マジな話、残ってる方々も積極的に関わって頂いた方がお得だと思うっす。

_

米esolar、インドに1GWpの太陽熱発電所建設へ(ecool)。[プレスリリース]。…太陽光も太陽熱も、堰を切ったようにGWpクラスが。

SiemensとDong Energy、欧州北部で1.8GWp分の洋上風力発電所建設へ(REW)。1契約では世界最大。3.6MWp機を使用。…風力はもっと先を行っている。

IEAが各種バイオ燃料の性能について包括的な調査レポートを発行(REW)。[そのレポート]。無料でダウンロード可能。…とりあえず、トウモロコシは性能が最も悪い。

EU、グリーン経済に1050億ユーロを投入(ecool)。

Ascent Solarがプラスチック基板上のCIGS太陽電池を量産へ(GTM)。効率9.5%。…ニュースではあるんだが、正直まだちょっと効率が低い。たぶんPI基板だからそれなりにコストも高いだろう。やっぱフレキシブルセラミックスですよ :D

サハラ砂漠のごく一部を使って全欧州の電力需要の20%を供給しちまおーぜ(PV-Tech)。太陽光でも太陽熱でも。…わりとマジで出来そうな話なんだなこれが。

本日のツッコミ(全5件) [ツッコミを入れる]

dai [アルゼンチンの南極圏内に超巨大ウインドファームを作って世界中の電気をまかなおうという話を聞いたことがあります。]

dai [「波に乗れ」にツッコミ。p.4-5「潮汐力に由来」は、物理学的には不適切です。再生可能エネルギーが「太陽エネルギーに..]

さくらぃ [ありゃほんとだ。ご指摘ありがとうございます。 2刷はもう校正終わっちゃったんで、3刷りの時に「潮汐エネルギー」に直し..]

dai [「潮汐エネルギー」いい言葉ですね。短い言葉で説明するのが難しくてこれまで私も悩んでいたのですが、とりあえず「潮汐エネ..]

dai [何か自慢話みたいな言い方になってしまいましたね。(^^;)]


2009-03-17 (Tue)

ツッコミ

各紙掲載の産業界の意見広告の件。例によって率直に。

・「負担に配慮してくれ」と表明すること自体は必要で好ましいこと。

・「イヤなんじゃー」じゃなくて、議論提起の形になってるのもポイント。かなり「イヤ」に偏った雰囲気なのはマイナスだけど。

ここまではまぁOK。一方、

・それが自分たちの飯のタネにもなる、という視点が無いのは落第。

・このまま放っておいたら結局自分たちのクビを締める、という視点に欠けるのも落第。

・"105万円"って何年間の累計ですかとかなんで家庭だけの負担なんですかとか化石燃料のコストの削減効果は含まれてるんですかとか技術の進歩をちゃんと考慮してるんですかとか、数値へのツッコミどころも満載。

失礼ですが、この数値や示し方はお子さんの前でも胸を張れるようなものですか?環境云々以前に、国の経済の観点から

_

意見表明されること自体は良いですが、論拠となる数字がいい加減では、結局墓穴を掘られるのではないでしょうか。欲しい数値があったからそれだけを使われたのでしょうが、そんなことではまだまだ考え方が古すぎると思います。人の足ばっか引っ張ってないで、みずから排出量削減の計画を示すぐらいのことをされてはどうかと思います。

_

つか、せめて数値がまともだったらなぁ。その数値を滅茶苦茶にする一部の方々のほうが問題か。

--------

参考書としては、私の知る範囲では下記の書籍がおすすめできます。

これらに比べりゃ、私の本なんて入門書というかエッセイです :D

_

低炭素化時代の日本の選択―環境経済政策と企業経営(一方井 誠治)

なんで欧州がうまくいっていて他の国々も追いかけようとしてるのか、専門家の視点でかっちりと書かれておられます。他にも類書はあるけれど、自分が見た範囲ではこれが一番新しくて論拠もしっかりしています。

_

あと必要な費用については、下記の書籍がより"真面目に"計算したデータを載せています。

日本低炭素社会のシナリオ―二酸化炭素70%削減の道筋(西岡 秀三)

石油と心中したいってんならエネ研のデータを鵜呑みにされれば良いのでしょうが…ドイツなどの実績とも話が合いませんけど。

これに似た本としては茅先生が書かれた奴とかがありますが、私が「落第」と指摘した罠に思いっ切りはまっておられます。読み比べてみられるのも一興かと(そんな余裕が残っていれば)。

