壊れたら直そう日記


さくらぃ(櫻井啓一郎)の私的な日記です。なお、最近はもっぱら[ついったー] を使っています。一覧はこちら(twilog)
2004|08|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|09|12|
2012|01|02|04|06|10|11|12|
2013|01|04|08|12|
2014|01|12|
2015|01|12|
2016|01|12|
2017|01|
はやぶさ2計画絶賛応援中


2011-05-07 (Sat)

米国滞在中

そんなわけで米国デンバーに長期出張中です。

SERF,S&TF

ほんとは3/11(!)から出かける予定だったけど、震災とか子供誕生とかいろいろあって、最近ようやく落ち着いて仕事できるようになってきた所です。

赴任先は米国国立再生可能エネルギー研究所(NREL)コロラド州デンバー付近。デンバーは標高1600m、通称Mile High City。

_

もとは1977年に太陽エネルギー研究所として設立され、1991年にエネルギー省(DOE)傘下の現在の形態に。再生可能エネルギーと省エネルギーに特化しており、米国に17ある国立研究所の中でも異色の存在(他に特定テーマに特化している国研は無い)。

特に太陽電池に関して世界最高レベルの研究所だが、バイオ燃料・風力・地熱、省エネ技術、さらには普及施策設計や政策提言等も手がける。

昔の軍事衛星用太陽電池パネルSunPowerのパネルフレキシブルCIGSモジュール

2009年の予算は約5億ドル、スタッフはデンバーだけで2010年末で約2400人。スタッフ平均年齢43歳。研究所の運営を外部委託するなど、管理体制もユニークで知られ、他の公的機関からの視察も多い。年間訪問者数2万人。

_

昨今のエネルギー情勢を受けて、ここも非常に忙しい。

来てすぐのオリエンテーションでは「この数年でスタッフも建物も倍に増えたから、事務が全然追いついてません。各自、自活して下さい」とか言われた。楽しすぎる。

_

郊外の丘陵地にあり、土地はたっぷり。というか構内広すぎて、移動が大変。周囲の自然になるべく溶け込むような造りになっていて、鹿やウサギが普通にうろついてる。夏になるとガラガラヘビも出るそうな。自然ありすぎる。

うさうさシカシカガラガラ…?

_

まぁそんなこんなで、暫くここでコキ使われる予定です。


Written by "バカ殿"さくらぃ
 [利用上の注意]