壊れたら直そう日記


さくらぃ(櫻井啓一郎)の私的な日記です。なお、最近はもっぱら[ついったー] を使っています。一覧はこちら(twilog)
2004|08|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|09|12|
2012|01|02|04|06|10|11|12|
2013|01|04|08|12|
2014|01|12|
2015|01|12|
2016|01|12|
2017|01|12|
2018|01|12|
2019|12|
2020|01|12|
はやぶさ2計画絶賛応援中


2009-07-22 (Wed)

皆既日食

は全然見られなかった。ざんねん orz

ぼそっ

陰謀論が説得力を持つのは、調べられる情報を全部調べ上げて、その信頼性も吟味してからだ。

ろくに信頼性も確かめられないような情報ばかり拾っているうちは、ただの先入観。

信頼性が低いとわかっていながらそのような情報ばかり強調するならば、国賊。

コメントに返信

その意見は、下記のように考えれば屁理屈だと分かります。

それを啓蒙するしかないでしょうね。

_

・太陽光発電にお金を払うのは、火力発電にお金を払うのと基本的に同じです(もちろん、環境にはずっと優しいです)。「普通の」発電所の一部を、屋根に持ってきただけの話です。

電力会社が発電所を建てるのがズルい、という人は居ないでしょう。

_

・さらに、設置する人はそれなりに大きな負担をしていますので、その点からも決してズルくはありません。最初に百万円以上の大金を出資し、20年以上も場所(屋根)を提供し、それなりに動作チェックや点検・補修も必要なのですから。それなりに大きな投資をして利益を得るのがズルいというならば、そのへんの八百屋さんや喫茶店でもズルい、ということになってしまいます。

_

・今は1%でも、今後の制度の整備次第で参加できる人はいくらでも増やすことができます(ドイツの例では市民発電所などが普及しています)。今回の強化は、とっかかりに過ぎません。

集合住宅だって、取り付けることは技術的には十分に可能です(少ないながら、日本でも例があります)。制度がまだ整っていない(もしくは機が熟していない)だけですし、「走りながら改良する」ことが前提の制度ですので、そこは要望を出していけば改良されていく可能性が十分にあると思います(というか、されていくべきでしょう)。

_

------------------------

さらに言えば、

・昨年原油などが高騰した時、一般的な家庭の負担は月数百円増え、しかも逆進性への配慮もありませんでした。それを問題にせずに太陽光だけをことさら問題にする意見はおかしいでしょう。

_

・その原油価格はまた上昇し、今後10〜20年で昨年以上に高くなると言われています(少なくとも、質が落ちて値上がり傾向だとは言えます)。

・一方の太陽光発電の価格はその間に火力発電よりも安くなる見込みです。結局は電力価格を下げ、原油の高騰による影響も減らすはずです。

_

・原発も、昼間だけ増やすような使い方をすればやはりコストが高くなりますので、これまた太陽光を組み合わせて使う方が安くなるはずです。

_

つまりどのみち、太陽光を使わないと電力消費者みんなが損をすることになるはずです。

得をするのは、日本以外の国ぐらいでしょうね。

_

というわけで原発好きなのはわかりますが、いい加減に人の足ばかり引っ張るような真似は止めて下さい、読売さん

_

-----------------------

原発をプロモートするときに誇大宣伝しすぎた弊害かも知れんね。

たとえば使用済み燃料の処理コスト、たぶん1/4ぐらい(もっとかな)で計算してるでしょ?

量を誤魔化して半分、工場の稼働率などを誤魔化してさらに半分。

_

今みたいにベースロードなら別にそのまま使えばいいと思うけど、ピークロードまで全部ってのは却ってコスト高でしょ。

ほっとくと、結局は電力コストが無用に高くなると思いますよ>産業界の方々

それ以前に

そこまで世界(日本含む)が追い込まれていて、変革が不可避だという認識自体が行き渡っていないんでしょうね。

今ならまだ、ドイツみたいに国全体では利益になるはずなんですが。そのぶんどこかに新しい商売ネタが増えて、景気も良くなるはずなんで。ここ の「省庁による検討例」にある通り。

_

一番の難関はこれだけの知識をどうやってコンパクトかつわかりやすく伝えるか、ですね。

特に、人々の感情を動かす方法までは僕もよく分からんです。

そこはマスメディアに頼る部分が大きい(彼らこそがプロ)ところですし、ポジティブな報道をお願いしたいところです。

_

温暖化対策には、経済を含めた国の将来が懸かっているのですから。

_

温暖化と経済の関係に関しておすすめできる参考書籍:

ビジネスに役立つ!末吉竹二郎の地球温暖化講義(末吉 竹二郎) …入門書に好適。

低炭素化時代の日本の選択―環境経済政策と企業経営(一方井 誠治) …玄人向け。

波に乗れ にっぽんの太陽電池―温暖化のリスクをチャンスに変えるシナリオ (B&Tブックス)(櫻井 啓一郎) …私の。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]
tamuyou (2009-07-24 (Fri) 10:59)

今朝(7/24)のTV(ズームイン)でFITの買い取り価格倍増が報じられてましたが、その後の街頭インタビューは「買い取り価格が倍になりますが、その分の費用を全消費者が負担することになりました。どう考えますか」という趣旨の質問になってました。放送では「設備が置ける人だけが有利でズルイ」「社会全体が良くなるならいい」と意見数は均等にチョイスしてましたが、最後のアナウンサーが「パネルを設置できる人は全体の1%、これを全体で負担するのはいかがなものか」というコメントで〆てました。日本におけるFITの問題は、まさにこの不公平感を払拭する手立てが一切示されていないことだと思います。この点はなにか施策があれば教えてください。

さくらぃ (2009-07-25 (Sat) 00:38)

僕も考えながら書いたので長くなりましたけど、結局は温暖化などに対する認識不足、そして「原発だけあれば大丈夫」という思い込みなどに原因があるのかも知れません。<br>_<br>私も説明は下手な方ですし、この行き詰まった状況を打破できる最強の手段はメディアではないかと思います。<br>_<br>よく勉強されている記者さんは、どのメディアにも(読売さん含む)居られるはずなんですが。


Written by "バカ殿"さくらぃ
 [利用上の注意]