_

つか、いい加減に現実逃避やめよーぜホント。

amazon在庫

復活しました。なにかの手違いで、入荷待ちになってたそうで。(3/17 23:50)また売り切れました_(_._;_

めも

全身に太陽電池をまとった電気自動車のコンセプト(Wired)…黄鉄鉱ベースのセルってのは昔研究されてたこともあったけど性能があまり伸びず、現在の主流は構造の似るCIGSに移っている。この記事の話は理論計算から期待されるものであって、作るのはこれからだそうな。あのな…。

2008年の太陽光発電市場は約6GWp、370億ドルに成長(solarbuzz)。大暴走したスペインが2.5GWp導入して世界一の市場に(今年は0.5GWpに戻る予定)。ドイツは1.86GWpに。日本はアメリカ・韓国・イタリアにも抜かれ、6位転落。薄膜の市場は0.89GWp(約15%)に。多結晶シリコン原料の供給量は127%増加。…ま、そんなもんか。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

ヤマグチガク [櫻井さん!かっこいいっす!]

さくらぃ [(^^;]


2009-03-18 (Wed)

進捗状況

太陽光発電の導入促進策の進捗状況と今後の取組を公表(ecool)…まずとにかく始めることが重要。動かないと前には進まないのよ。

_

岩堀氏による日本版FITの解説とダメ出し(日経BP)…余剰電力の割合の少ない、設備量の小さな家だと不利。設備が大きい場合はstepped tariffのやり方で減らせるけど、設備容量が標準より小さい場合はタリフ額での調整にも限界がある。制度改正の恩恵が少ない。むぅ、これは判断に困るな。

補助金をその場合だけ増やしたりメーターの位置を変えて全量買取にすれば解決できるけど、これにはそもそもどの程度まで小さな容量の設備を重視するのか、という検討事項も絡んでくる。

_

小さい設備だとより多くの人が自宅で参加できるメリットがある一方、工事などを考えるとコスト的なデメリットもある。あまりに小さいのをたくさん設置するよりも、大型の設備に共同出資してもらう方がいいかも知れない。でもそういう案件って、どの程度あるものなんだろう。そもそも大きい設備(メガソーラ−)は、どのぐらい導入したい?

…という具合に検討事項山積みですが、1つ1つ決めていくしかないかと。それでも、とにかく問題提起をしておくことに価値がある。

_

全量買取と余剰電力買取(経産省案)の比較は以前書いたとおり。確かに全量買取の方が話は簡単なんだが万能でもない。

私見としては

・設備容量の大小に応じて買い上げ単価に差を付けて、様子を見る

に一票。小規模でも載せたい方々には申し訳ないことになるかも知れないけれど、最初はたぶんマンパワーが足りない&まず量を稼いで価格低下を速めたい、との判断を含みます。それでも小さい設備への配慮を要求する声が強ければ、追加策を検討。

_

あと買取期間が終わった後についても決める必要あり。

最初の10年で初期投資が回収できていれば、あとは余剰電力を安めの固定価格(条件にもよるけど12円/kWhぐらい?)で買い上げるのが無難かと。

なお、「初期投資を出して場所提供して保守もする」分に見合った利回りは必要。そうでなかったら制度の意味なし。

_

現場だからこそわかることの周知、まずはグッジョブだと思います。

_

昨日の新聞広告の件を報じた記事(中日新聞)[毎日新聞] 早速ツッコミが。…あの数字をそのまま使われても、結局は恥をかかれるだけと思います。

「王様は裸だ。」

_

東京電力・清水社長へのインタビュー記事(毎日)…短いけど、こうやって真面目にコメント頂けるだけでも嬉しい。

_

経済産業省による総合施策発表…2020年時点の経済効果なども試算…安全側に振った試算かな。

電気料金に占める費用も明示へ…ザルな制度にしないために明示は必須。費用は今でも電力料金に含まれているけど、明示されていなかった。

_

風力も加えてくれと秋田の団体(河北新報)…日本海側は特に日照量が少ないから、地理的に風力やバイオマスの方が向いてる。ちなみにドイツでも似たような状況があって、風力・バイオマス・太陽光などそれぞれの関連産業の多い州からその技術の普及促進の要望が強く出されるそうな。もちろん電源構成のバランスとかいろいろ考えないといけないんだけど。

_

・あと太陽光発電業界からもなんかオフィシャルな声明とかないんかなぁ。謎。まぁ動きはいろいろあるから、それが答えとも言えるけど、やっぱ声明欲しいなぁ。

_

・一方アメリカは連邦レベルではRPSで目標設定、州レベルではFITや長期契約義務づけの動きが目立つようだ。…日本も目標値重要なんだが。それも「余裕でできるような目標」じゃ、技術革新は生みにくい。自動車の歴史が示す通り。

