壊れたら直そう日記


さくらぃ(櫻井啓一郎)の私的な日記です。なお、最近はもっぱら[ついったー] を使っています。一覧はこちら(twilog)
2004|08|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|09|12|
2012|01|02|04|06|10|11|12|
2013|01|04|08|12|
2014|01|12|
2015|01|12|
2016|01|12|
2017|01|12|
2018|01|12|
はやぶさ2計画絶賛応援中


2009-08-15 (Sat)

8割削減

・2050年までに80%削減するためのビジョンが発表に。[日経][フジサンケイ][毎日][朝日][読売][元ネタの環境省資料]

_

詳しく見てないけど要約(ぉ

・すんげー大変

・でも可能

・どっちみちやらないといけない

・腹くくってかかれば、ドイツみたいにむしろ儲かるかもしれない

_

技術的には、このまま開発を続けていけばたぶん大丈夫。

何が大変かっつーと、「人」。ビジネスモデルが変わっていくので、人やお金の流れもそれに合わせて常に変えていかないといけない。

ある程度の悪影響が出るのも避けられない。

悪影響を許容範囲に抑えながらも、求められる速度でエネルギー需給構造や社会のルールを変えていかないといけない。

_

影響は社会のあらゆる所に及ぶ。たくさんの異なる立場の人の意見を聞いて、すり合わせて行かなければいけない。そこに時間がかかるのだが、今の日本にはその時間もろくに残されていない。やれることから手を付けていかないと、経済的にも不利になるばかりだ。太陽光発電がいい見本(苦笑)。

ドイツなどはそのプロセスを何十年も前からやっていて、今は他国のいいお手本になっている。そこから学べることは多いはずだ。

とりあえず

僕なりに重視してる点をいくつか。

・高速無料化はやめて欲しい。それでも排出量削減ができるという考えは、甘すぎる。たぶん世界から見れば、全力でケンカを売ってると見られる(現状でも心証悪くしてると思う)。コペンハーゲンで攻撃材料にされちまう。

・鉄鋼やセメントなどすぐに大幅削減が難しい(でも必須な)産業の場合、国際的な協調が必要不可欠。それが途上国側の重要なカードなので、タフな交渉になるはず。

その交渉を支えるのは結局は国内世論なので、温暖化(というか気候変動)に関するニセ科学や屁理屈や虚偽の情報は以下略。

_

・電気自動車が早く安くなりませんか (>_<)

ドライブは好きなのよー。下手だけど。


Written by "バカ殿"さくらぃ
 [利用上の注意]