壊れたら直そう日記


さくらぃ(櫻井啓一郎)の私的な日記です。なお、最近はもっぱら[ついったー] を使っています。一覧はこちら(twilog)
2004|08|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|09|12|
2012|01|02|04|06|10|11|12|
2013|01|04|08|12|
2014|01|12|
2015|01|12|
2016|01|12|
2017|01|12|
2018|01|12|
2019|12|
2020|01|12|
はやぶさ2計画絶賛応援中


2009-07-27 (Mon)

コメント

最近頂いた質問から。

・設備容量が稼げない家だと不利な件について。前にも取り上げた悩ましい課題なんだけど、都心だと下手すると2kWp以下の場合が半分以上に達する地域もあるそうだ。どうしても付けたいそうなのだが、販売現場の方々が涙を呑んでお断りするケースも多いとのこと。

…確かに比較的コストが高いケースなのだけど、そこまでやる気のある人達を無碍に断るのも勿体ない気がする。最初からいきなりは無理だけど(まだそこまで手が回らない)、たとえば1年後を目処に、小規模なケースに対してなんらかのハンディを提供してもいいかも知れない。

_

当面の策としては、下記のような手がある。

・かわりに太陽熱利用機器をつける。比較的省スペース。

・貯湯槽のスペースがあれば、エコキュートやエネファームをつける。

・断熱強化の工事をする。

どれが最も適しているかはケースバイケースですが、いずれも温暖化対策として有効。複数組み合わせるのも可。

_

・あと三洋さん、屋根の面積を最大限に活用できるのがHITの取り柄なのですから、寄せ棟に向いた製品も検討されてみては如何でしょうか。現場の方が「四角いのしか無いから勿体ない」と嘆かれていましたよ。(^_^;

------

とかゆーてたら太陽熱とエコキュートのセット販売を始めるようだ。いいね。がんがんやって下さい。

いろんな技術が対等に競い合ってこそ、日本のエネルギー供給システムの競争力が向上するはず。それぞれに長所も欠点もあるしね。

------

・自治体の補助金枠が小さいケースについて。これはあまりに勿体ない。というのは高額商品だけに、1kWp当たり数万円程度の補助金を出すだけで、地域経済にそれよりずっと大きな経済効果を誘発するはずなので。流通・工事、保守点検、そして中長期的には発電収入そのものが地元に落ちることになる。それは結局は税収も増やすはず。

効果を高めるには、

・一軒当たりの額は比較的少額で良いので、とにかく数を増やす

・年度初めに集中しないよう、毎月募集する

などの工夫が有効かと。


Written by "バカ殿"さくらぃ
 [利用上の注意]