_

景気回復へ向けて各シンクタンクも環境を絡めた対策を提言(ビジネスアイ)。…うむ。バラマキではなく、産業育成を見据えたもんじゃないと。

歴史

東大の学生チーム(STEP)による日本の太陽光発電の歴史まとめ…うぉすげ。わしも知らんかったぞこんなん(笑)


2009-03-23 (Mon)

めも

脱落と加速と。

蘭シェル本社、風力や太陽光から引き上げてバイオ燃料に注力へ(guardian)。…以前から噂はあったしバイオ燃料に集中するということ自体はそれなりに合理的だと思うんだが、なんか腑に落ちないな。

なおシェルは地域ごとに独立して開発進めてるので、日本の昭和シェルソーラーには直接関係しないんちゃうかな(私的な想像のみ、念のため)。

コスモ石油が新たにポリシリコン原料に参入へ、将来のセル製造も視野に(ビジネスアイ)…シリコンは量的にはそろそろ需給が緩みそうとは言え、ソーラーグレードの低廉な原料はコスト低減圧力を受けてむしろ逼迫するんちゃうかと言われている。そこに参入するのかな。

加オンタリオ州、FIT導入へ(REW)…20年間62USセントで買い上げ(rooftop, <10kWp)ってマジかと一瞬思ったが、カナダの日照量だとそんなもんか。それにしても思い切ったなこりゃ。

National Semiconductor、ACT Solarを買収(REW)…どんどん参入。

石油連盟・天坊会長へのインタビュー(ビジネスアイ)

SolarWorld、キャパ拡張へ(PV-tech)。

First Solar、累計生産量1GWp突破(PV-tech)。生産キャパは1.2GWpへ。

OptiSolar、運転資金を獲得できず操業停止(GTM)…競争時代突入を象徴しとるな。

Q-Cells、2008年は2007年比+48%を生産(PV-tech)。2009年は800〜1000MWpを生産予定。

SEIA、2008年のレビューをリリース。PVは系統連系292MWp、off-grid 50MWp(速報値)を追加。日本市場をあっさり超えた。

旧吉田茂邸全焼

関係者の心情を思うとやりきれんなこれは…。

神奈川でこういう文化財が燃える事件が妙に多い気がするんだが、俺の気のせいなんだろうか。

言うまでも無いと思うんだが

”永久機関”に騙されてんじゃない。それでもプロか(怒)。


2009-03-25 (Wed)

めも

独Bosch、子会社ersolのモジュール・セル生産能力を一気に3倍の630MWp/yrに引き上げへ(REW)。2012年までに5.3億ユーロを投資、1100人を新たに雇用。

オバマ大統領、再生可能エネルギーなど重点投資分野への投資について演説(日経)。「経済成長に向けた総合戦略の中核部分」と。

・同時に再生可能エネルギーや次世代車両への研究予算も確保(ecool)。年間150億ドル。…動き出すと速いねぇ。でもまだこんなもんじゃねぇだろう。いけいけごうごう。

米AWEAとSEIA、白書を発表(ecool)。[その白書]。送電インフラへの投資の必要性も表明。

スマートグリッドを率先する州トップ10(GTM)…もうあちらは始めている。

2月の日本の輸出、半減(BBC)

東レ、有機薄膜太陽電池で5.5%をマーク(GTM)。2015年に7%を目指す。…有機薄膜って進展がやたら速いなぁ。すげ。

円筒形CIGS太陽電池のSolyndra、出力を向上(GTM)。500MWpの向上をもう1つ建設中。…大統領のお墨付きと融資も得て、破竹の勢い。

独REpower、世界最大の6MWp風力発電機を竣工(REW)…でけぇ。

南極半島が急速に温暖化、既に生態系に深刻な影響(ecool)…誰か勝手な想像だけで「南極だけは温暖化しない」とか言ってたねぇ。それを信じこんだ人もちょっと反省してくれ。自衛のために必要だから。「オレオレ詐欺」にひっかからないようにするのと同種の用心だから。

曰く”オレこそが一番正しい!科学者はみんな嘘つきだ、これは陰謀だ!”…んな訳ねぇだろ。国賊が。(--##

_

米EPA(環境保護局)、温室効果ガスは人の健康や福祉に有害な大気汚染物質であるとの見解をホワイトハウスに伝達(産経)。…既に経済にも有害だ。


2009-03-26 (Thu)

