壊れたら直そう日記


さくらぃ(櫻井啓一郎)の私的な日記です。なお、最近はもっぱら[ついったー] を使っています。一覧はこちら(twilog)
2004|08|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|09|12|
2012|01|02|04|06|10|11|12|
2013|01|04|08|12|
2014|01|12|
2015|01|12|
2016|01|12|
2017|01|12|
2018|01|12|
2019|12|
2020|01|12|
はやぶさ2計画絶賛応援中


2010-02-23 (Tue)

排出量削減の件

・経済界、議論を透明にしてくれとの要望提出

…はええんやけど、具体的に減らすシナリオがろくに出てこないのは頭が痛いなぁ。

_

対応する産業それぞれが、世界市場の伸びに沿って発達していくような(できれば、少し引っ張るような)仮定を置けば、大雑把な道筋ぐらいは立てられるんじゃないかと思う。

もちろん、それで影響を受ける産業もあるはず。でもその影響をどうやって乗り切っていくのか、という所まで突っ込んで考えないとアカンはず。激変緩和措置、海外市場開拓、新産業開拓、などなど。

_

ところが日本で今までに取り沙汰されたモデル(例の家計の負担云々で使われたもの)って、基本的に今の産業構造が変わらない(たとえば鉄鋼の国内生産量がずーっとそのまんま、等々)という縛りで計算しているので、そこまで議論できないんちゃうか。

それは今更ジタバタしてもどうしようもなくて、「エイヤ」と動き始めるしかない状況に思える。

_

排出量削減(というか産業構造変革とかエネルギー安全保障の確保とか)は、もう不可避だろう。進まなければ、ジリ貧になるだけだろう。

色々面倒だったり大変だったり、トラブルのネタは幾らでも思いつく状況だ。でもここで前進した分だけ、そのあとの苦労が減り、チャンスも生まれると思う。

_

やることは極めて地道で単純。だけど大変。人を育て、技術を育て、産業を育て、投資を呼び込む。十分な実効性のある技術を、効率よく普及させる。そういう努力こそが、日本の基礎を創ってきたんじゃないのか。

それすら忘れたのか、日本よ。

_

なんつーか、せめて5年前、いや3年前でもいいから、早めに動いてくれてればなぁ。ホンマ大変やで、これ。

判断基準

ぶっちゃけ、「炭素税なんてヤダ」と文句言ってるだけのうちはダメかと。それをどう使うのが良いのか、ってとこまで議論しないと。


Written by "バカ殿"さくらぃ
 [利用上の注意]