壊れたら直そう日記


さくらぃ(櫻井啓一郎)の私的な日記です。なお、最近はもっぱら[ついったー] を使っています。一覧はこちら(twilog)
2004|08|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|09|12|
2012|01|02|04|06|10|11|12|
2013|01|04|08|12|
2014|01|12|
2015|01|12|
2016|01|12|
2017|01|12|
2018|01|12|
はやぶさ2計画絶賛応援中


2009-04-21 (Tue)

ぼそっ

併設の時は太陽光の実際の発電量の7割までを通常の助成額にして、それ以上は額を減らす、とかどうでしょう。

ぼそぼそ

測っていないものは、制御出来ないです。

_

追記:今の「どちらか一つ方向に流れるものしか計測しない」電力量計の場合は、現状(買電・余剰分買電用各1個)にさらにメーターを1つ追加する形になります。

最高峰からのカミナリ

小宮山先生(三菱総研理事長、前東大総長)、懐疑論を一喝(日経)…よくぞ言って下さった。

_

ウソは、どれだけ繰り返して言ってもウソ。

ウソは、どれだけたくさんの人が言っていてもウソ。

ウソは、どれだけ積み重ねてもウソ。

_

信頼性のある情報は、信頼性が確認できなければならない。

「それがどれだけ真実に近そうか」を第三者が判断できるだけの客観的な情報が提供されていなければならない。

ニセ科学者がなんと言おうが、IPCCや”まっとうな”科学者達はそれだけの情報を提供している

_

要するに、対策をするしか逃げ道は無いと思われる。もちろん、経済的な意味で。

「−6%」を努力目標に留めたり懐疑論で現実逃避したりして逃げ回ってきたのも、もう終わりだろう。


Written by "バカ殿"さくらぃ
 [利用上の注意]