新エネ部会

覗いてきました。

もう具体的な制度設計に議論の大半が割かれてて、とにもかくにも建設的に動いてると思います。

細かい検討事項がたくさんある上に今国会に提出(それぐらい急ぐ)することになってるので、「走りながら直していく」ことが繰り返し言われてました(これ重要)。

_

現時点では家庭用が主体なので制度スタート時は公共用や産業用へのサポートが不足するかも知れないですが、入りきらなかった場合は1年後ぐらいを目処に追加出来るように準備したら良いのではないでしょうか。

おそらく家庭用の方も最初は大雑把で、あとから改良を加えていくことになるのでは。集合住宅も俎上に上ってて、入れたいねという話になってましたよ。

----------------

こまかいこと。

_

既築と新築で初期費用が違うのをどこまで埋めるか:

・屋根が狭く、高効率なHITなどの製品を使いたい場合なども含む検討事項です。HITに限らず「他社よりも高効率な製品」は日本企業が得意なところなのでその点からは奨励したいところです。

・やり方は山ほどありますけど、「設備量あたりの初期費用」に応じて助成水準を加減するのが簡単かと(補助金、減税、低利融資、stepped tariffなど何でも可)。

・どのぐらいの効果があるか実際にやってみないとわかんないですから、今は関係者同士で話し合ってエイヤで決めはったらええと思います(笑)。

・また検討が間に合わなければ、とりあえず始めてみてから後で適宜調整しても良いかと。

つかこれ、そういう高効率品を売り込みたい企業とか既築にも売りたい方々から提案すべきところですわな。

利益を得たかったらまず動くのが鉄則。また、貢献した者には応分のチャンスが与えられるべき。

_

余剰電力に限定する理由について:

・既に「自分の家で発電した電力は自分のもの」という考え方が浸透してる…FITを知る人は「全量」でも違和感ないんですけどね。

・実務面で「全量買取に変えると既存のメーターの位置を全部変えないといけない」っつー問題もありますな(汗

・その一方、「全量」か「余剰」かという区別は実は「発電専門の事業者を許すかどうか」とは全く別の話(発電専門をとりあえず制限したかったら別の手段で可能)なので、そこのロジックはちょっと謎。ひょっとしたら、何か勘違いされてるかも。

まぁでもそこは本質じゃない。目標の普及量や生産コストが達成できればOK、出来なかったら直す。それだけ。

_

メーターの位置について:

これたぶん重要なので太字。これから導入するケースでは、メーターの位置を「全発電量を測れる位置」に変えた方がいいですね。なるべく早期に…できれば、制度スタート時から。

・燃料電池など、他の電源をつけた時の処理がラク

・将来買取期間が終了した後の買い上げ形態を切り替えたり調整したりする時の選択肢が拡がる(「余剰」も「全量」も、何かその中間的なものも可能になる)

_

燃料電池も併置した場合

何通りか考えられますが

(a) 燃料電池併設の場合の買い上げ額を別途決める

(b) メーターの位置を変えて、太陽光の発電量に応じて助成

(c) 太陽光の設備量あたりの売電量に応じて買い上げ単価(タリフ)を調整(多くなりすぎないように)

って感じですかね。これは併設した場合のデータがまだ少ないので、最初はエイヤで決めるしか無さそうですね。

_

とりいそぎ、気付いた範囲で。

アピールポイント

あともう一つ。今回太陽光が取り上げられた最大の理由は「でかい経済効果が期待できるから」。それを言えるだけのデータが揃っていて、メーカー(主にシャープさん…かな)も応える覚悟を示したから。

ビジネスにならないと、話は進まない。

一緒に売れそうなもの?

・オール電化

・高断熱改修

・燃料電池(エネファーム)

・エコキュート

・太陽熱利用

・家まるごと(笑)

…書いてみると色々あるな。

_

つか俺も家ほしー。<ワンルーム住まい

できれば南西方向片流れ屋根とかそういう漢な選択肢で。

# 電力の需給バランス上、もっとも価値が高い。


2009-03-27 (Fri)

ツッコミ

温室ガス削減の中期目標試算、GDP最大年0.5%下げ(朝日)。

その一方、”政府内でも検討している「グリーン・ニューディール」政策など低炭素社会に向けて経済・社会構造をどこまで変えられるかという点は加味していない。

…つまり化石燃料への出費の節約とか、二次電池・燃料電池・再生可能エネルギー(太陽電池・風力・バイオマスetc)・原子力・電気自動車&HV・鉄道・省エネ技術全般などの経済効果の増大が 無視されている 過小評価されているということだろう。

