壊れたら直そう日記


さくらぃ(櫻井啓一郎)の私的な日記です。なお、最近はもっぱら[ついったー] を使っています。一覧はこちら(twilog)
2004|08|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|09|12|
2012|01|02|04|06|10|11|12|
2013|01|04|08|12|
2014|01|12|
2015|01|12|
2016|01|12|
2017|01|12|
2018|01|12|
2019|12|
2020|01|12|
はやぶさ2計画絶賛応援中


2009-10-30 (Fri)

必要なもの

削減の相談、産業界側の代表は?…なんとなく、先日の「朝まで生テレビ」で桝本晃章さんが産業界代表として出ておられて、すげー格好良かったのを思い出した。

_

この話、突き詰めていくと結構ヘビーな話になる。

あまりにでかい話で、マジどーすんだこれ、という気分になる人も多いんじゃないかと思う。実際、俺も勉強してる途中で何度もそう思った。

そこで必要なのは、知識だけでなく、常にどんと構え、かつ思い切った決断を下せる肝っ玉かも知れない。

その上で、

・どのみちやんなきゃいけない

・相応の負担も手間も避けられない

・でも出来る限り急いだ方が、経済・産業的に結局はお得

って認識さえ共通で持っていれば、あとはその負担や利益をどう分け合うか、っつービジネスの話に落とし込めるだろうと思う。

-----------

そもそも一番ヘビーな話になるのは、「全く排出量削減が進まず、考え得る最悪のケースを辿った場合」だ。この場合の損失は排出量削減の負担なんかメじゃないような、D級SF映画みたいに酷い話になるはずだ(たとえば去年みたいな原油高騰が続いた場合を考えれば、少しは実感できるだろう)。「排出量削減をしない」のは、経営判断としてありえないだろうと思う。


Written by "バカ殿"さくらぃ
 [利用上の注意]