壊れたら直そう日記


さくらぃ(櫻井啓一郎)の私的な日記です。なお、最近はもっぱら[ついったー] を使っています。一覧はこちら(twilog)
2004|08|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|09|12|
2012|01|02|04|06|10|11|12|
2013|01|04|08|12|
2014|01|12|
2015|01|12|
2016|01|12|
2017|01|
はやぶさ2計画絶賛応援中


2011-03-27 (Sun)

デンマーク:メモ

タレコミに対する回答。簡単に。

デンマークの発電電力の内訳:

IEAElecInfo2010-DenmarkElec (出典:IEA Electricity Information 2010

・ここ20年ほどの石炭火力の比率は、減少、もしくは横ばい傾向(図)。少なくとも、「最近増えている」ような論調は誤り。また2006年だけをとらえて批判するのも、詭弁。

同国の温暖化ガス排出量も、減少傾向にある。やはり2006年だけ一時的に増えているが、そこだけをとらえて批判するのは、詭弁。

おまけ:

世界の風力発電の導入量

2007年から2010年までの間だけで2倍以上になり、世界の発電量の2%を超えているはず。

今後も増え続け、2020年には世界の発電量の5~12%を占めると見られてます。ここに統計がいろいろと。

おまけ2:

日本と同じ島国なイギリスでも、5GW(500万kW)を超えて増加中

かといって

風力だけで全電力、ってのも却ってコストかさむので、ほどほどが一番。アメリカは系統安定化コストも考慮した上で2030年までに2割、と言い出してる

ドイツのメモ:

・年間電力需要量540.8TWh、輸入41.7 / 輸出61.8 TWh (2008年) 。輸入分は1割に満たない。出典: IEA Electricity Information 2010。

・毎年7~8TWhづつぐらい自然エネルギーによる発電量が増えている。おもに風力・バイオマス・太陽光。報告書。年に丸々原発1基分増えてるので、数基廃止しても埋め合わせは数年で済む。

_

これができるのは、20年以上かけて代替エネルギー産業を育ててきたから。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]
中島大 (2011-05-18 (Wed) 12:49)

90年代にデンマークで聞いた話だと、デンマークの石炭火力発電量は、ノルウェーの降水量によって決まるのだとか。97年を構造転換の境としつつ、年ごとにノルウェーからの輸入電力(=水力発電)の増減の影響を受けること自体は変わっていないのかもしれませんね。

さくらぃ (2011-05-21 (Sat) 14:26)

バイオマスも水力も期待できない時の低炭素な調整手段の確保が一番大変ですね。まずは送電網の強化から、ですかね。


Written by "バカ殿"さくらぃ
 [利用上の注意]