(追記)元ネタの資料。シナリオによってだいぶ違うが、基本的に環境省のは比較的まともで、エネ研のがひどい内容。

またシナリオによって普及に伴う価格低下が考慮されてなかったりするようだ。再生可能エネルギーの導入費用を明らかに過大表示してるものもある…たぶん化石燃料の節減効果を無視した上に系統安定化費用を水増しとかそんなんだろうけど。

_

で、ちょっと検索してみるとこんなのがひっかかる。

太陽光発電(朝日)…関連産業含めて2020年までに数兆円〜10兆円規模。雇用数万〜11万人。

再生可能エネルギー全般(環境省)…2020年までに累計最大30兆円。年平均で3兆円規模か。雇用約60万人。

燃料電池(日経)…2020年に1.2兆円規模。

二次電池(Response)…2012年に3.6兆円規模。

自動車用二次電池(Yahoo/フジサンケイ)…5年後で2470億円規模。

省エネ改修促進(日経)…6兆円。

鉄道…世界で年間18兆円規模へ。

他にも原子力とかLED照明とかいろいろあるはず(適当なのがすぐ見つからんかった)で、キリが無い。日本は環境関連技術のデパートで、温暖化対策はむしろチャンスになるはずだ。俺は逆に人手(マンパワー)不足を真剣に危惧してるんだがな。

_

さすがに読売もヤバイと気付いたようで、こんなタイトルになっている。→(3/29 23:50追記:「それ本当?」をとっちゃったみたい。

それ本当?「温室ガス減らすと失業者増える」政府の検討委(読売)

_

読売と朝日の2社は「温暖化対策そのものも経済効果を持つ」ことに気付いて報道している。特に朝日の記事は”経済効果無視”をすっぱ抜いている点でポイントが高いだろう。だが[毎日][日経]はまだだ。何やっとんねん。

(追記)→毎日のフォロー日経の続報が入った。よっしゃ。

----------------

この元ネタになった「(最も酷い内容の)試算」を精一杯好意的に取れば、温暖化対策がもはや避けがたい以上「温暖化対策産業を興さなければ経済的にこんな酷いことになりますよ」という内容だとも言える。

だが「マイナス面ばかり取り上げて反対しようとしている」と言われれば、おそらくグゥの音も出ないだろう。

一言で言えば、

老害だ。

マイナス面ばっか強調してると、マジで日本経済が危ないと思うぞ?

つか、こうか。

ネガティブ禁止。

文句があったら、建設的に言うべし。

_

なんで俺がここまで断言的に批判できるかと言うと、上記のシナリオそれぞれに明らかなツッコミどころが残ってるからというのがひとつ。でもドイツなんか中長期どころか超短期的にも利益になってんのになんで技術たっぷり持ってる日本だけが逃げ腰なんだよというのもある。欧州だけじゃなくてアジア諸国やアメリカまで追いかけ始めてる現実をどう説明するんだ、ドイツですら産業界が賛成してるのに、と。

ちょっと長いけど、飯田氏の記事は日本の”取り残されっぷり”を感じるのに良いかも知れん。

_

主目的は環境じゃない。環境をきっかけとしてエネルギーや経済の情勢が変化してるのに、日本がそれについて行けていないのが問題。

進捗状況

経産省、エコカー・グリーン家電・太陽光発電の普及促進で200万人の雇用創出へ(読売)。さらにコンテンツ産業や観光など、経済効果や成長性の高い分野の競争力向上に注力。

経産省:制度概要の提示とパブリックコメントの募集。エネルギー安全保障、地球温暖化対策、そして将来の日本の産業への貢献が目的。高い導入目標とともに、高いコスト低減目標も課す。

_

太陽光発電所ネットワーク緊急勉強会(4/2)…私も背景解説役として出ます。いつも通りざっくばらんにやりますので、ご興味ある方はお気軽にどうぞ。

つかこの案内も、出だしがネガティブすぎやな。もっとアッケラカンと書きなはれ(ぉ

質問箱

講演や原稿等の依頼を1つ終わらせたら2つ入ってくる状態。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

ほりほり [ネガティブ禁止、いいですねェ(笑)年配の方々は自己の権益が脅かされることばかりに目が向きすぎ。逆にこちら側の方々もこ..]

さくらぃ [やはり規模の大きな話ですから、トラブルはいっぱい起きるでしょうね。でもそのトラブルを片っ端からやっつけていく覚悟があ..]


Written by "バカ殿"さくらぃ
 [利用上の注意]